JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
supertontonに今すぐ質問する
supertonton
supertonton, 行政書士
カテゴリ: 消費者被害
満足したユーザー: 4864
経験:  平成14年行政書士登録 中央大学卒業
61894004
ここに 消費者被害 に関する質問を入力してください。
supertontonがオンラインで質問受付中

漏水のため給水管の工事を依頼し当初担当の業者さんからは4〜5万円程度の工事になると聞いていたものが、工事が終わり請求

解決済みの質問:

漏水のため給水管の工事を依頼し当初担当の業者さんからは4〜5万円程度の工事になると聞いていたものが、工事が終わり請求書が届くとその3倍近い金額になっておりました。途中工事内容により金額が高くなる旨の説明もなくこのような請求がいきなり届いたことに驚き対処に困っております。
投稿: 2 年 前.
カテゴリ: 消費者被害
専門家:  supertonton 返答済み 2 年 前.

初めまして、行政書士のSUPERTONTONでございます。

それは大変お悩みのことと思います。

ご心痛お察し申し上げます。

お話から、消費生活センター等にご相談されたりされていますが

ご相談者様は、一般の消費者ではなく、業者か何かの自営業者などでしょうか?

業者同士の取引だと、一般の消費者のように消費者保護法等で守られていず

クーリングオフなどが受けられない状況だと思います。

そうなる、当事者同士での解決になります。

最初に相手側は、見積もり書とかは提出していないのでしょうか?

そうであれば、かなり悪質とは思いますが、民法では口約束でも契約は成立しますが

争う場合は、証拠が必要となります。

まず、請求書の代金は妥当なものでしょうか、人件費等が不当に高額ではないでしょうか?

出来れば、同業者に確認してみて相場的なものが分かると対応がし易いと思います。

それと、この値段で工事するなら最初から依頼をしなかったと

民法の錯誤の無効を主張をしてみると言う手はあります。

また、この手の問題は、ごね得と言うのがあり

見積もり額しか払わないと主張したり、最初の担当者を出せとか責任者と話したいと強く主張して行くことです。

だいたいが、間を取って請求の半分ぐらいまで出来れば良いかもしれません。

まだ、料金を支払っていないのであれば、安易に妥協しないで

納得行くまで話し合ってから料金を支払うことです。

場合によっては、経済産業省の中小企業課に相談してみる手もございます。

頑張って下さい。

質問者: 返答済み 2 年 前.
丁寧なアドバイスありがとうございます。
まずその中で、私は一般の消費者であり業者ではないという事、そして見積もり書等は一切無く、口頭での説明であった事を付け加えてお伝えいたします。
請求内容は、仰る通り人件費に当たると思われる「漏水調査」という項目が全体の2/3を占めており1週間の作業のうち全ての日にその項目が適用されており14000円〜19000円程度がその都度計上されております。実作業日数(実際に修理に掛かった日数)は最終日1日のみです。
担当の業者さんは、市の水道課から市の水道管工事組合を経て紹介をいただいた指定業者さんなのですが、かなりご高齢で水道管を掘り漏水箇所を調べるのにも、かなり時間がかかっている様子でした。その作業の様子に標準の日当を当てはめて請求を起こされてしまえばこの請求になってしまうのでしょうが、もう少し働き盛りの若い業者さんが担当していただければ今回とは異なった請求になったのでは?とも思ってしまいます。
回答にありましたように、途中にでも金額アップを提示されれば、違う業者を選んだり、もう少し金額をプラスして老朽化の進んだ給水管全体をリフォームするといった選択もできたと思います。
相手の業者さんは何しろご高齢で話がなかなか噛み合いません、中立な立場の第三者に間に入っていただけるようなサービスでも有れば良いのですが・・・。
専門家:  supertonton 返答済み 2 年 前.

ご相談いただきまして誠にありがとうございます。

追加のお話から、分かる範囲でご回答致します。

ご相談者様が一般消費者でありながら、消費生活センターの対応は良くないですね。

それと、市役所の指定業者だからまともと言う話でも無いようです。

逆に、そのような、わざと遅延するような担当者を回した業者のクレームを

市にもされると良いでしょう。

工事の遅延損害金も請求してみると言うのも手です。

相手が高齢者であれば、裁判沙汰になるのは嫌でしょうから

民事調停を申し立てて、司法の判断に委ねようと主張されても良いでしょう。

たいては、譲歩してくると思われます。

頑張って下さい。

supertontonをはじめその他名の消費者被害カテゴリの専門家が質問受付中

消費者被害 についての関連する質問