JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
supertontonに今すぐ質問する
supertonton
supertonton, 行政書士
カテゴリ: 消費者被害
満足したユーザー: 4618
経験:  平成14年行政書士登録 中央大学卒業
61894004
ここに 消費者被害 に関する質問を入力してください。
supertontonがオンラインで質問受付中

インターネットビジネスで稼がせることを表題にしたいわゆる高額塾というものが多数存在しますが、参加を申し出て塾の参加費用を

解決済みの質問:

インターネットビジネスで稼がせることを表題にしたいわゆる高額塾というものが多数存在しますが、参加を申し出て塾の参加費用を銀行分割払いにした場合のことついてご質問いたします。塾での学習がある程度進んだ後何らかの理由で途中で解約をしたくなった場合に分割支払いの途中に解約を申し出ても運営側は応じないことがよくあるのですが、途中で解約することは絶対にできないのでしょうか?わたくしが推測するに「あなたは情報商材を購入し、すでにその商品を受け取っていてクーリングオフの期間も過ぎている。だから途中解約はできない」と運営者側は言うのですが、この根拠は法的に絶対正しいのでしょうか?このような場合に途中解約できず商材代金を全額完済しなければならない法的根拠はなんでしょうか?
投稿: 11 ヶ月 前.
カテゴリ: 消費者被害
専門家:  supertonton 返答済み 11 ヶ月 前.

初めまして、行政書士のSUPERTONTONでございます。それは大変お悩みのことと思います。ご心痛お察し申し上げます。お話から、ご不明の部分もございますが分かる範囲でご回答致します。まず、情報商材と言うことであれば、ネットでの販売と思われますので、ネットや通販はそもそもクーリングオフ制度自体がありません。とは言え、当然、民事ですから相手が合意すれば、中途解約は可能とも言えます。ただし、解約理由が自己都合的なものの場合は、難しいと言えます。塾の参加と言うのは、ネット上でしょうか?それとも実際に通うものなのでしょうか。いずれにしろ、全体として受講しなければ、効果が得られないものであれば、途中までの部分の経費を差し引いて、返金してもらうように交渉されても構わないでしょう。ここまでは、普通にきちんとした高額塾と言うことですが、仮に、内容が、詐欺的なものであれば、一般的に、情報商材の99%は詐欺とも言われています。つまり誇大広告の場合がほとんどです。その場合は、詐欺による契約は取消が出来ますし、効果がないものであれば、債務不履行や民事の錯誤無効による取消はあり得ます。まずは、消費者被害として、消費生活センターにご相談するのも手ですが、内容証明で契約の解除及び損害賠償請求をしてみても良いでしょう。内容証明の作成は、民事法務専門の行政書士や弁護士の先生にご依頼されれば、相手に本気度が伝わり、なめられずに済むでしょう。

supertontonをはじめその他名の消費者被害カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 11 ヶ月 前.
65331;UPERTONTON様。ご回答大変ありがとうございました。先生のご意見を参考にさせていただき問題の解決を図りたいと思います。ありがとうございました。

消費者被害 についての関連する質問