JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
japavetに今すぐ質問する
japavet
japavet, 獣医師
カテゴリ:
満足したユーザー: 6510
経験:  動物病院勤務歴6年
60306695
ここに 猫 に関する質問を入力してください。
japavetがオンラインで質問受付中

スコティッシュとチンチラの混血で耳がたれている猫(14歳)です。数年前から耳たぶの内側に直径5~7ミリ程度のこぶ(丸い形

質問者の質問

スコティッシュとチンチラの混血で耳がたれている猫(14歳)です。数年前から耳たぶの内側に直径5~7ミリ程度のこぶ(丸い形で触ると柔らかみがあります)が3個くらいでき、多少大きくなってきました。触っても痛がったりはしません。近所の獣医の先生からは耳が垂れた猫にはよくあって、耳掃除をよくするしか方法はなく、皮膚の一部なので取り去る手術は年齢的に難しいと言われました。耳が塞がっていないので日常には影響はないと言われていますがセカンドオピニオンをお聞きしたいと思い質問しました。
投稿: 1 年 前.
カテゴリ: 
専門家:  japavet 返答済み 1 年 前.

おはようございます。

ご質問ありがとうございます。

それは心配ですね。

耳にできるものは慢性炎症などによる過形成、良性腫瘍、悪性腫瘍などがあります。

ある程度見た目や触り心地で判断することができますので、おそらく過形成と判断されてそう言われているのだと思います。

私も高齢の子で急速に大きくなるのではなくじわじわ大きくなるものでは、腫瘍よりも過形成などを疑います。

ただし、実際に見てみないとなんとも言えませんので、もし御心配であれば他の病院でも一度見てもらうといいと思います。

やるとすればそのしこりの部分に針を刺して、中の細胞を見るという検査ができます。

猫 についての関連する質問