JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
bengoshimailmeに今すぐ質問する
bengoshimailme
bengoshimailme, 弁護士
カテゴリ: 消費者被害
満足したユーザー: 818
経験:  できるだけ分かり易くお答えします。
60911264
ここに 消費者被害 に関する質問を入力してください。
bengoshimailmeがオンラインで質問受付中

トレンドマイクロ社のウイルスソフトを入れているPCから弊社HPが危険と判定されました。 約2年間にわたり危険と判定されていました。 知り合いが、たまたま弊社のHPを見たときに教

質問者の質問

トレンドマイクロ社のウイルスソフトを入れているPCから弊社HPが危険と判定されました 。
約2年間にわたり危険と判定されていました。
知り合いが、たまたま弊社のHPを見たときに教えてくれて事が発覚しました。
トレンドマイクロ社に問い合わせをし、個別に調べた結果
(回答)
このたびの件では、ご迷惑をおかけいたしましたことをお詫び申し上げます。
お問い合わせいただいております、URL判定に関しましては、ウェブサイトの
カテゴリ判断のために使用している弊社サーバにて、インターネット上のウェブ
サイトを巡回し、サイトに記載されている単語や文面などから自動的にカテゴリ
の判断を行っておりますが、稀に誤った判断をすることがございます。

今回の現象は、このサーバがお客様のURLを誤って、危険なサイトと判定して
しまったことが、原因で発生しておりました。

本件にて、多大なるご迷惑をおかけしましたことを深くお詫び申し上げます。

また、大変申し訳ございませんが、具体的にどのキーワードが原因で誤った
カテゴリ判断に至ったか等のサーバのカテゴリ判定基準につきましては、
社外秘の情報となり、公開できかねますことを、何卒ご理解ください。

今後お客さまがご安心してご利用いただけるよう、製品・サポートともに
品質向上に努めていく所存でございます。

文末ではございますが、このたびの件でご迷惑をおかけいたしましたこと、
重ねてお詫び申し上げます。

トレンドマイクロ株式会社
ウイルスバスタークラブセンター
担当: 佐々木

との返事です。こんなことが許されるのでしょうか?
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 消費者被害
専門家:  sin4864 返答済み 5 年 前.

つまり、トレンドマイクロ社に貴方のサイトは危険という判断をなされたことについて、なんらかの損害賠償請求をすればいいのではないですか。

裁判所の少額訴訟ならカンタンに手続が出来ます。試してみたらいかかでしょう。

質問者: 返答済み 5 年 前.
こんな幼稚な回答はいらない
専門家:  bengoshimailme 返答済み 5 年 前.
弁護士のbengoshimailmeです。はじめまして。ご質問の文面から窺える事情に基づき,回答致します。
回答には細心の注意を払っておりますが,できるだけ早く回答しようともしているため,単なる法律用語などは,説明なく用いる場合もあります。
ご存じない専門用語は,Googleなどで検索なさって下さい。
「こんなことが許されるのでしょうか?」とお訊きになっているので,それが貴社のご質問だろうと思うのですが,とりあえず貴社が本件のことを許さない,とお考えなのは分かりますが,具体的には何をどうしたいとお考えなのでしょうか?
前回答者の先生は,損害賠償請求訴訟の提起をご提案なさっていて,それに対して「こんな幼稚な回答」との酷評ですが,そうすると,貴社がいったいこの許せない事件に対してどうしたいとお考えなのかが, 余計にわかりにくくなって参ります。こちらにご質問であることに鑑みれば,法律上の問題,あるいは法律上の解決策を求めておいでのように感じますが,本件でいちばんに思い付く解決方法は,なんらかの損害賠償請求訴訟くらいです。ですので,これを否定されると,他には個人ないし一事業者として採りうる手段はないように思われるのですが。
仕方がないですから,損害賠償請求を検討するとして,損害賠償請求のためには損害が発生していないといけません。貴社の文章を拝読すると,「弊社に多大の損害を与えたという認識はないのですか? 」とありますので,貴社にはおそらく損害が発生しているのだろうと思いますが,いかなる損害が発生したのかを明確にしていただく必要がありますし,訴えるとすれば(単なる裁判外の請求にしても),原告側で損害の算定をした上で,損害額を確定しなければなりません。金銭的に評価することができない損害ということであれば,損害賠償請求はできないということになります。
なお,貴社はトレンドマイクロ社に,「何の責任もない HPの信用を失墜させ、またその結果を振り返りもせず、弊社に多大の損害を与えたという認識はないのですか? どう責任をと っていただけるのですか?」とお伝えになったとのこと。もしも,上記のとおり,金銭的に評価できる損害がないとすれば,責任のとりようがありませんので,無理な要求をなさっていることになります。損害額は判明していても,そうでなくても,「どう責任 を取るつもりだ」と訊いて,相手から金額を提示させようとすることは,ちょっとやくざ的ですので,妥当でないです。なぜなら,提示額が期待より多ければ良しとし,提示額が期待より低ければ「そんなことで責任を取れると思っているのですか?」と,相手に手探りの金額提示を繰り返させることになって,信義に悖るからです。
ですから,以上をまとめると,損害があったとすれば,その損害額を請求することしか,本件を解決する方法はなく,請求しても払わない相手に対しては,訴え提起により損害賠償請求を実現するしかありません。訴訟の途中で和解の試みがあれば,和解条項の中で,たとえば,「被告は原告に真摯に謝罪する」などの条項を入れることができますが,ひょっとすればこれがもっとも貴社にとって気がおさまるかも知れませんね。
それからですね,貴社はトレンドマイクロ社に,「どう責任をとっていただけるのですか? 回答ください。」と質問をお送りになったとのことですが,それに対する回答が,本文に書かれている文面だったということですよね。つまり,責任を取るということに関してはまったく回答してもらっていないことになります。ということは,この文書によって,トレンドマイクロ社は,責任を取るつもりは一切ないということを表明したとみることができます。
このことからも,責任をとらせたい場合には,何をさせたいのかを明確にした上で,相手が拒むことができないようにし なければ,今回のように無視されたら終わりです。訴訟というのは,訴えられると,それに対して応訴し,被告としても主張立証しなければ,自動的に 敗訴し,原告の請求が全面的に認容されてしまって強制執行を受けてしまうため,無視することができない,というところにポイントがあります。そういう意味で,訴訟をすることを提案することは,本件の解決に向けた提案としてもっともな,かつ唯一の法的な提案でした。あなたは,こちらにご質問なさった責任がおありですから,その責任をよくお考えになって対応なさることをお願いします。(私が,責任の内容を明確に申し上げないのは,下の欄外にて申し上げているからです)。

消費者被害 についての関連する質問