JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
houmuに今すぐ質問する
houmu
houmu, 行政書士
カテゴリ: 消費者被害
満足したユーザー: 975
経験:  行政書士 知的財産修士 2級FP技能士
62663831
ここに 消費者被害 に関する質問を入力してください。
houmuがオンラインで質問受付中

アマゾンのネット通販で、商品価格が安いと思い購入契約を結び、クレジットで精算し、注文確定メールを受信しました。その後

質問者の質問

アマゾンのネット通販で、商品価格が安いと思い購入契約を結び、クレジットで精算し、注文確定メールを受信しました。その後、販売店から先ほどの価格は間違いであったと一方的にキャンセルの通知をいただきましたが、当初の契約は成立していないのでしょうか。この場合、損害賠償とか違約金を請求できないのでしょうか。 よろしくご教示ください。  

投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 消費者被害
専門家:  houmu 返答済み 4 年 前.

一般に、売買契約は、申し込みと承諾によって、成立します。
通信販売の場合は、消費者からの申込に対して、事業者からの承諾が
行われた時点で成立します。

自動返信メールや、注文後事業者から届くメールが、この承諾に該当するか
どうかは、当該通販サイトの利用規約やメールの内容やなどから個別の
事例ごとに判断することになります。

例えば、【ご注文ありがとうございました。在庫を確認後、お届け予定日を
お知らせします】というメールであれば、契約が成立していない可能性が
高いと言えます。

ご質問のamazonの場合についてですが、こちらは規約上以下のとおり
定められています。

Amazon.co.jp が販売する商品をご注文いただいた場合、当サイトから「ご注文の
発送」メールがお客様に送信されたとき
にお客様の契約申し込みは承諾され、
約が成立します

Amazon.co.jp 以外の売主が出品する商品については、商品が発送されたことを
お知らせするメールを当サイトからお送りする時点
で、当該商品のご購入につい
ての契約が成立します


以上の通り定められており、契約は成立していないということになります。

この規程の仕方は、amazonがとくに珍しい訳ではなく、過去に価格の誤表示に
よるトラブルが複数の事業者で発生している教訓を踏まえたものであり、上記の
ように契約成立の時期を遅らせたり、価格表示に誤りのあった場合に事業者側
からキャンセルができるような条項が織り込まれる傾向があります。

なお、特にこのような条項が定められていない場合で、一見契約が成立している
ような場合であっても、民法では「錯誤無効」という規定があります。これは、契約

の重要な部分に勘違いがあった場合には、契約を無効とする、というルールで、

この観点から契約が不成立と判断される場合もあります。

amazon.co.jp利用規約
http://www.amazon.co.jp/gp/help/customer/display.html?nodeId=643006#contract

消費者被害 についての関連する質問