JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
japavetに今すぐ質問する
japavet
japavet, 獣医師
カテゴリ:
満足したユーザー: 6510
経験:  動物病院勤務歴6年
60306695
ここに 猫 に関する質問を入力してください。
japavetがオンラインで質問受付中

お世話になります。 前回ご相談にのっていただきまして誠にありがとうございました。

解決済みの質問:

お世話になります。
前回ご相談にのっていただきまして誠にありがとうございました。
引き続きなのですが、前回は体重減が止まらないということでご相談させていただきました。現在食事回数を少し増やして、どうにか減少には歯止めがかかったように思います。
ただ明らかに後脚に力が入っていないようです。心肥大で塞栓を形成すると部位によっては後肢を引きずるような記載を見ましたが、エコーでは心肥大は問題ないようですので、これは該当しないと思われます。
最初は体重減に伴う体力減退かと思われましたが、どうも違うような気がします。階段もゆっくりですし、以前飛び上がって乗っていた台にもやっとかっと登るような状態です。
以前お知らせしたWBC↑Lym↑に関連があるでしょうか?
ご多忙中とは存じますが、よろしくお願いいたします。
投稿: 9 ヶ月 前.
カテゴリ: 
専門家:  japavet 返答済み 9 ヶ月 前.

こんばんは。

再度のご質問ありがとうございます。

今前回の質問を確認しておりますので、少しお待ちください。

専門家:  japavet 返答済み 9 ヶ月 前.

お待たせいたしました。

そうですか。

体重減少が止まっても力が入らないというのは心配ですね。

確かにエコーで心肥大が否定できたのであれば心臓によるものの可能性は低いでしょう。

基本的にWBCとLymは慢性炎症で上がりますので、体のどこかに炎症があれば上がってきます。

力が入らないのが顕著になってくる場合は、猫ではまれな病気ですが、重症筋無力症や多発性筋炎などの筋肉の病気などの可能性もあるかもしれません。

そういった特殊な病気は一般病院では検査できないこともあるので、大学病院で診てもらった方がいいかもしれません。

特に筋肉の萎縮がある場合は、筋肉の病気はかなり怪しいです。

質問者: 返答済み 9 ヶ月 前.
12372;回答ありがとうございます。
重症筋無力症や多発性筋炎は好発部位いうのがあるのでしょうか?
これらの症状とWBCとLymは関連がありますでしょうか?
専門家:  japavet 返答済み 9 ヶ月 前.

かなり稀な病気ですので、好発部位などの情報はありませんが、後ろ足に出て来ることは十分考えられます。

重症筋無力症二は炎症が絡んでいることもありますし、多発性筋炎は炎症の病気なので、WBCもlymも上がります。

質問者: 返答済み 9 ヶ月 前.
FeLV・FIVの検査はいずれもネガティブでしたので、罹患の原因が不明です。。。突発性ですかね。。。?
有効打がなくいささか不憫です。。。
明日またかかりつけを訪ねてみます。
専門家:  japavet 返答済み 9 ヶ月 前.

そうですね。

重症筋無力症や多発性筋炎は原因不明なものも多いです。

とりあえずかかりつけの先生とも相談した方がいいですが、心配であれば手を打てるうちに早めに大学病院などを受けられた方がいいと思います。

japavetをはじめその他名の猫カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 9 ヶ月 前.
12354;りがとうございます。
必要に応じ大学病院も紹介して頂きます。
(地元の大学病院はあまり大したことはないようですがw)
専門家:  japavet 返答済み 9 ヶ月 前.

そうですね。

他に二次病院で専門的に見てもらえそうな病院があればそちらでもいいと思います。

お大事にどうぞ。

もし、原因がわかればお手数ですが、こちらにご連絡いただけますか?

その場合はもちろん費用は掛かりません。

私も気になる症状ですので、勝手ですが私の勉強のためにお願いできるとありがたいです。

質問者: 返答済み 9 ヶ月 前.
12354;りがとうございます。好学のご姿勢に感服いたしました。
何か分かりましたらご連絡させていただきます。今後共よろしくお願いいたします。
専門家:  japavet 返答済み 9 ヶ月 前.

はい、勝手を言いますが、よろしくお願いします。

原因がわかって治療がうまく行くことをお祈りしています。

猫 についての関連する質問