JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
shihoushoshikunに今すぐ質問する
shihoushoshikun
shihoushoshikun, 司法書士
カテゴリ: 消費者被害
満足したユーザー: 2226
経験:  東京司法書士会所属
67942392
ここに 消費者被害 に関する質問を入力してください。
shihoushoshikunがオンラインで質問受付中

内容証明郵便等で貸した物を返してもらう為の手続きをし、本人からの返却ではなく、第3者からの返却であったりした場合、返そう

解決済みの質問:

内容証明郵便等で貸した物を返してもらう為の手続きをし、本人からの返却ではなく、第3者からの返却であったりした場合、返そうとした本人からの委任状がなければ、返した事にならないのでしょうか。仮に返した事にならないのであれば、盗難等の届け出や少額訴訟の手続きをする事が出来るのでしょうか。また、内容証明郵便で指定した以外の方法で返却された場合は、受け取りを拒否する事が出来るのでしょうか。
投稿: 1 年 前.
カテゴリ: 消費者被害
専門家:  shihoushoshikun 返答済み 1 年 前.

代理権のない者から返還されても、本人からの返還とみなすことはできません。したがって、依然、本人に返還するように請求することができます。

返還の訴訟をすることも可能です。

なお、内容証明で指定した方法でなくても、本人が自ら返還しようとしてきたなら、受け取りは拒否できません。関係のない第三者からの返還であれば拒否することは可能です。

質問者: 返答済み 1 年 前.
ご返答頂きまして、誠にありがとうございます。代理権がある方というのは、返そうとしている人から委任状で委任されている人になるのでしょうか。
代理権がある代理人から、返却をされた場合は、受け取りを拒否出来ないという事でもあるのでしょうか。訴訟や調停は出来るけれど、貸した物に関しては盗難届けといった事は、出来ないと考えた方がいいのでしょうか。また、内容証明の返却期間に、1日から300日以内で決める等の制約等はあるのでしょうか。また、内容証明郵便は、相手方の職場に送る事は、プライバシーの侵害にあたる可能性があると伺った事があるのですが、自宅に内容証明郵便を送るのと、何か法的に違うのでしょうか。
専門家:  shihoushoshikun 返答済み 1 年 前.

>代理権がある方というのは、返そうとしている人から委任状で委任されている人になるのでしょうか。

→そうです。
>代理権がある代理人から、返却をされた場合は、受け取りを拒否出来ないという事でもあるのでしょうか。

→代理権のある代理人は本人と同じですから、受け取りの拒否はできません。

>訴訟や調停は出来るけれど、貸した物に関しては盗難届けといった事は、出来ないと考えた方がいいのでしょうか。

→盗難届はできないでしょう。

>内容証明の返却期間に、1日から300日以内で決める等の制約等はあるのでしょうか。

→貸した物の返却期間は定めることができます。だいたい2週間後から一ヶ月くらいが妥当です。

>内容証明郵便は、相手方の職場に送る事は、プライバシーの侵害にあたる可能性があると伺った事があるのですが、自宅に内容証明郵便を送るのと、何か法的に違うのでしょうか。

→自宅に送って受け取りを拒否されない限り職場に送るのは控えた方がいいでしょう。受け取りを拒否されたという正当な理由がないのに職場に送るのは名誉毀損に該当する可能性があります。自宅での受け取りを拒否されたら職場に送ることは問題ありませんし、法的に違いはありません。

質問者: 返答済み 1 年 前.
分かりやすいご説明頂きまして、大変ありがとうございます。内容証明の返却期間は、妥当な期間以外にも定められるのでしょうか。1日から2日等訴訟をするといった場合は、少額訴訟の他にどういった訴訟があるのでしょうか。
専門家:  shihoushoshikun 返答済み 1 年 前.

内容証明を受け取ってから1日、2日は妥当な期限ではありません。いろいろと準備があるでしょうから、法的に「相当期間」というのは2週間が妥当と言われています。

>訴訟をするといった場合は、少額訴訟の他にどういった訴訟があるのでしょうか。

→少額訴訟というのは金銭の返還のための訴訟です。物の返却ならば単なる「返還請求訴訟」を裁判所に訴えることになります。

質問者: 返答済み 1 年 前.
丁寧なご返答頂きまして、誠にありがとうございます。
最後に伺いたいのですが、内容証明郵便を出しても、返却されない場合は、貸した相手が借りた物を売ったり、処分しない限りは、横領や盗難には当たらないのでしょうか。内容証明に記載する期間、法的に相当期間の2週間よりも短い期間は、あまり定めるべきではないという事でしたが、7日から10日といった期間では、やはり設定する事は出来ないのでしょうか。
専門家:  shihoushoshikun 返答済み 1 年 前.

>返却されない場合は、貸した相手が借りた物を売ったり、処分しない限りは、横領や盗難には当たらないのでしょうか。

→貸したものを相手がどう使おうが相手の自由です。結局最終的に「借りたものと同じもの」を返すことが相手の義務です。もし返すことができなければ損害賠償を請求指定行くことになります。相手が借りたものを処分したからといって横領、盗難にはなりません。

>7日から10日といった期間では、やはり設定する事は出来ないのでしょうか。

→設定することは自由ですが、法的には何の拘束力もありません。

専門家:  shihoushoshikun 返答済み 1 年 前.

>請求指定行くことになります

→すみません。誤植です。「指定していくことになります」が正しいです。

質問者: 返答済み 1 年 前.
もう一つ伺いたい事がありますが、よろしいでしょうか。内容証明で、文章での回答しか受け付けないという内容を、たまに見かけるのですが、これはどういった意図なのでしょうか。大変お手数ですが、どうかよろしくお願い致します。
専門家:  shihoushoshikun 返答済み 1 年 前.

>文章での回答しか受け付けないという内容を、たまに見かけるのですが、これはどういった意図なのでしょうか。

→文書での回答でなければ、後で言った言わないの水掛け論になってしまうので、きちんと文書で回答をよこせという意図です。その方が証拠になるので良いということです。

shihoushoshikunをはじめその他名の消費者被害カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 1 年 前.
非常に丁寧で分かりやすいご説明頂きまして誠にありがとうございました。

消費者被害 についての関連する質問