JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
houmuに今すぐ質問する
houmu
houmu, 行政書士
カテゴリ: 消費者被害
満足したユーザー: 27
経験:  行政書士 知的財産修士 2級FP技能士
62663831
ここに 消費者被害 に関する質問を入力してください。
houmuがオンラインで質問受付中

マンション購入検討に伴いマンションギャラリーへ行き、某企業の販売会社の営業マンに接客してもらいローンの事前審査を2社

質問者の質問

マンション購入検討に伴いマンションギャラリーへ行き、某企業の販売会社の営業マンに接客してもらいローンの事前審査を2社分申し込み用紙に記入しましたが、営業マンの名刺にその企業の社名が明記されていなかったのがずっと気にな っていたので記入前に「~企業の社員さんですか?」と確認すると「そうです」と答えられました。
信用して用紙に記入しローンも通って真剣に検討した結果購入の見送りの連絡を丁重にしたところ、
後日その営業マンから誹謗中傷、挑発ともとれる信じられない捨て台詞的な手紙が届きました。
当然その販売会社の役職者に連絡を入れ説明を聞いて分かったのですが、その販売会社と期間契約を結んでいる別会社(かなりの小規模・設立の浅い)の社員でした。
従業者・委託先の監督面も含め、身分開示が客に対して不適切なまま個人情報の取得(源泉徴収も渡してます)をしてもよいものなのでしょうか?
こんな逆恨みをする営業マンに情報開示したのが不安で仕方ありません。
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 消費者被害