JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
blue_rose2017に今すぐ質問する
blue_rose2017
blue_rose2017, 獣医師
カテゴリ:
満足したユーザー: 578
経験:  小動物臨床11年、1.5次診療施設で外科部長、企業病院で院長の経験がある獣医師です
98115780
ここに 猫 に関する質問を入力してください。
blue_rose2017がオンラインで質問受付中

生後7か月の雌猫で種類はラガマフィン。3.1㎏です。

解決済みの質問:

生後7か月の雌猫で種類はラガマフィン。3.1㎏です。
呼吸が速く、寝ている時には30回くらいですが、起きているときは倍以上になり、少し動き回るとパンティングをします。
病院で検査をし、心房中隔欠損症のうたがいもあったので、大学病院まで行きました。細かな検査をしていただきましたところ大丈夫だったのですが、やはり呼吸が速く浅いのがとても気になります。少し肥満気味です。
このような症状はほかに原因がありますか?
投稿: 2 ヶ月 前.
カテゴリ: 
専門家:  blue_rose2017 返答済み 2 ヶ月 前.

茶々丸ちゃんのご家族の方

ご連絡ありがとうございます。初めまして

検査結果などや体重、家族環境、生活環境、予防など頂けますと、回答しやすいです。

可能性として、気管支や肺の疾患、また太り気味とのことで暑さの問題などの考慮が必要です。

質問者: 返答済み 2 ヶ月 前.
26089;速の返信ありがとうございま。大学病院での検査結果の紙が見当たらなくなってしまいました。すみません。
その前に地元の病院での血液検査はまったく異常がありません。エックス線も異常なしで、エコーで少し血流がみられるかも?ということでしたが、それもまあ大丈夫ではないかということでしたが、念のため大学病院にいきました。心臓のまわりにも少し脂肪がついているようと言われました。おなか、脇も脂肪ということでしたが、まだ小さいので(検査は6ケ月でした)大人になってからもう一度見た方がよいかもと言われました。体形はぽっちゃりしてますので太りすぎかとも思うのですが、まだ成長期だからそんなに気にしなくてもよいとも言われました。
冷房が強いと確かに呼吸は少なめになるのですが、他の猫より呼吸が速く浅いのが気になります。来月6日には避妊手術もありますので心配になります。このような猫はいるのでしょうか?
専門家:  blue_rose2017 返答済み 2 ヶ月 前.

ご連絡ありがとうございます。

猫ちゃんでという一般論でお話しさせていただきますと、茶々丸ちゃんに100%当てはまらない可能性もありますが、猫の口を開けてハァハァパンティングする際、若い子だということから、心疾患よりも経験論や文献的に猫の呼吸器疾患、例えば喘息の初期とか、または猫の場合ですけど猫回虫の異所寄生、またはその他の線虫以降症などが考えられます。

フィラリアでも確かに咳き込んだり、開口呼吸したりもしますが、年齢的には低いかなぁと考えます。

これまで便検査でそういうことの示唆はありましたか?

また、血液検査で好酸球とかの血球検査はやられましたか?

ここら辺がネックかなぁと考えています。

そして、中隔欠損系は聴診でシュシュシュといった連続性または、収縮期の連続性雑音のため、肺の音と聞き間違えることは否定しきらないです。

冷房に関しては、人で寒冷アレルギーだったと思いますが、環境温が下がると鼻水が出て止まらなくなるみたいな病気があるようですが、類似の問題があるのかもしれないです。

従って、避妊手術前に通常行われる一般的な術前検査よりもより綿密な検査を受けられ、肺の疾患のないことの確認として気管支肺胞洗浄という検査(病理や細菌培養感受性検査、PCR)などをやられることをお勧めします。

質問者: 返答済み 2 ヶ月 前.
12354;りがとうございます。便検査もしましたが、回虫などはいませんでした。好酸球検査はEosで良いのでしょうか?特に問題なしのようです。
血液検査はRBC、PCV、MCV,WBC,NEU,Lym,Mon,Eos,Bas,Plat,血液化学検査としてGlu,BUN,CreUN/Cre,P,Ca,TP,Alb,GGT,TBil,TCho,Na,K,CLという種類でした。
どれも問題なしの数値です。でも先生のおっしゃられた通り、もう一度、かかりつけの獣医さんに検査を相談してみたいと思います。
ありがとうございます。
専門家:  blue_rose2017 返答済み 2 ヶ月 前.

ご連絡ありがとうございます。

居ないと思っているのが、寄生虫なので、どうしても喋られない以上体に聞くのがある程度楽ですし、本人にとっても。

好酸球はご指摘の通りEOSです。これはある程度早い炎症で上がるので上がり続け、継続があんまり良くないことなので、今の所なければ1/3は否定的と考えられはしますけども。

どちらにしても、対策として継続的なレボリューションという背中に垂らす薬で寄生虫は否定する、そして避妊の時に肺胞洗浄してみる、あとはラガマフィンなので少ないですけど、鼻穴の開口の問題の否定かなぁとも考えます。

書きそびれて居ましたが、猫ちゃんでたまに鼻孔狭窄といって鼻穴が小さい子、鼻の奥が狭い子がいます。

頭の外からよく見ることやレントゲン、CTなどの評価が必要になりますけども。

情報としてお伝えします。

blue_rose2017をはじめその他名の猫カテゴリの専門家が質問受付中

猫 についての関連する質問