JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
jo-banに今すぐ質問する
jo-ban
jo-ban, 弁護士
カテゴリ: 消費者被害
満足したユーザー: 2613
経験:  慶應義塾大学卒業。茨城県において法律事務所経営。
67881597
ここに 消費者被害 に関する質問を入力してください。
jo-banがオンラインで質問受付中

大学生の息子21歳がNNNNNN塾の受講契約を結びました。受講料は¥997500

解決済みの質問:

大学生の息子21歳がNNNNNN塾の受講契約を結びました。受講料は¥997500(内¥700000現金払い済 残金毎月¥20000×18か月) この契約に至る経緯ですが ①息子は(株)ファム 代表取締役 NNNN〒XXXーXXXX港区麻布XXN-N-N-NNN  と関わりがあった。この会社はNNNNNN塾の役務提供事業者となっている ②(株)NNN が新規アパレル会社を立ち上げるにあたり、息子もそれに協力することになった。内容はスーツ の 個別販売 売上に応じて息子にキャッシュバックがある。 ③スーツの 個別販売 で実績をあげたら、今後(株)NNNが展開する新規事業の会社を任せると言われた。 ④「このビジネスに本気で取り組む意欲があるかどうかを見るため」と説明されレイク等の 消費者金融 に連 て行かれ高額の 借金 をしNNNNNN塾の受講料を支払った。 息子は(株)NNNを信じきっているため無理やりということではなかったようです。 契約日は2月13日です。まず、この 契約 を 解除 できるでしょうか。(株)NNNの事業実態も マルチ商法 ではないかととても心配しています。 この先どう対応していけばよいかご教示下さい

投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 消費者被害
専門家:  jo-ban 返答済み 4 年 前.
弁護士です。

マルチの可能性が高いですね。
一刻も早く解約に向けて動くべきだと考えます。
息子さんが友人等を巻き込んでしまうと、取り返しがつかなくなってしまいます。
マルチは人を巻き込まないと、もうけが出ないようになっていますから心配です。

まずは、契約書や説明書等をすべて集めてください。
ここで、クーリングオフのことが触れられていなかったり、十分な説明がない場合には、
いつでも解約可能です。
悪質な業者になると、
「本契約はクーリングオフできません。」となっていますが、そんな条項は無効ですから、
気にしないようにしてください。

内容証明郵便を送って、
解約の意思表示と既に支払った金銭の返還を求めることになるでしょう。
契約した日付、契約名、解除した旨、すぐに金銭を返還すること、返還しない場合には民事訴訟・刑事告訴すること
を明記してください。
不安でしたら弁護士等に頼むといいでしょう。作成だけなら3~5万円ですし、
弁護士から書面が届くというのは相手にとってプレッシャーが強いものです。

注意が要るのは、
息子さんは成人しており、法律上、親が勝手に代理することはできないということです。
最終的には、息子さんが解約したいという意思を持たないと、解約はできません。
jo-banをはじめその他名の消費者被害カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 4 年 前.

(株)ファム及び代表者、鳥海流四柱推命塾についてより詳しい客観的事業内容を知りたいのですが、どういった方法があるでしょうか。


もし講座受講料のほかに当該会社にお金が渡っていた場合、返還を求めることはできるでしょうか。


 


本人が信じきっていることを考えると、その気持ちを変えさせるためにどうしたらいいか相談できる窓口はあるでしょうか。


 


もしスーツの販売を友人等に行ってしまった場合、法的に問題がありますか。(どういった販売をした場合法に問われますか?)


 


当該会社の人間を私たち(親)に会わせると本人が言っています。その場合何か気をつけることはありますか?


 


宜しくご教示お願いします。

専門家:  jo-ban 返答済み 4 年 前.

おそれいりますが、当初の質問より数がかなり増えており、1度の料金で対応する範囲を超えていると考えます。
端的にお答えはしますが、本来は1回の料金で1つのスレッドであることをご承知おきください。
返信は回答の不明な部分を確認することに使ってください。


(株)NNN及び代表者、NNNNNNN塾についてより詳しい客観的事業内容を知りたいのですが、どういった方法があるでしょうか。
→その会社に説明を求めるしかありません。求めるまでもなく解約するべきだと思うことは、一応付言しておきます。

もし講座受講料のほかに当該会社にお金が渡っていた場合、返還を求めることはできるでしょうか。

→可能です。

 

 

本人が信じきっていることを考えると、その気持ちを変えさせるためにどうしたらいいか相談できる窓口はあるでしょうか。

→ありません。本人の意思は本人の意思です。それを変えさせるということは、個人の考えを否定することと同じです。入念に説得するしかありません。

 

 

もしスーツの販売を友人等に行ってしまった場合、法的に問題がありますか。(どういった販売をした場合法に問われますか?)

→十分な説明をしなかった場合には、詐欺罪にさえなりえます。

 

 

当該会社の人間を私たち(親)に会わせると本人が言っています。その場合何か気をつけることはありますか?

→特にありませんが、契約も構わないといったような態度は絶対に控えることです。

消費者被害 についての関連する質問