JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
supertontonに今すぐ質問する
supertonton
supertonton, 行政書士
カテゴリ: 消費者被害
満足したユーザー: 4618
経験:  平成14年行政書士登録 中央大学卒業
61894004
ここに 消費者被害 に関する質問を入力してください。
supertontonがオンラインで質問受付中

ダイヤモンドを 2点 宝石店に修理に出しました(12月9日)宝石店のオーナーは以前勤めていた会社の上司です その日は

質問者の質問

ダイヤモンドを 2点 宝石店に修理に出しました(12月9日)宝石店のオーナーは以前勤めていた会社の上司です その日はオーナーは出張中でオーナーの奥さんが対応しました 1点は原価10万円位のダイヤ もう1点は原価150万位のダイヤです 10万のダイヤはネックレスにリホーム 150万のダイヤはクリーニングを依頼 12月15日にオーナーら電話があり10万円のダイヤのデザインについて話ました その時ダイヤを20万円で売ってくれないかといわれ原価10万なので構わないと思い了承しました12月20日修理が出来たと連絡あり取りに行きました 驚いた事にオーナーが売って欲しいと言ったダイヤは原価150万の品でした それは売れませんと言った所 もうすでに業者に 転売してしまった もう品物はないといわれ それなら買い戻してくれませんかとたずねたら買い戻すには100万位で買い戻さなければいけない 差額80万円は私が払う様です 私は
どうしても納得出来ません 原価150万のダイヤは私の友人の大切な品物です絶対に
買い戻さなければいけないのですが どうしたらよいですか?
投稿: 1 年 前.
カテゴリ: 消費者被害
専門家:  supertonton 返答済み 1 年 前.
初めまして、行政書士のSUPERTONTONでございます。
それは大変お困りのことと思います。
ご心痛お察し申し上げます。
お話から、その買い取りの内容は少しおかしいと思います。
20万円で買って、その上司の方は、100万円で売ったと言うことだと思います。
本来は、上司の方が差額を払って、最初から取引が無かったことにすれば良い訳です。
そう言う意味では、かなりなめられた状況だと思います。
ただ、10万円相当のものを、宝石店の人間が、高く買うことはないので
ご相談者様にも少し過失はあったかもしれません。
今回のポイントはそこです。民法には、錯誤無効と言うのがあり
勘違いで取引した時などに契約の取消の主張が可能です。
その主張は善意の第三者にも法的には対抗できます。
つまり、契約を取り消して取り戻すことが出来ると言うことです。
その場合の問題は、重過失があるかどうかです。重過失の場合は、第三者に対抗が
出来ません。
10万円のダイヤと間違わせるような状況があったことを主張して行くことになります。
お話からは、10万円のダイヤの話をしていて売買の話になったと言うことですので
その流れを、時系列で文書化することです。
また、友人の大切な品物と言う主張も大切です。
また、今後の話し合い等は、録音したりして記録はしましょう。
その上で、内容証明で、契約の取消しと返還請求をしましょう。
内容証明の作成は、民事法務専門の行政書士や弁護士の先生にご依頼されると
相手に本気度が伝わり、なめられずに済むでしょう。
応じない場合は、民事調停を申し立てると主張します。
頑張って下さい。

消費者被害 についての関連する質問