JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
bhsy202に今すぐ質問する
bhsy202
bhsy202,
カテゴリ: 消費者被害
満足したユーザー: 958
経験:  dasdasd
84237273
ここに 消費者被害 に関する質問を入力してください。
bhsy202がオンラインで質問受付中

2歳の子供がベビーチェアで指を切断間際の怪我をしました。 メーカーに慰謝料を請求することは可能でしょうか。

質問者の質問

2歳の子供がベビーチェアで指を切断間際の怪我をしました。
メーカーに慰謝料を請求することは可能でしょうか。
投稿: 1 年 前.
カテゴリ: 消費者被害
質問者: 返答済み 1 年 前.
21830;品はKATOJIのテーブル付のハイチェアで、テーブルが置かれる木枠とテーブルの間に挟みました。
専門家:  bhsy202 返答済み 1 年 前.

ベビーチェアの製造物責任,が問題になります。PL法にもとづいて,損害賠償請求ができるか,というところですが,

PL法では,製造物の「欠陥」があることを示して損害賠償請求できることになっています。

そのため,ベビーチェアに「欠陥」があったかどうか,が問題になります。

今回のケガが,ベビーチェアが「通常有すべき性能を欠いているような状態」か,

設計上,こういう座り方をすると指をはさみかねない構造になっているとか,そういうことが証明できれば,今回の治療費や慰謝料の請求が可能になります。

商品その物は確認しましたが,一般的によくみるようなベビーチェアのようです。

テーブルの部分は脱着可能か,あるいは後方からぐるっとまわしてくるようなものもあるのではないかと思いますが,

具体的に,どうやってはさんだのか,ケガした様子を再現しながら,こちらが変な使い方をしたわけではなく,構造的にケガをしかねない構造になっている,ということを示して,

まずはメーカーに連絡してみられてはいかがでしょうか。

誰でもそうなることがありうるようなものなら,メーカーが確認したうえで対応することはあります。

請求手続自体を弁護士に委任して行うこともできますが,もちろん費用がかかりますので,

具体的にどうやってケガしたかを直接弁護士に相談してみて,欠陥があるといえるか,の意見を聞かれてみてもいいと思います。

質問者: 返答済み 1 年 前.
12372;回答有難うございます。
商品は、テーブル部分を後ろからぐるっとまわしてくるものです。
息子は椅子には座っておらず、椅子の横に立って、自分でテーブルを後ろから前に下ろそうとして指を挟みました。
子供にそうさせてしまったこちらの不注意はありますが、特別に変な使い方をしたわけでもなく、
ただ通常通り使うためのセッティングをしようとしたときに起きた事故でした。
ですので、指を挟みかねない構造ではあると思います。
これは「欠陥」といえるものでしょうか。
専門家:  bhsy202 返答済み 1 年 前.

うちにもそのタイプはあったのですが,ぐるっと回すという設計上,指だけではなく,いろいろなものが挟まりやすいのはそのとおりですよね。

これを防止するためにはどうすればいいのか,

このような設計上,例えばはさみかねない部分にゴム,クッション材などをしておけば軽減できるのか,

そういったことは問題とはなりうると思いますが,

例えば,ねじ等の強度的関係で,バタンと閉まってしまうことを抑止できない,そういう設計だとすると,

はさむ事故は起きかねないので,

それが通常有すべき安全性を欠いている,といえれば欠陥に当たりうるといえますが,

ここは簡単には判断できないところですね。

その商品自体に欠陥があったのか(不良品であったとか),全ての商品における不具合といえるのか,そういうことも関係します。

こういった訴訟をするときに問題になることではあるのですが,

例えば国民生活センターで商品テストをして,不具合を調べてみたりして訴訟に対応するなどするのですが,

そこまでするのかどうか,というところかもしれません。

bhsy202をはじめその他名の消費者被害カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 1 年 前.
12372;回答有難うございます。
テーブル部分がバタンと降りてしまうことを抑止できない構造ではありますが、
最初にご助言頂きました通りメーカーに問い合わせたところ、
指を挟まないように注意する旨を説明書にも記載されており、その部分に注意喚起のシールも貼付してあるので、
メーカーとしては怪我に対する補償はないとのことでした。ありがとうございました。
専門家:  bhsy202 返答済み 1 年 前.

そうでしたか,製造物責任の欠陥には,指示警告上の欠陥というのもあるのですが,

そのあたりもちゃんと指示していたから,ということでしょう。

メーカーによっては,多少なりとも保証する(治療費程度ですが)というところも経験的にはあるのですが,

かなり粘っていかないとそう対応しないところもあります。

結果的には残念でしたが,こういった声を上げていかないと,安全な製品にはなっていかないので,

メーカーが今後の貴重な意見としてくれれば,と思います。

消費者被害 についての関連する質問