JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
AEに今すぐ質問する
AE
AE, 行政書士
カテゴリ: 消費者被害
満足したユーザー: 748
経験:  民事法務専門
62985828
ここに 消費者被害 に関する質問を入力してください。
AEがオンラインで質問受付中

以前、旦那がビジネスパートナーという会社でソフトウェアのリースをしました。その後、会社は潰れ、離婚し、旦那は行方不明

解決済みの質問:

以前、旦那がビジネスパートナーという会社 でソフトウェアのリースをしました。その後、会社は潰れ、離婚し、旦那は行方不明になりました。でも、そのビジネスパートナーのリースは連帯保証人になっていた為、私が払い続けました。で、今日、リースの満了の通知書が届いたのですが、ソフトウェアの返却と書いてあり、旦那の持ち物は、ほぼ債権者に持って行かれたかでありません。こうゆう場合どうしたらよいのでしょうか?ソフトウェアのリースに5年間で126,000万払いました。ソフトウェアが無いとなると、莫大な料金を請求されるのでしょうか・・・。ビジネスパートナーに電話しましたが、営業時間外で繋がりません。とても不安なんで、回答宜しくお願い致します。ちなみに、通常リースには動産総合保険が付保されているとビジネスパートナーのホームページに書いてありました。保険適応になったりしますか?
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 消費者被害
専門家:  AE 返答済み 5 年 前.

こんにちは。司法書士のshihouと申します。
以下のとおり回答いたしますので、ご不明な点は続けてご質問ください。

 

ソフトウェアというのは物ではなくデータですので、通常ライセンスにより管理されておりリース期間が満了すれば使えなくなりますし、パソコンからプログラムをアンインストールするだけですので、特に返却ということを考える必要はないです。

もしソフトウェアの入ったCD等の媒体を紛失されたのだとしても相手の損害はCD等の代金分に過ぎませんので、契約書にCD等の紛失について特に記載が無い限り料金を請求してくることはないでしょう。
またソフトウェアは動産総合保険の対象外ですし、紛失は一般的には保険が適用される事由ではないですね。

 

ソフトウェアの入った専用の機器も含めてのリースであれば、その機器の代金は支払う必要があり金額は不当に高額で無い限り契約書に従ったものになりますので、契約書がなければ相手会社に確認してください。

AEをはじめその他名の消費者被害カテゴリの専門家が質問受付中

消費者被害 についての関連する質問