JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
gyoenlegalに今すぐ質問する
gyoenlegal
gyoenlegal, 司法書士
カテゴリ: 消費者被害
満足したユーザー: 485
経験:  中央大学法学部卒業、渉外法律事務所・司法書士事務所を経て新宿にて司法書士事務所を開業
70015703
ここに 消費者被害 に関する質問を入力してください。
gyoenlegalがオンラインで質問受付中

いわゆるぼったくりバー被害にあってしまったようです。  夏休み前にクレジットカード会社からの請求で同じ店(ルーマニア

解決済みの質問:

いわゆるぼったくりバー被害にあってしまったようです。  夏休み前にクレジットカード会社からの請求で同じ店(ルーマニア、ロシア、フィリピンと国際色豊かな女の子のいる店です。)で7月10日に4万数千円、33万円と立続けに金額が記載されている計算書が送られてきました。 最初の4万数千円はちゃんと覚えもあるし、なんら異存はありません。 ところが、2件目の33万円・・はまったく覚えが無いためその旨をカード会社に伝えたところ、その店から取り寄せたという当方のカード控えをFAXしてきました。たしかに、カード控えは当方のものであり、サインは普段当方がしているのとは違うような感じですがローマ字に当方の名前が印字されている以上本人のものと認めざるを得ません。 ご丁寧にも、ドンペリやら他高いシャンペンを抜いたことになっており(伝票に明細を書いてありました。)その挙句のこの金額です。 当方が酩酊しており、この店に行ったとしてもこんな法外な高い酒を本人の意思で注文するはずもありません。一人10000円程度を謳っている店なのです。にかく席に座らされて当方の意思に関係なくボラれたのだと推測します。
この飲み代を取り戻す方法をご教示いただければ幸いです。
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 消費者被害
専門家:  gyoenlegal 返答済み 4 年 前.
司法書士のgyoenlegalと申します。
他の専門家の方がお答えになっていらっしゃいませんでしたので、もう遅いかもしれませ んが回答させて頂きます。
なお、分かりやすい回答を心がけてはおりますが、ご不明点等ございましたら、お気軽にご返信下さい。

まず信販会社の言うとおり被害届を出してください。

>この飲み代を取り戻す方法をご教示いただければ幸いです。
とのご質問ですが、まず信販会社に対しても、支払いを停止する通知を書面で出したほうがよろしいかと思います。
あわせて飲食店に対して、契約を取り消す旨の通知と差額分の返還請求書を出して、その飲食店が返す意思があるのかを確認し、それでも返してもらえない場合は裁判の提起を検討することになるかと思います。

ご参考になれば幸いです。
ご不明な点があればお気軽にご相談下さい。
質問者: 返答済み 4 年 前.

あわせて飲食店に対して、契約を取り消す旨の通知と差額分の返還請求書を出して、その飲食店が返す意思があるのかを確認し、


 


とありますが、どのような内容の書面で書けば良いかご教示下さい。


補足説明ですが、当日この店に2回いったことになっています。一回目はしっかりと支払いしたことに対して記憶があり金額についても異存がありません。


問題は2回目です。これには当方もまったく記憶が無いのです。(先日のメモの通りです。)このような状況下でも、飲食したことを認め相場並みの金額に減額するよう店には要求しろということなのでしょうか? 併せて回答願います。

専門家:  gyoenlegal 返答済み 4 年 前.

評価ありがとうございます。 詳しい回答を期待したとのことですが、マイナスの評価をつけられる前にご指摘いただければ、できる限り回答させて頂きますので、よろしくお願いします。

 

>どのような内容の書面で書けば良いかご教示下さい。

>問題は2回目です。これには当方もまったく記憶が無いのです。(先日のメモの通りです。)このような状況下でも、飲食したことを認め相場並みの金額に減額するよう店には要求しろということなのでしょうか?

→飲食をしていないわけですから、減額してもらうのではなく、2回目の決済はおかしいということをいうことを主張します。

ですので、「2回目の決済の代金については、当方の飲食代金ではなく、無効である。(クレジット会社の立替が終わっていれば)不当利得として得た 33万円の返還を求める。」というような内容の書面を書いてください。

 

但しサインが、ご自身の筆跡であるならば、飲食代金の無効を主張するのはかなり難しくなりますので、下記の方がよろしいかもしれません。

「一人10000円程度を謳っている店にも関わらず、その33倍の請求が行った。これは不実の告知であり消費者契約法により飲食契約の取消し、飲食代金33万円の支払いを拒絶する。(クレジット会社の立替が終わっていれば)不当利得として得た33万円の返還を求める。」

 

記載方法については、お近くの消費者生活センターでも無料で見ていただけると思います。

 

ご不明な点があれば、マイナスの評価の前にご質問ください。

よろしくお願いいたします。

gyoenlegalをはじめその他名の消費者被害カテゴリの専門家が質問受付中

消費者被害 についての関連する質問