JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
yorozuyaに今すぐ質問する
yorozuya
yorozuya, 行政書士
カテゴリ: 刑事告訴・告発
満足したユーザー: 250
経験:  行政書士事務所代表
60879286
ここに 刑事告訴・告発 に関する質問を入力してください。
yorozuyaがオンラインで質問受付中

ストーカー行為についてです。 私の知人が、会社の上司に3年半いやがらせをしていました。その上司とは、いやがらせを始

解決済みの質問:

ストーカー行為についてです。
私の知人が、会社の上司に3年半いやがらせをしていました。その上司とは、いやがらせを始める3年前から不倫関係でした。嫉妬と、日常的なパワハラが原因でいやがらせを始めてしまったとの事です。
最近、その上司にそのいやがらせが分かってしまいました。
まだ警察には行ってませんが、最終的には刑事罰を受けるのが本人にとって良いと思います。上司は理由が理由なので、被害届を出していますが警察に行くのを考えているとの事です。
ただ、事の終息を図るには、自首がいいと思っています。
そのいやがらせの内容は、
・4000件のメール(上司、奥さん、子供、社外の仕事関係者)
・無言電話
・手紙
メールや、手紙の内容は、上司を批判している内容です。
使用している携帯電話は、プリペイドのトバシ携帯(?)で、見つかる前に廃棄してしまったそうです。

この様な事に何も知識がないので、自首をした後、どういった経緯で進むのか、どの位の罪になるのか、お教え下さい。
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 刑事告訴・告発
専門家:  yorozuya 返答済み 5 年 前.

ストーカー規制法では罰則について以下のように定めています。

 

(罰則)

第十三条

 ストーカー行為をした者は、6か月以下の懲役又は50万円以下の罰金に処する。

 前項の罪は、告訴がなければ公訴を提起することができない。

 

上司の方が告訴をして知人への処罰を求めないと検挙には至りません。

 

刑法では

第34章

(名誉毀損)

第230条 公然と事実を摘示し、人の名誉を毀損した者は、その事実の有無にかかわらず、3年以下の懲役若しくは禁錮又は50万円以下の罰金に処する。

(親告罪)

第232条 この章の罪は、告訴がなければ公訴を提起することができない。

 

と定めています。

 

いずれも上司の方が告訴をしなければ知人は逮捕には至りません。

 

告訴されても初犯であればおそらく執行猶予が付くと思います。

 

 

知人の方は反省はしていないのでしょうか?

 

上司の方はパワハラや浮気については責任を感じているのでしょうか?

 

すでに奥様に浮気がばれていると思いますが、奥様は知人の方に慰謝料を請求するつもりはないようですか?

 

知人が反省しているなら、上司と知人で弁護士を仲裁・立会人につけて和解契約書を作成して円満に解決する方法もあるかと思いますが、いかがでしょうか?

 

浮気がばれていて奥様との間でも何らかの示談を交わす必要があるなら、そちらも条件をまとめて和解契約書を作成して終息させる方法もあるかと思います。

質問者: 返答済み 5 年 前.
早速のお返事有難うございます。
知人は、自分のしてしまった事について反省をしていると 思います。恐らく再犯は無いと思います。会社を辞め、上司と距離ができるので、大丈夫だと思います。

上司は責任を感じているかは分かりません。第三者の目からみれば、自分の事は棚に上げて責めている様に見えました。また、上司は奥さんにこの事を話していないと思われます。
上司及び、奥さんは被害届を出しています。
もし、告訴するのであれば、奥さんには話すと思います。
上司曰く、この騒動で、被害届が3件でているそうです。

警察に出頭する時は、私が付き添いをしてあげようと思っています。
出頭した場合は、どの位拘留されるのでしょうか。
彼女は犯行に使っていた携帯等は処分してしまったと言っていますが、家宅捜索が入る事はありますか。(既に上司に渡している証拠はあるそうです。)
告訴又は、和解するにあたり、彼女の方でも弁護士を立てたほうがよいですか。

色々と質問をして申し訳ございません。
専門家:  yorozuya 返答済み 5 年 前.

逮捕されたとしても、身柄を拘束しないまま手続きを進める在宅事件として起訴猶予もしくは在宅起訴になる可能性もあります。

 

拘留される場合は12日間から最長23日間留置されることになります。

 

いずれの手続によるかは,犯罪の重大性・悪質性,逃亡のおそれ,証拠隠滅のおそれなどの事情を総合して判断されます。

 

家宅捜査を受ける可能性はあります。

 

彼女が自らが行った行為を反省し、適切かつ円満な解決を望むなら自ら弁護士を依頼して上司と示談の話を進めたほうが信用度がまして解決に進みやすいと思います。

 

上司もできることなら大ごとにはしたくないのでしょう?

 

当事者だけの約束事よりは弁護士が間に入ってチキンと約束事を書面として交わしたほうが女性もけじめがつくでしょうし、上司も安心だと思います。

 

一度弁護士に相談だけでもしてみてはどうでしょうか?

最寄りの弁護士会や法テラスで問い合わせてみてはどうでしょうか?

 

法テラス HP

http://www.houterasu.or.jp/

 

法テラス 携帯サイト

http://www.houterasu.or.jp/k/

 

法テラス サポートダイヤル

 

0570-078374(おなやみなし)

PHS・IP電話 03-6745-5600

平日 9:00-21:00

土曜 9:00-17:00

yorozuyaをはじめその他名の刑事告訴・告発カテゴリの専門家が質問受付中

刑事告訴・告発 についての関連する質問