JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
houmuに今すぐ質問する
houmu
houmu, 行政書士
カテゴリ: 消費者被害
満足したユーザー: 27
経験:  行政書士 知的財産修士 2級FP技能士
62663831
ここに 消費者被害 に関する質問を入力してください。
houmuがオンラインで質問受付中

【クーポン】広告内容の割引率が事実と異なる 某クーポンについて苦情です。 下記がクーポンの概要です。特定

質問者の質問

【クーポン】広告内容の割引率が事実と異なる


某クーポンについて苦情です。
下記がクーポンの概要です。特定を避けるため、一部伏字&カットしてあります。

≪予約不要≫≪5品+1ドリンク≫が【67%オフの1,000円/通常3,120円】○○○や×××など
・メニュー A 380円
・メニューB 680円
・メニューC 680円
・メニューD 850円~
・メニューE 〔oパン or ライス】 250円~
【ソフトドリンク】 280円~

上記合計して通常3120円→1000円で販売
(1000÷3120=0.320=32%なので、68%オフ(小数点以下切り上げで計算))

<実際提供された内容>
・メニューA 380円 通常に提供
・メニューB 680円 メニュー内容の半分の量(メニューでは2、提供は1*口頭確認済)
・メニューC 680円 メニュー内容の20~25%の量(メニューでは4or5ケ(口頭確認せず)、提供は1)
・メニューD 850円~ 通常に提供
・メニューE 〔oパン or ライス】 250円~ 通常に提供
【ソフトドリンク】 280円~通常に提供

下記のメニュー2つで、実際に書かれている金額より少ないものが提供されている
・メニューBT 680円×50%=340円
・メニューCS 680円×25%-340円

ほかのメニューと合算すると2270円。その内容に1000円支払っている
(1000÷2270=0.440=44%なので、55%オフ(小数点以下切り上げで計算))

店主に聞いてみたところ、クーポン会社にはメニューBとメニューCは各1本と書いてあるというので、確認して、書いていない旨を伝えると、自分は1本だと言ったのだから、苦情はクーポン会社に言えと言われました。

私は3120円分のメニューを1000円のクーポンで買ったはずですが、実際提供されたものは2270円分でしかなく、クーポンの販売内容と食い違ってきています。(差額850円)
広告で歌われている内容と、実際が違う場合はどのように対応すべきでしょうか?

クーポンサイトにはメールを入れましたが、返事がきません。
私としては広告に書いてある提供を全額分受けていないので、差額分の返金か、もしくは全額返金してほしいと思っています。

アドバイスをお願いします・
投稿: 3 年 前.
カテゴリ: 消費者被害

消費者被害 についての関連する質問