JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
houmuに今すぐ質問する
houmu
houmu, 行政書士
カテゴリ: 消費者被害
満足したユーザー: 993
経験:  行政書士 知的財産修士 2級FP技能士
62663831
ここに 消費者被害 に関する質問を入力してください。
houmuがオンラインで質問受付中

訴状を出そうか悩んでいます。 少額訴訟を起こそうと準備しておりました。 裁判所で訴状を相手に2回簡易書留

ユーザー評価:

訴状を出そうか悩んでいます。
少額訴訟を起こそうと準備しておりました。
裁判所で訴状を相手に2回簡易書留で郵送してくれるということを教えてくれました。
以前、相手に内容証明書を送ったのですが不在で戻っていることを伝えると
受け取ってもらえないかもと言われ、あとは自分でどうにかするしかない
みたいなことを言われました。
相手は遠方の方なので、自分で行動起こすにも費用がかなりかかってしまうので
悩んでおります。
相手が受け取ってもらえない場合は裁判を起こすことはできないのでしょうか。

訴状は、特別送達という特別な書留郵便で送付されます。
受け取り拒否であれば、相手が受け取ったものとみなして、裁判

手続きが進みますが、不在の場合には送達したことにはなりません。

この場合、ご質問者様の方で、在宅時間を調査して、その時間帯に
配達してもらえるようにするか、勤務先を調査して、そちらに配達して

もらう方法などが考えられます。

それでも受領されない場合には、付郵便送達という方法があります。
付郵便送達を送付してもらうためには、たとえば表札や電気メーターが
動いているか、近所の方の証言など、確かにその場所に住んでいる
とうことを調査し、調査報告書を提出して、付郵便送達によることを

お願いすることになります。

この場合、普通郵便で訴状が送達され、発送の時点で、訴状が到達

したと見なして、訴訟手続きが進行します。

(ただし、実際にこの手続きを行ってもらえるかどうかは、書記官の

判断になります。)

なお、一番重要なことですが、訴訟をして勝訴されたとして、回収の
見込みは立っていますでしょうか?
裁判所は相手方の財産探しの手伝いはしてくれません。たとえば
預金を差し押さえるとしても、銀行名や支店名をこちらで調べたうえで
ないと差し押さえができません。しかも、その差し押さえの書類が

銀行に届いた時点で残高がないと、空振りで終わります。

郵便が届いた翌日に入金があっても、これを差し押さえることはできません。

(再度差し押さえの手続きを行う必要があります)

また、これら、差し押さえ手続きの為にも費用が掛かりますから、

このような点も踏まえた上で、訴訟をされるメリットがあるかどうか、
再度ご検討されてみてください。

houmuをはじめその他名の消費者被害カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 2 年 前.

遅くなって申し訳ございません。

詳しく回答ありがとうございました。

よく考えて行いたいと思います。

消費者被害 についての関連する質問