JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
blue_rose2017に今すぐ質問する
blue_rose2017
blue_rose2017, 獣医師
カテゴリ:
満足したユーザー: 730
経験:  小動物臨床11年、1.5次診療施設で外科部長、企業病院で院長の経験がある獣医師です
98115780
ここに 猫 に関する質問を入力してください。
blue_rose2017がオンラインで質問受付中

家猫11才の男の子が突然36時間何も食べないで寝てばかりいたので病院へ連れていきました。呼吸は荒くないですが鳴きません。

ユーザー評価:

家猫11才の男の子が突然36時間何も食べないで寝てばかりいたので病院へ連れていきました。呼吸は荒くないですが鳴きません。脱水症状が出ていると言うことで点滴を3時間かけてしました。迎えに行くと口からよだれを出しながら苦しそうに暴れていました。そしてその場で亡くなりました、考えもしない状況でしたので獣医師からは請求は後日と言われ、今日届いた診断名に「原因不明の肺炎」とありました。何のために病院へ連れて行ったのか。さっきまでここにいたのに病院で3時間点滴後に急死するなんてあり得ますか?

ジュニアちゃんのご家族の方、ご相談ありがとうございます。

システムの不具合でご連絡が遅くなり、申し訳ありません。

さてご相談の件について、36時間の絶食が起きた理由的なものでご家族の方が思い当たるものは何かないですか?

また、静脈点滴3時間で何ml入れたか、わかりますか?

ジュニアちゃんの体重と既往症が分かればお知らせください。

多分ですが、3時間で大量に静脈点滴点滴をしたら、肺水腫といって肺にお水が溜まる病態が起こり、ご相談の件の様になくなることはあります。

質問者: 返答済み 1 月 前.
36820;信ありがとうございます。
ジュニアの体重は5.56kgです既往症はありません。絶食が起きた原因は思いつきません。食べなくなる1日前は終日一緒に過ごしいつも通りでした。只絶食につながるかはわかりませんが、最近運動量が落ちました。単に年令のせいと思っていました。高いところに上らなくなった、走り回らなくなった、です。キッチンの調理台に乗って私の調理の邪魔をするというような日常は前日まで変わらずありましたし、私にずっとついて回るも変わらず前日までです。
病院の点滴量は計算書には書いてなく『点滴×1=6000円』位しかわからないです。点滴前の血液検査で赤チェック箇所は尿素窒素が43で脱水、AST(GOT)が87で筋疾患、血糖値(Glu)が467でストレス?です。
先生の回答からすると3時間で点滴をしたことが急死の引き金ですね。このような時、肺水腫の確認そして処置は不可能なのですか?
突然いなくなった子の鳴き声や姿を探して毎日何もできずにいます。諦められません。
ご連絡ありがとうございます。
他の血液検査の項目はありますか?
また、5.56kgと日本の猫にしては大型ですが、猫種は何でしょう?
血糖値が467は高血糖ですし、そんな高い時、絶食をしていて脱水した太り気味の猫だと糖尿病性ケトアシドージスを疑います。
高いところに上がれない、走り回れないはもしかしたら血糖値がずっと高くて糖尿病性神経症状と考えれば、納得がいくし、BUNの増多も納得がつきます。
連れていく前、亡くなった後でも甘ったるい、表現が難しいのですが、果物が腐った時の匂いみたいなのはしていませんでしたか?
また、先程回答しました、3時間でどの程度点滴したか?体重あたり2ml/kg/hrであれば30ml程度でしょうけども、脱水がどの程度かにもよりますが、ショックなら20ml/kg/hrが入ることはありますけども、その後ゆっくり減らして24時間輸液量で計算しますけども…だいたい24時間で350+αですねま、その程度。
どんだけ入れたかわかりませんが、「迎えに行くと口からよだれを出しながら苦しそうに暴れていました。」とありましたから、多分肺水腫になっていただろうと推測します。
この場合、肺のレントゲンや適度な聴診で確認は出来ます(エコーでもできるという話がありますが、自分はできないので説明は割愛します)
レントゲンで写真を撮って、肺が真っ白ならば利尿薬ですが、上に書きました様な糖尿病性ケトアシドージスだった場合、水和を整える、インスリン治療の開始、ご飯管理などなどで、まだなんとかなったのでは?と感じるところではありますが。
質問者: 返答済み 1 月 前.
20877;びの返信ありがとうございます。
猫種はロシアンブルーの男の子です。太りすぎを改善するために一年まえから獣医に推奨されたロイヤルカナンのオルファクトリーを食べていました。
点滴量はどこにも記載がないので金額のみです。血液検査は先程は赤チェックの正常値を外れた物と他にはヘマトクリット値、血漿総蛋白、白血球数、赤血球数、ヘモグロビン、MCV、MCHC、血小板、クレアチニン、カルシウム、リン、アルブミン、総ビリルビン、アルカリホスファターゼ、ALT、総コルステロール、ナトリウム、カリウム、クロール、リパーゼとある数値は正常値内です。
又、甘いにおいはしてないと思います。病院に連れて行く前も匂いをかいでみましたが無臭でした。(匂いをかぐことは日々してました)
検査報告の中に心電図では原因不明の肺炎の影響で重度の不整脈があり上室性不整脈といっても心筋にダメージを与えております、と文言があります。報告書の文章も言い間違いや漢字変換の間違いも多くいい訳ばかりと読み取ってしまい納得できないのです。
血液検査の結果を添付してくださいますか?
正常範囲内とされていても問題のつながりという点で異常値のみで評価は難しいです。
実際、ヘマトクリット値は全血液の中の赤血球の濃さで脱水の指標ですが、正常範囲内なのですよね?また、蛋白、アルブミンも同様ですが、正常なのですよね?
なのに、BUNのみが高いから脱水という話は聞いたことはないです。
心電図で、肺炎から不整脈は確かに来ることはありますが、上室性不整脈であれば心房細動を呈している可能性があります。
言い換えると、心臓に負担があって大量に点滴をすれば死を招くのは当然と考えることができます。
もしもよろしければ、添付いただきますと、適切に評価しますが、如何でしょうか?
質問者: 返答済み 1 月 前.
12354;りがとうございます。検査結果は携帯タブレットのカメラで写したものを添付させて下さい。見難いかもしれません。
心電図の波形も写メで添付させてもらいました。
亡くなった子は戻りはしないですが私は今必死です。このままでは心が壊れそうです。点滴のリスクを知らずに言われるままに従った自分を責めるしかない、と折り合いをつけるにはまだできず先生に回答をお願いしています。
ご連絡ありがとうございます。
心電図は多分麻酔モニタにくっついているものでの評価になり、体動が入っているので評価が難しく、p波の消失という評価はできないですね。
また、R-R変動がほぼ均一ということから状態としてあまり良くないです。
とはいえ、上室性不整脈は言い過ぎかな?と感じます。
正常から大きく逸脱はしていないが、陰性T波があることから、何かしらの心疾患、例えば高血圧とか心肥大がある可能性は否定しないです。
レントゲンやエコーでの確認が必要ですが。
また、血液ですが、異常値がないとされているところはあるが正しいです。
1つ言えるのは明らかに脱水という評価でBUNの高値を読むのは間違えです。
多分、食べられていなかったことからの問題でAST増加と関係した体の蛋白の利用の結果かな?と考えます。
T-choの軽度増加はロシアンブルー5.5kgだと微妙ですが、食べてなくてで何かしらの問題を起こしていただろう。
そして、電解質の狂いですね、これはNaKClの低下があり、寝てばかりいた、高血糖からアシドーシスから来てる問題を疑います。
やはり、尿検査がないのでわかりませんが、ケトアシドージスは起こしていたのでは?が正解に近いと考えます。
ただ、厄介なのが、これで静脈点滴3時間で亡くなるの?という問題です。
心臓の肥大が疑われる心電図からもしかしたら一度に大量の点滴なのかな?と考えるところが正しく、過剰水和で肺水腫が致死的に至ったのかな?と考えます。
こればかりは先生に点滴量いくら入れたのか?私は静脈点滴としてますが、他のライン、背中に入れる皮下補液かもしれないのですが、その部分の確認は必要でしょう。
質問者: 返答済み 1 月 前.
20877;度のメール失礼致します。獣医に静脈点滴量確認しました。100mlでした。医師からの説明は脱水症状を改善する為の処置ですが、本来ならば10時間くらいかけてゆっくりすればよかったが、入院設備のない医院でしたのでそのようにしました。病院へ連れて来る事もなく自宅でいつの間にか息を引き取っていた、の方が私が死を納得したかもしれませんんね、凶暴化を見ることもなくとも言われ最後には設備も整っていず申し訳なかったと言われたそうです。
ご連絡ありがとうございます。
20ml/kgですね。たしかに10時間で割ると丁度良いですが、3時間だと約7ml/kg/hrなので、脱水が正しかったとして急速ボーラスで20ml/kg/hrで15分やってその後下げたというわけでもなさそうですね。
最悪、預かり検査を同時にしていて、点滴をもっと短い時間で入れたかもしれないですし。となりますと、あまり良い仕事をしているとは言えないし、第三者から見て脱水の論拠は前にもあげましたが、ないです。多分、おじぃちゃん、おばぁちゃんの先生なんだと思いますけども。
また、よくわからないのが、「凶暴化を見ることもなくとも言われ」は意味がよくわかりません。
何で凶暴化するのでしょう?脱水で確かに脳の血流が悪くてんかんとか起こすかもしれないけど…どういう意味か?確認されましたか?
質問者: 返答済み 1 月 前.
35328;葉が足りずに毎回すみません。凶暴化とは点滴終了後に迎えに行った際、よだれを出し苦しそうに興奮して点滴の針を抜くのも噛み付こうとしていたらしいです。その時の状態をさしているのだとおもいます。先生からの回答で獣医医師の選択を間違えたのかもしれないと強く思いました。
ご返信ありがとうございます。
よだれだし、苦しそうにして興奮していたならば、看護師さんも獣医師に伝えるべきでしょうね。
抑えられて点滴を抜かれるのが痛い、それで苦しいであれば、やはり対応として間違えではないかな?と感じます。
難しいところではございますが。
質問者: 返答済み 1 月 前.
31169;が到着した時はまだ点滴後ののチューブを抜けず苦しく暴れてる子(ショック状態)に噛まれそうになるほどてこずってる様子で、私の呼びかけも耳に入らぬようでしたし、声も出ずもんどりうってる子に私が動揺していることから凶暴化という単語を出してきたように思えます。そうなったのも全て急いだ点滴が急死の要因と感じます。
今回こちらのサイトから専門家からの回答を下さったことに感謝いたします。

ご連絡ありがとうございます。

お辛い日が続くと思いますが、またご質問などありましたら、いつでもご相談ください。

blue_rose2017をはじめその他名の猫カテゴリの専門家が質問受付中

猫 についての関連する質問