JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
gyoenlegalに今すぐ質問する
gyoenlegal
gyoenlegal, 司法書士
カテゴリ: 消費者被害
満足したユーザー: 485
経験:  中央大学法学部卒業、渉外法律事務所・司法書士事務所を経て新宿にて司法書士事務所を開業
70015703
ここに 消費者被害 に関する質問を入力してください。
gyoenlegalがオンラインで質問受付中

私は、建築設備工事の経営者です。平成22年に2次下請けとして約900万の請負をしましたが、1次下請けの建設会社(ペ

解決済みの質問:

私は、建築設備工事の経営者です。平成22年に2次下請けとして約900万の請負をしましたが、1次下請けの建設会社(ペーパー法人で形式的にはブローカー)から不払いを受け23年末に民事訴訟をを起こし勝訴判決を頂きました。しかし会社とし ての財産等は不明で、専門家の方々に相談しましたが強制執行の成果は期待出来ないようなのです。
現在も会社として活動しているようなので、もし当人の建築現場が判明出来た場合、
直接元請け業者や、建築主と直接談判によって受注請負金額を差し押さえる事は可能なのでしょうか?あるいは、弁護士さんや、裁判所に相談すべきでしょうか?
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 消費者被害
専門家:  gyoenlegal 返答済み 4 年 前.

当方は司法書士です。
お力になれましたら幸いです。

「現在も会社として活動しているようなので、もし当人の建築現場が判明出来た場合、
直接元請け業者や、建築主と 直接談判によって受注請負金額を差し押さえる事は可能なのでしょうか?あるいは、弁護士さんや、裁判所に相談すべきでしょうか?」のご質問について回答させていただきます。
→結論から申し上げると可能です。
相手方会社が有している売掛債権については債権執行の対象となります。
債権差し押さえの申立書をご自身で作れるのであれば、弁護士さんに相談する必要は特にございません。申立書の書き方は裁判所でも教えてもらえます。
ただ、申立書の作成方法が全く分からないとか専門家のアドバイスを受けながら全部任せたいのであれば弁護士さんにご依頼することをお勧めいたします。

その他わからないことがございましたら、ご返信ください。

質問者: 返答済み 4 年 前.

実を申し上げますと、現在調査事務所に依頼中でGPSと尾行によって相手方の携わっている現場等を特定したうえでの計画なのですが、例えば元請け業者や、建築主が当事者に支払われる前に当然行わなければならない訳ですよね?くどいようですが、その直前に判決文を発注者に提示してから執行手続きに進める事が可能なのか、あくまでも裁判所からの手続きを済ますべきなのか教えて下さい。また、当事者が他人名義の受注か個人名義の受注であれば適用されないのでしょうか?

専門家:  gyoenlegal 返答済み 4 年 前.
回答いたします。

>例えば元請け業者や、建築主が当事者に支払われる前に当然行わなければならない訳ですよね?
→そうです。債権差押命令が支払われる前に送達されないと支払いをこちらにさせることができません。

>くどいようですが、その直前に判決文を発注者に提示してから執 行手続きに進める事が可能なのか、あくまでも裁判所からの手続きを済ますべきなのか教えて下さい。
→判決文を提示しただけでは法的な強制執行とは言いません。
ですので、元請け業者や、建築主は支払いを拒絶することもできます。
売掛金を法的に執行したいのであれば、裁判所に申し立てをして、債権差押命令を元請け業者や、建築主に送る必要があります。そうすれば元請け業者や、建築主は相手方である建設ブローカーに支払いができなくなります。

>また、当事者が他人名義の受注か個人名義の受注であれば適用されないのでしょうか?
→これもまた事実です。あくまで債権執行含む強制執行は債務名義(判決文)に書いてある相手方に対してしか行うことができません。ですので他人名義の受注であれば相手方である建設ブローカーの債権とはみなすことができませんので、債権執行は空振りに終わってしまします。
gyoenlegalをはじめその他名の消費者被害カテゴリの専門家が質問受付中

消費者被害 についての関連する質問