JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
eokuyamaに今すぐ質問する
eokuyama
eokuyama, 弁護士
カテゴリ: 消費者被害
満足したユーザー: 161
経験:  オンライン詐欺への対応実績
13871884
ここに 消費者被害 に関する質問を入力してください。
eokuyamaがオンラインで質問受付中

JTBビザセンターのミスでEビザ会社登録を抹消されVISAの更新も出来なかった。

解決済みの質問:

現在、アメリカのE2ビザを取得してアメリカで働いておりますが 一昨年の12月に、日本のアメリカ大使館の企業登録が切れると言う事で日本のJTBビザセンターに52500円を払って企業登録の更新を依頼しました。


 


翌年3月に私と家族のビザの更新がある為約300000円を支払い書類を作成してもらい、日本へ行きいざ面接と言う所で大使館側から企業登録の期限が切れていると言う事でビザの更新が出来ませんでした。


 


JTBはアメリカ大使館の手違いと言いましたがそれは私が依頼したJTB側がアメリカ大使館に企業登録の更新が完了しているか確認すべきなのにそれを怠り企業登録が取り消された状態なのにわざわざ家族4人で日本へ出向き、ビザの更新も出来ずに無駄足でアメリカに戻りました。 (幸いビザの有効期限が2か月ほど残っていたので1度アメリカに入国すると2年間滞在できます)


 


戻って来てからアメリカの会社設立の書類を集めて新たにEビザカンパニーの登録の準備が出来たので今月末に日本のアメリカ大使館へ面接に行きますがこれにかかる交通費、宿泊費、休業補償をJTBに出してもらおうと聞いた所、「その様な事はできない」との回答でした。


 


そもそも依頼した内容をコンプリートにせず、確認もせず私のビザを取るプロセスを進めわざわざ家族4人を日本まで来させて無駄足にしたのに何の謝罪も補償も無いなんておかしいと思います。これは法的に請求してもおかしくないのか知りたいです。 宜しくお願いします。

投稿: 3 年 前.
カテゴリ: 消費者被害
専門家:  eokuyama 返答済み 3 年 前.
ご質問ありがとうございます。

お住まいの地域から日本にご家族4人でお帰りになるとおいくら掛かるのかわかりませんが、企業登録の更新を依頼していた会社さんに、その同じ会社にE-2 Visaの更新を依頼したということでしょうか?

もし、そうであれば、依頼者は、すなわち貴方様は、この業者、JTBビザセンターに無駄足を踏んだ部分を請求する法的根拠は十分にあると考えられます。E-2の申請を出す前に代理人は企業登録があるかを問い合わせできるし、その義務があるのにそれを怠っていたからです。

どこで訴えるか?ですが、JTBビザセンターが事業所をお住まいの場所に持っていない場合、米国内の裁判所で訴えることは難しいと思います。貴方様は日本国籍であるということから、日本で訴えるということになりますが、交通費・宿泊費と休業補償が60万以上にならない場合、簡易裁判所に訴え出ることになります。少額訴訟と呼ばれるものです。ご自分でも出来ますし、司法書士さんでも代理できます。弁護士では高くなりすぎるでしょう。

こちらが、少額訴訟のシステムを解説したサイトです。http://www.courts.go.jp/saiban/wadai/1902/

少額訴訟は原則1回の審理でその場で判決が言い渡されますが、その審理が訴状を提出してからすぐにというわけには行きません。今回日本に行かれる時に司法書士に相談して、全て代理で済むということになればよいのですが、証人として、もう一度日本に行く必要が出てしまうかもしれません。

以上、ご参考になれば幸いです。

奥山
質問者: 返答済み 3 年 前.
ご回答ありがとうございました。泣き寝入りは嫌なのでしっかり請求したいと思いますが休業補償の他に慰謝料的なものは請求できますか?
日本国内で訴えるつもりです。
専門家:  eokuyama 返答済み 3 年 前.
慰謝料は、「責任を取るものから被害者へのごめんなさい料」ですので、理論的には「相手の責任を追及する」のですから、可能性としてはあります。

ただし、少額訴訟という簡単な裁判では難しいかもしれません、裁判官は文書できちんと証明されるものに関してのみ考慮する傾向にあると思いますので、どのように休業補償を文書化するか、そして、慰謝料につなげるか、是非、司法書士の先生にご相談ください。

1度目に「企業登録が出来ていなかったこと」が原因で「無駄足を踏んだ」ことに比べて、休業補償や慰謝料は、ハードルが少し高いと思います。

ご参考になれば幸いです。

奥山
質問者: 返答済み 3 年 前.

ご回答ありがとうございます。


休業補償、往復の交通費、宿泊費などで100万円位の実費+JTBの態度が全く謝罪の意も無いので慰謝料を請求したいと思っています。


休業補償に関してはアメリカの納税証明がありますので問題無いと思います。実際に裁判をすると幾ら位費用を見れば良いですか?


裁判をして実際、手元に残るお金を考えたら少額提訴の方が良いのでしょうか?度々すみませんがアドヴァイスをお願いします。

専門家:  eokuyama 返答済み 3 年 前.
日本での裁判になると、140万円までは簡易裁判所です。少額訴訟ではなくなりますので、手続きが少し複雑になりますので、書面のやり取りが増え、多分費用もかさむでしょう。

少し調べてみますと、着手金が請求額の7-8%、成功報酬が12-15%というのが平均値のようですので、成功の暁には合計20-25%くらいが、司法書士の報酬となりそうです。

簡易裁判所以外では司法書士は案件を手掛けることは出来ません。

ご参考になりましたでしょうか?参考になったようでしたら、回答の承認をお願いいたします。

奥山
eokuyamaをはじめその他名の消費者被害カテゴリの専門家が質問受付中

消費者被害 についての関連する質問