JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
kionawakaに今すぐ質問する
kionawaka
kionawaka, 行政書士
カテゴリ: 消費者被害
満足したユーザー: 1359
経験:  中央大学法学部法律学科卒 行政書士事務所経営
62775484
ここに 消費者被害 に関する質問を入力してください。
kionawakaがオンラインで質問受付中

こんばんは。匿名ですみません。 契約の解除、クーリングオフについて質問させてください。 東京、新宿にてあるインタ

質問者の質問

こんばんは。匿名ですみません。
契約の解除、クーリングオフについて質問させてください。
東京、新宿にてあるインターネットサイトの業者にスナップ撮影を求められました。
その時の話は、そこで撮った写真を事務所へ持ち帰り選考、採用されれば後日連絡するとのことでした。採用されれば掲載用の写真を東京にある事務所にて撮影、そこまでは撮影費用等かからず、交通費等の支給もありませんでした。
声をかけて頂いた日の夜電話にて採用の旨を知らされ、興味本位で後日事務所まで伺いました。
撮影していただき、会社の方と話をすることになりました。
そこでは、その会社と契約して、ヘアショーやスナップ等の仕事をやらないかとのことでそこから読者モデルになった方もいるなどの話を伺いました。
契約するなら10万円程度の契約金が必要で、それ以降は解約料、違約金等はかからないと言われました
また、写真を掲載するための「街角美人」というアプリを作ると言われ、その件についてはその場でサインしてしまいました。
10万円という大金だったため、明確な答えは出しませんでしたが、やりたいかやりたくないかの2択を聞かれ仕事内容としてはやってみたいと話しました。
そして次回の撮影日を知らされ、契約するなら来てとのこ とでした。
また、そこではクーリングオフもできると言われましたが契約してから1度でも撮影を行ったらもうクーリングオフは出来ないとのことでした。
家に帰り冷静に考えたら、都合の良い話だと思い、やはり断りの電話を入れようと決断しました。
指定された日の前日となってしまいましたが、電話をかけ断ると、もうアプリを作ってしまったため、キャンセルは出来ないと言われました。
そのアプリは他社と提携して作っているため、もしキャンセルをするなら損害賠償を請求すると言われました。
損害賠償の言葉が怖くなり、サインしてしまったこともあり、それ以上は断ることが出来ず、再び事務所へ伺うとの方向で決定してしまいました。
次に事務所へ行くときは契約金の一部を持って行かなければならず、そこで撮影もするとのことです。
話の流れとして、もし事務所へ伺ったら、お金を払い、その場で撮影ということになるため、クーリングオフは効かなくなってしまうのでしょうか。
仕事は案件に目を通して出来そうなものだけでいいとのことですが、契約書の控えも頂けない、お金も手渡し、等々を考えると信頼出来ないため、損害賠償を請求されるなら契約金のみ支払い、すぐに解約しようと思っています。
話が長くなってしまいましたが、クーリングオフが可能であるか、また、クーリングオフ後に損害賠償など請求されてしまうのか、ということについて今後の対応などのアドバイスを頂けたらと思い、相談させていただきました。
すみませんが宜しくお願いいたします。
投稿: 3 年 前.
カテゴリ: 消費者被害
専門家:  kionawaka 返答済み 3 年 前.

>そこでは、その会社と契約して、ヘアショーやスナップ等の仕事をやらないかとのことでそこから読者モデルになった方もいるなどの話を伺いました。
契約するなら10万円程度の契約金が必要で、それ以降は解約料、違約金等はかからないと言われました

 

>また、そこではクーリングオフもできると言われましたが契約してから1度でも撮影を行ったらもうクーリングオフは出来ないとのことでした。

 

→契約の具体的内容(役務、報酬、契約金)が不明瞭で確定的なことはいえませんが、極めて違法性の強い悪徳商法だと思います。

 

  そもそも「労務の提供」(雇用契約)をするのに、何で契約金が要るのですか?おかしいじゃないですか??またクーリング・オフができません云々という逃げ口上のことばを使うことじたい、事業者相手ではなく、消費者契約と認めているようなものです。

 

 契約書にサインというか署名押印しない限り、契約の効力は発生しませんし、相手方に何らの損害もありませんので、逆立ちしても損害賠償請求も成り立ちません。

 

 そもそも詐欺罪、または恐喝罪に当たると思います。告訴します、と言ってください。

 

 ※契約法務の専門家たる行政書士としての回答です(行政書士法第1条の3第3号 法定外業務 法規相談)。具体的訴訟事件につき一方当事者に有利な法解釈の当否を論ずるものに非ず。

消費者被害 についての関連する質問