JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
bhsy202に今すぐ質問する
bhsy202
bhsy202,
カテゴリ: 消費者被害
満足したユーザー: 811
経験:  dasdasd
84237273
ここに 消費者被害 に関する質問を入力してください。
bhsy202がオンラインで質問受付中

お世話になります。 今回の相談は、知人が被害にあっている、バイクのカスタム車両製作売買に関する消費者被害です。

質問者の質問

お世話になります。
今回の相談は、知人が被害にあっている、バイクのカスタム車両製作売買に関する消費者被害です。
知人が2015年7月頃に売買契約を結び、ローンの支払いを開始しています。
中古車をバイク屋が知人の要望通りにカスタムし、2015年10月でした。
しかし未だにカスタムは途中で、1年たつ2016年10月にも終わる様なペースではありません。
元々仲の良いバイク屋に仕事を頼んでみたら足元を見られ舐められ、最悪な対応をされているような状況です。
知人は女性でそこまでバイクに対する知識も無く、強く言えるタイプで無い上に、元々の知り合いなため、何かと言いくるめられて良いようにされています。
ちなみにキャンセルはするつもりは無いようなのですが、待たされる事以外に、以下の様な問題点があります。
————————————————————————————————————————————————————————————————————————————————————————————————————————————————————————————————————————
1.車検・自賠責の期間が予定より大幅に短くなっている。重量税の支払いも一度行っている。
・乗れない期間の分、維持費が大幅に無駄になっているが、請求は可能なのか?
・カスタムが終わった時点で、構造変更の必要が出てくる可能性もあるが、その場合請求もしくは構造変更+車検を受けさせる事は可能か。
→法的に請求、依頼する方法があればご教示下さい。
————————————————————————————————————————————————————————————————————————————————————————————————————————————————————————————————————————
2.契約時に口約束でしたカスタム依頼のうち、実施されない項目がいくつかある。
・ホイールを塗装する →塗装しない
・タンクを塗装業者に出す →外注に出さず、バイク屋が自分で塗装するも、缶スプレーで塗っただけ。バイク屋は知人が希望した紫色だと言いはるが、どう見てもピンク色。
→口約束だけでも、内容証明などを上手く作れば施工してもらう、外注に出し実費を請求する、等可能でしょうか?
————————————————————————————————————————————————————————————————————————————————————————————————————————————————————————————————————————
3.ひどいバイク屋な上に、古いバイク(1970年台)のため納車後のトラブルの可能性も。
・通常使用のなかでオイル漏れや、電装関係のトラブル、エンジン等のトラブルがありえる。
→修理やカスタムの不備・不手際で故障が起きても、知人の乗り方が悪いと言われてしまいそうです。
前もって釘を差しておく方法などありますでしょうか?
例えば納車直後に、東名高速を100km/hで連続して1時間走行→休憩→1時間走行すれば、振動もかなりあり、エンジン内部の温度も上がり、比較的過酷な環境になるので、不備を洗い出せるかもしれません。
————————————————————————————————————————————————————————————————————————————————————————————————————————————————————————————————————————
もし上記がどれも難しいようでしたら、せめて『◯月◯日までに車両を完成させてくれ』と言うような内容証明を書こうかと思いますが、
口約束ベースだと、ただの脅しにしかなりませんかね?
当人でないため情報が少なく申し訳ありませんが、ご協力よろしくお願いいたします。
投稿: 11 ヶ月 前.
カテゴリ: 消費者被害
専門家:  bhsy202 返答済み 11 ヶ月 前.

そうですね,口約束がベースなので,何らかの形で書面化して確認をしておきたいところです。

そのため,何らかの通知をおくるなり,確認書にサインさせるなりの対応は必要ではないでしょうか。

まず,1について,そもそもカスタムの期間などはどのように設定されていたのでしょうか。これも決まっていなかったのかもしれませんが,

あまりに長いとなると,その間の費用負担の問題は出てきます。

これまでの負担について,支払え,ということになると,相手がすんなりとは応じないかもしれませんので,

2と関連しますが,

こちらの依頼事項は○○である,これはいつまでに終わるか,その間の費用負担はどうするか,

依頼事項ができない場合にはどうするのか,

こういったことの確認を書面でしておくべきです。

こちらで要望をかいて,確認させて署名させることでもいいと思います。

また,これで仮に依頼通りに終わった場合,引渡に際して,今後のことを,

3のように,釘を刺して確認しておくべきです。

そうではないと,中古ではトラブルが多発していますので,問題になりかねません。

書面の書き方を弁護士に具体的に相談する方法もありますが,まず,依頼事項,確認事項は当事者できめておき,

最終段階での書面は,場合によっては弁護士に相談して作成してもらう,ということがいいのではないでしょうか。

弁護士に作成を頼む費用は数万円だと思います。

消費者被害 についての関連する質問