JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
japavetに今すぐ質問する
japavet
japavet, 獣医師
カテゴリ:
満足したユーザー: 6510
経験:  動物病院勤務歴6年
60306695
ここに 猫 に関する質問を入力してください。
japavetがオンラインで質問受付中

一ヶ月前に門脈シャントの手術をした1歳弱の雄の猫です。

質問者の質問

一ヶ月前に門脈シャントの手術をした1歳弱の雄の猫です。 異変のあった血管は太いのが1本あり、それを金属の輪で止血して正常な血流を保つように治療されました。手術から2回、血液検査等を実施し、経過良好の旨の報告をうけており、明後日に概ね一ヶ月経過の検査をまた受けに行く予定です。本日ですが、突然、手術前のような痙攣を猫が発症し、2分ぐらい激しい痙攣をしていました。手術後は、快活に動き回り、食事もおかわりを求めるぐらい食欲があり元気でしたので、私はショックを受けました。原因は何が考えられるのでしょうか。
投稿: 1 年 前.
カテゴリ: 
専門家:  japavet 返答済み 1 年 前.

こんばんは。

ご質問ありがとうございます。

それは心配ですね。

金属の輪というのはアミロイドコンストリクターだと思われます。

なかなか考えれることというのも難しいのですが、一つの可能性としてはこのアミロイドコンストリクターが完全にシャント血管を埋めると、後天性のシャントが形成されることがあるという報告があります。

もしかすると、シャント血管が完全に埋まったことで肝臓内で血圧が上がり他にシャントが形成された可能性があります。

ただし、そういったことは稀ですので、肝臓関係なくてんかん発作が起きた可能性もあるでしょう。

できれば明日はご飯食べさせないようにして病院へ行ってもらった方がいいでしょう。

病院で再度肝臓の検査が必要だと思います。

質問者: 返答済み 1 年 前.
26908;査で先生が気にしていたのは、ALPの数値で「ちょっと高いままなのが気になります」と言っていました。8月14日は108、8月27日は126でした。明日は仕事で病院に行けないので、明後日伺うことになります。ちなみに手術前はアンモニアの数値がすごく高くなっていて、その毒素が脳に回って痙攣を発症したと先生が言っていたと思いますが、そのアンモニアの数値は33と50と正常値でした。
専門家:  japavet 返答済み 1 年 前.

その数値はいつ検査した値でしょうか?

また、食事は発作の前どれくらいで食べていますか?

質問者: 返答済み 1 年 前.
8月14日 ALP108 アンモニア50
8月27日 ALP126 アンモニア33食事は発作前の2時間くらい前に、液体の蜂蜜のような薬をまぶしたものを食べています(肝臓サポートというものです)
質問者: 返答済み 1 年 前.
25163;術をしたのは7月の下旬で、2週間弱入院していました。
専門家:  japavet 返答済み 1 年 前.

そうですか。

そうなると食事のタイミングとしてはやはり再度シャントが出てきた可能性は十分にあると思います。

アンモニアが下がっているとなると、手術は成功し、シャント血管はしっかり埋まっているが、他のシャントが出たという可能性があると思います。

前回の検査からすでに1カ月たっているので、前回大丈夫だからとは言えません。

シャントが新たにできる場合は、もともとのシャント血管が埋まってから徐々に出て来るのでタイミング的にはそれくらい出てくる可能性が高いです。

食事をするとアンモニアが上がりやすいのでできれば明日しっかり検査しておいてもらった方がいいでしょう。

そうしないと明日も食事後に発作が出る可能性があります。

質問者: 返答済み 1 年 前.
20170;後対策はどのようになるのでしょうか?
専門家:  japavet 返答済み 1 年 前.

それは原因とその状態次第です。

原因はこちらでは可能性のお話はできますが、実際に診察しないとわかりません。

再度シャントができている場合はそのシャントの状態によって手術や内科的治療

てんかん発作なら薬で抑えるなどです。

他の原因すべてを否定できるものでもないので、その原因によって治療は変わります。

できる限り明日病院へ行ってもらった方がいいと思います。

どうしても難しい場合は食事をいつもの半分程度にしてできるだけ回数を分けて与えるようにしてください。

再度のシャントであった場合、一度にたくさん食べるとアンモニアが上がるリスクが高いです。

質問者: 返答済み 1 年 前.
20877;度のシャント再発であったとして、内科的治療で済むものでしょうか?
専門家:  japavet 返答済み 1 年 前.

内科治療で済むというよりも外科治療ができない可能性があります。

後天性のシャントができてしまった場合は、一本ではなく細い血管が何本もシャントになることが多く、すべてを確認して結ぶことが不可能です。

その場合は食事と薬で維持するしか方法がないです。

うまく行けばシャントの程度によっては元気で生きれることもあります。

専門家:  japavet 返答済み 1 年 前.

他にご質問はありますか?

もしご質問を終了する場合は、お手数ですが、放置せずに必ず下記の手順を踏んで終了していただくようご協力お願いいたします。

http://ww2.justanswer.jp/ja/help/how-do-i-rate-answer

専門家:  japavet 返答済み 1 年 前.

終了手続きが終わっていませんが、他にご質問はありますか?

あれば返信くださいね。

japavetをはじめその他名の猫カテゴリの専門家が質問受付中

猫 についての関連する質問