JustAnswer のしくみ:

  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。

rushqkに今すぐ質問する

rushqk
rushqk, ITエンジニア
カテゴリ: IT・インターネット
満足したユーザー: 766
経験:  AV機器開発設計
60440014
ここに IT・インターネット に関する質問を入力してください。
rushqkがオンラインで質問受付中

アップル製品(iPhone/iPad/ipod Touch/Macbook Air)に関する質問です。アップルケアにも入っているのですが回答が電話である為か、その場で流れてしまう為

解決済みの質問:

アップル製品(iPhone/iPad/ipod Touch/Macbook Air)に関する質問です。アップルケアにも入っているのですが回答が電話である為か、その場で流れてしまう為にいまいち判りません。判りやすい説明をお願いしたいと思います。
1.まずアップルIDというものがよくわかりません。自分のIDは知っていますが、Face Timeの際にこれとメールアドレスをひもづけて接続しますとか言われました。どういう意味でしょうか?
2.次に、同期という操作についてです。例えばiPhoneとMacであればイメージ的にはMacの方が母艦の位置づけに感じますが、アドレス帳を頻繁に更新したり、外出時に写真を取ったりして中身がどんどん新しくなるのはiPhoneの方です。どちらが上位(同期の際の上流)なのかはどう理解すればいいのですか ?それとも自分で変更できることですか?(できなきゃ困ると思っていますが、逆方向の同期をしてしまって、更新した新しいデータを消してしまう事が怖いです。)
3.iTunesとの関係はどうなるのでしょうか?一つのiTunesには一つのアップルデバイスが専用でしかつながりませんか?例えば1台のMacにiPhoneとiPadを同時に繋げて同期する事は可能ですか?やはり音楽の著作権等の絡みでできないのでしょうか?
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: IT・インターネット
専門家:  rushqk 返答済み 5 年 前.

質問ありがとうございます。

1.アップルIDはApple製品を利用するのに使うIDです。IDに購入情報や端末情報が紐付けされます。紐付けとは端末とIDの場合は端末はこのIDの人が使っていますということです。iOS Appの場合は購入者はこのIDの人ですということです。あるIDであるAppを購入すれば複数のiOS端末で再購入せずに同時に利用できます。

FaceTimeとメールアドレスを紐付けると、そのメールアドレスで登録している端末すべてにFaceTimeの着信が着ます。これは、家のMacと会社のMacで同じApple IDのメールアドレスで利用していたらどちらでも受信ができるということです。

2.同期はユーザーの指定したものが優先することは可能です。この操作は非常に複雑なので先にバックアップをとっておくことをお勧めします。

最初に両方とも空っぽの状態として、iPhoneでデータ追加して同期するとMacにそのデータが反映されます。Mac側でデータをすべて削除すると同期するとiPhoneのデータもすべて消えます。つまり新しい変化が両方に反映されるのです。部分的に行った場合も同じです。iPhoneでABCというデータを登録し、同期して、Mac側でBだけ消すと次に同期したときには両方ともACというデータが残ります。

ポイントはある時点で同期して同じ状態にしてから利用するとわかりやすいかと思います。今からですと、iPhoneのデータのバックアップを行ってから、どちらにも何もない状態にして、iPhoneのデータを復帰して同期とするとMacと両方にデータが残ると思います。

もしくは同期のときに結合するか置き換えするかと聞かれたら結合するを選んでください。これで両方にあるデータが合成されます。置き換えるとMacのデータでiphoneが上書き(データが消える場合がある)されてしまいますので気をつけてください。

心配な操作をする時はバックアップを行う事。これが重要です。

iOS5をご利用ならば、iCloudでデータの同期を行うのが簡単かもしれません。まっさらなiCloudのアドレス帳にiPhoneから同期して、データを更新し、Macで同期すれば後はどちらかで編集した事が最新の情報となります。

写真に関しては、iPhoneで撮ったものが先にMacに蓄積されていき、Mac側の変更がiPhoneに反映されます。いったん蓄積された跡に消すとそれが反映されて消されるということはあります。これもバックアップ時に指定しておけば保存されます。

3.あるMacに導入したiTunesと複数のiOSデバイスを利用することは可能です。最大5台までですので、不要なものは認証を解除という操作が必要です。iPhoneとiPadとiPodを持っている場合、購入した有料の曲はすべてに入れることができます。アプリも動作可能な端末へすべてインストール可能です。追加請求はありません。これは1で説明したAppleIDと商品が紐付けされているためです。Macやiphoneを買い換えてもIDが同じならアプリは使い続けることができます。

質問者: 返答済み 5 年 前.
早急な回答ありがとうございました。 以下、もう少し追加で教えて頂けますと助かります。よろしくお願いします。

1.同期の方向としては、写真の場合はiPhoneからMac、それ以外のデータは両方向に差分を反映、と覚えておけばいいということでしょうか?
2.同期の時に結合するか?とは、聞かれた事がありません。どこで聞かれることなのでしょうか?
3.iTunes内の同期ボタンを押したあとは勝手に7Stepに渡る同期ステップがスタートします。多分、iTunes内の’情報’や’写真’の中で自分が設定した内容に基づき、同期が走っているのだと思いますが、この理解は正しいでしょうか?
4.MacOSは、OS-X(10.6.8;Snow Leopardの最終)で、iPhone側はiOS5(5.0.1)です。が、アドバイスを頂きましたようなiCloudで積極的に操作する方法がわかりません。特にアイコンもないですし。ただ、iPhoneの’設定’から
’iCloud'、’ストレージとバックアップ’にて’iCloud’バックアップをオンに設定しました。これにより、一つ前の画面で指定した項目(メール、連絡先、カレンダー、等)についてがクラウド上にバックアップされているということなのでしょうか?
5. iTunes内のバックアップ設定は、'iCloudにバックアップを作成’にチェックを入れてあります。するとiTunesで、’OTA(Over the Air)で同期中、このコンピュータとも直接同期されるようになります。’と、表示されているのですが、ここでは何を言わんとしているのでしょうか?

以上、よろしくお願い致します。
専門家:  rushqk 返答済み 5 年 前.

1.写真の場合は、iTunesで指定したフォルダの同期に関してはMac→iPhoneにコピー、Mac側データ優先、カメラロールはiPhone→MacにコピーでiPhoneのデータ優先です。

それ以外は差分反映です。

2.バージョンによっては聞かれるバージョンがあったのですが、最近は聞かれないみたいです。もし結合するか?と聞かれたら結合を選ぶと覚えておけばいいと思います。

3.設定に基づき同期されています

4.iPhoneにてiCloudへのバックアップを行う設定をしているのであれば、問題なく保存されていると思います。ただし、保存先は無料でつかえるのは5GBまでなのでそれ以上は有料になります。標準で保存する内容以下です。指定した場合は、指定したもののみです。

・ダウンロードした音楽、
・アプリケーション、本

・カメラロールにある写真とビデオ

・デバイスの設定

・アプリケーションデータ

・ホーム画面とアプリケーションの配置

・メッセージ(iMessage、SMS、MMS)

・通知音

です。音楽ライブラリなどはバックアップされません。これはiTunesでのMacへのバックアップでも同様です。理由としては、もともとMac側からデータを同期(コピーしてくる)事が前提だからです。購入した音楽データやアプリ本体はバックアップされますが、5Gには含まれません。これはAppStoreからダウンロードできるので、実際には所有情報のみが保存されます。ですので、5Gといっても直ぐに満杯になることはありません。

5.連絡先などをiCloudに同期にせっていしておけば、iPhoneの連絡帳とiCloudにあるデータが同期され、さらにMacのデータもiCloudと同期するようになります。つまり、iPhoneとMacの対での同期ではなく、iCloudを介しての同期になります。つまり、3箇所でデータが保存されるわけです。

iCloudのデータは

https://www.icloud.com/

へアクセスしてご自身のIDとパスワードを入力すればどこからでもアクセス可能です。

専門家:  rushqk 返答済み 5 年 前.

iCloudで補足すると、フォトストリームというのがカメラロール以外に追加されるのですが、こちらは1000枚のデータ、もしくは一ヶ 月間データが保存される仕組みです。iPhoneで撮った写真は自動でカメラロールからフォトストリームにコピーされiCloudに同期します。MacでもiCloudの設定したフォトストリームフォルダがあるのですが、同期しなくても自動でiPhoneで撮った写真が転送されてきます。このフォルダにほかからコピーしてきたら、それも自動で同期されます。ただし、先に書いたとおり、1000枚を超えるか、一ヶ月以上経過したデータは自動で削除されますので、MacでUpしたフォトストリームをiPhoneで保存しておきたい場合はiPhoneのフォトストリームフォルダからカメラロールにコピーしておくことをお勧めします。

一旦保存されたフォトストリームのデータはMacもiPhoneからも自動で削除されることはないのですが、データをクリアしてしまってから、iCloudと同期したときに復帰できるのは1000枚を超えるか、一ヶ月以上経過したデータのみとなりますのでご注意ください。こちらのデータとバックアップのデー タは連動していませんので、バックアップにデータがあるのであれば問題ありませんが、バックアップの写真の保存対象にフォトストリームフォルダは入っていませんので注意が必要です。iCloud上のフォトストリームのデータは削除することができません。Macでフォトストリームフォルダ内のデータを削除しても、iCloud上では削除されません。

rushqkをはじめその他名のIT・インターネットカテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 5 年 前.
本当に迅速で、かつ丁寧な説明を頂きましてありがとうございます。
こういうのはやはり自分でも触ってみないとピンとこないことも多いので少しそうして勉強してみます。
まずは回答承諾のお知らせとお礼を申し上げます。

IT・インターネット についての関連する質問