JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
houmuに今すぐ質問する
houmu
houmu, 行政書士
カテゴリ: 消費者被害
満足したユーザー: 27
経験:  行政書士 知的財産修士 2級FP技能士
62663831
ここに 消費者被害 に関する質問を入力してください。
houmuがオンラインで質問受付中

ご質問させて頂きます。民間車検場も運営する会社に社外部品の取り付けを依頼いたしました。取り付け代金の支払いは

質問者の質問

ご質問させて頂きます。 民間車検場も運営する会社に社外部品の取り付けを依頼いたしました。 取り付け代金の支払いは完了しています。 車両を持ち込み、工場側はディーラーや他の取り付け業者に問い合わせしながら作業を進めていましたが、紆余曲折の上、パワートレーンと言われる 電装部品の破損が発生しました。 工場の説明では、作業中に異音が発生し、作業中止したところエンジンが起動しなくなったとのことでした。 ディーラーのヤナセに持ち込んだところ、当該車両はハイブリッド車なので、パワートレーンに含まれる【ハイブリッドモジュール】と【ハイブリッドバッテリー】 のどちらもダメになっているとの回答でした。 原因としては、取り付け作業中に高電圧の電流を流してしまった為ではないか、とのことでした。 経年劣化や個体差としての故障は考えられるかとの問いには、パワートレーンの故障は通常使用での故障は考えにくいとのことでした。 取り付け作業中には、当然私は立ち会っていません。 5/22に壊したとの報告があり、先日6/20に原因についてなど何の進展も無いので話を聞きに行って、これ以上かかるのなら代車を要求したところ、 車検時に使用する車格として雲泥の差の提案でしたので、拒否致しました。 私としては、商談や接待などのビジネスシーンに重用している車両の為、足代わりの代車では用を為しません。 工場側の説明で遠方のシュテルンであれば、原因究明とメーカーへの保証請求が可能かもしれないと案内を受けたとのことでした。 ディーラーとして、実績の低いシュテルンで、しかも現車確認しないままでの無責任な案内にも不信感があります。 路上で止まってしまったと言うならまだしも、電装系の社外品を取り付け作業中に破損したパーツをメーカーが保証対象にするとも思えず、 原因究明の結果にも到底、信に耐えません。 車両が2カ月近くないまま、困り果てている私の現在の窮状を考慮し救済しないのなら、近隣のヤナセ以外での対応以外は同意しないと回答いたしました。 保険に加入しているのなら、保険対応か何らかの対応を求めましたら、先日弁護士の選任届が届き、自社ではミスが無かったとの見解であるとの回答で以後は弁護士対応となる旨の記載がありました。 そこで質問です。 5/22から現在までの経緯は 1.ヤナセより車両を回収 2.取りつけていた社外部品を取り外し、エンジンがかからない事を確認。 3.原因が調べられる機関を検索、シュテルンにて回答を得る 以上です。 たったこれだけの作業に1月近くかけているのです。


 


ちなみにヤナセよりメーカーへ確認をお願いしたところ、


メーカーとして故障原因を回答する事はない。


との回答でした。


私の想像ですが、リコール情報やパワーモジュールなどは、保秘機密に関する部位なので、大きくかかわる回答を外部に情報開示するわけがないと考えています。


また、原因究明のためにブラックボックス化されている部位を開封してしまったら、保証自体が成立しないとのことでした。


 


以下の為に、私は何をすべきでしょうか ・破損したときから、問題解決までの代車相当費用の損害賠償 ・車両減り、自動車税、車両保険を含む自動車保険費用相当、など実費の損害賠償。 など、請求したいと希望しています。 また、本件を弁護人に依頼した場合は、弁護人の報酬などは請求に含められますか?


この場合の、原因についての究明義務は誰にあるのでしょうか?


以上についての、ご質問をさせて頂きます。 どうか、ご教示を宜しくお願い致します。

投稿: 3 年 前.
カテゴリ: 消費者被害

消費者被害 についての関連する質問