JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
japavetに今すぐ質問する
japavet
japavet, 獣医師
カテゴリ:
満足したユーザー: 6510
経験:  動物病院勤務歴6年
60306695
ここに 猫 に関する質問を入力してください。
japavetがオンラインで質問受付中

初めましてよろしくお願いいたします。けいれん発作予防のクスリについて教えてください。

質問者の質問

初めましてよろしくお願いいたします。けいれん発作予防のクスリについて教えてください。
19歳半の糖尿病と腎不全を患っているメスの猫を飼っております。5年ほど前にけいれん発作を起こし、発作予防にエクセグラン、ジアゼパムを飲ませてました。途中でエクセグランを吐き出してしまう様になり、ジアゼパムのみで対応してました。現在の担当獣医師さんは4人目なのですが、昨年発作を起こした際、3ヶ月に1度のペースでけいれんを起こすのは頻度が高すぎると言われ、ゾニサミドを血中濃度を見ながら増量し3ヶ月ほど飲ませてました。ここ1ヶ月、ゾニサミドを飲ませると吐く様になり拒否反応もひどかったので、飲ませる頻度が低くなり今では全く飲ませてません。ジアゼパムは吐くことがないので、飲ませる時はジアゼパムのみにしています。獣医師さんからは、ジアゼパムは短期的作用なので予防としてはゾニサミドを勧める、ダメならフェノバールでも。ただし肝機能が悪くなるので…とのことで、まだ試してはいません。毎日注射と点滴で嫌がっているところに更に拒否している薬を飲ませなければいけないのが、とてもツライところです。
11歳になる頃に、糖尿病を発症しインシュリン治療をしています。約1年ほど前に、腎機能が悪くなり現在アセテートリンゲル液をほぼ毎日120mlほど点滴しています。長くなってしまいましたが、ジアゼパムのみで対応するには限界があるのでしょうか?
投稿: 1 年 前.
カテゴリ: 
専門家:  japavet 返答済み 1 年 前.

こんばんは。

ご質問ありがとうございます。

それは心配ですね。

確かにジアゼパムは耐性ができてしまう子もいます。

ただし、一般的な考えであれば、発作が3ヶ月に一回で、発作もそれほど長く続くものでなければ許容範囲と考えることが多いですが、現在発作は徐々に増えてきていますか?

質問者: 返答済み 1 年 前.
36820;信ありがとうございます。
ゾニサミドを1日2回で飲ませられていた時は、確かに発作は起きませんでした。拒否する様になってからは、ひと月に1回位、先日は初めの発作が小発作だった様で10日ほどで発作が起きました。どの発作も30秒ほどで治ります。大体の場合、びっくりした時特に音に反応することが多いです。
専門家:  japavet 返答済み 1 年 前.

返信ありがとうございます。

難しいところですね。

発作頻度に関してはどこで線を引くのかは的確なガイドラインはありませんが、やはり月に2回程度起こるなら多いと思います。

やはり私もその場合はゾニサミドを勧めます。

発作のお薬は基本的に発作を抑えることができればいいので、場合によっては1日2回でなくても1日1回でも2日に1回でも効果が出る可能性はあります。

発作の時間が短いのであれば、正直なところ、発作のストレスを取るか、投薬のストレスを取るかということになると思います。

短時間の発作であれば発作自体が、体に及ぼす影響はわずかです。

かなり頻繁であったり、長時間の発作は脳への影響や内臓への影響が心配にはなりますが。

わたしは、低頻度のゾニサミドの投薬を試すことをお勧めします。

質問者: 返答済み 1 年 前.
31169;自身の考えも先生と同じです。ゾニサミドの中途半端な濃度での継続も効かなくなると言われました。
ただ、飲ませてほぼすぐにオエッと吐いてしまうので…飲ませること自体が難しい現状です。飲ませ方もいろいろ工夫はしてみましたが。
専門家:  japavet 返答済み 1 年 前.

いえ、ゾニサミドは目標血中濃度はありますが、それより低く維持しても効く子は効きます。

実際2日に1回の投薬でずっと維持している子もいます。

ただし、おえっと吐いてしまうのであれば難しいですね。

オブラートやお薬ちょーだい、チーズなどに挟む方法がありますが、それらも試しましたか?

それらすべてを試していてもおえっとなってしまうのであれば、ゾニサミドは難しいので、フェノバールしかないと思います。

肝臓に注意しながらフェノバールを飲ませることになると思います。

質問者: 返答済み 1 年 前.
12399;い、すべて試しました。
慢性膵炎も起こしている可能性があるので、肝臓に負担かけたくないのですがやはりフェノバールしかないですか…。
目標血中濃度より低くても…ということであれば、1回3/4錠、1日2回で飲ませていたものを1/4錠にしてみるのもありということですよね?1回量を減らしてみれば少し違うかも。
専門家:  japavet 返答済み 1 年 前.

はい、そうしてみてもいいと思います。

何かしらの方法でゾニサミドが飲ませられず、発作が増えるのであれば、やはりフェノバールしかないでしょう。

japavetをはじめその他名の猫カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 1 年 前.
19969;寧なご回答ありがとうございました。
もう少し工夫して頑張ってみます。
専門家:  japavet 返答済み 1 年 前.

はい、お大事にしてください。

いい方法が見つかることをお祈りしています。

猫 についての関連する質問