JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
japavetに今すぐ質問する
japavet
japavet, 獣医師
カテゴリ:
満足したユーザー: 6510
経験:  動物病院勤務歴6年
60306695
ここに 猫 に関する質問を入力してください。
japavetがオンラインで質問受付中

先月17歳の猫の骨髄腫の病状につき相談した者です。

解決済みの質問:

先月17歳の猫の骨髄腫の病状につき相談した者です。
単発性の骨髄腫であろうと診断され、7月末より抗がん剤とステロイドの併用療法を開始しました。
抗がん剤はメルファランというお薬だと思います。教科書的に治療開始しますとおっしゃっていました。初めの6日間は連日服用して、一日空けるを2日行い10日目に再診しました。
歯肉の脹れはひどくはなっていませんでしたが、縮小もしていないように思っていましたが、
やはり先生から合計8日間飲んだにしては改善していないと言われました。採血の数値は貧血は前回と同じくらいで、白血球の値は正常上限くらいでした。
そこで16日間連日投与してみましょうと言われ、15日間抗がん剤とステロイドを服用し先日再診しました。歯肉の脹れは初めあまり変わらなかったのですが後半の一週間で少し大きくなってきているようでした。
鼻が少し引っ張られて若干変形しており瞼の下も脹れているので目もちょっと左右差があります。
眼球の動きには問題なさそうですが涙が時々出ますし、少し粘性の鼻水が出ることがあります。
実際診察時に前回より脹れはひどくなっており、先生も効果が出ていないとおっしゃっていました。
本人は元気はありますし、食欲もあり(ステロイドの影響もあるのでしょうが)体重はむしろ増えてり5.9㎏程あります。先生は、メルファランが効いてないなとおっしゃって薬を変えてみましょうと言われました。
エルアスパラギン酸?というお薬かもう一つ何か名前をおっしゃっていましたが名前は解りません。
最初の病理検査でリンパ腫が疑われていたのでこちらに効く薬の効果を見るのも考えの一つと言われました。
また感染も起こしやすくなっているので2週間効く抗生剤の注射は必要でしょうと言われました。実は、抗がん剤を始める1週間ほど前に熱を出して病院に連れていき(まだ組織の結果がはっきりしていない時でした)
抗生剤の注射と2日に一回のませる水薬の抗炎症剤を処方されたことがあるのですが、
この薬を飲ませた時が一番歯肉の脹れが小さくなったように見えましたので、そのことを伝えたところ
本人の全身状態はいいので試してみる価値はあるでしょうと言われ、
2週間分の抗炎症剤(非ステロイド系の抗炎症剤ということしかわかりません)と抗生剤の注射をしてもらいました。脹れは確実に3週間前より大きくなっています。ほぼ2倍くらいです。
今回の薬はまだ一日しかたっていないのでもちろん変化はありません。よくよく考えてみると抗炎症剤では原因治療にはなっていないので
やはり抗がん剤を試してもらうほうが良いのではないかととても心配になってきました。
この3週間、特に最近の1週間で急に増大したので2週間様子を見たらまだ大きくなるのではと心配でたまりません。
主治医の先生はもちろん様子を見ながら変化あればすぐ連れてきなさいとおっしゃっていますし、とても珍しい病気なので
色々と手探りの状態ですとも正直にお話しして下っています。どのような方法が考えられますでしょうか?
長い文になりましたが、よろしくご教示をお願いします・。
投稿: 11 ヶ月 前.
カテゴリ: 
専門家:  japavet 返答済み 11 ヶ月 前.

再度の質問ありがとうございます。

難しいところですね。

少し情報を整理したいのですが、順番としては

1、非ステロイド性抗炎症薬を飲ませる→小さくなった

2、抗がん剤(メルファラン)とステロイドを飲ませる→大きくなった

3.今の新しいお薬(エルアスパラギン酸?)を一日

ということでしょうか?

それからおそらくエルアスパラギン酸?というのはLアスパラギナーゼと言われる薬でこれは注射でしかないお薬です。

注射で抗がん剤を入れたりはしていませんか?

少状況が複雑ですのでし誤解が生じてしまうとまずいです。

情報の整理にご協力お願いします。

質問者: 返答済み 11 ヶ月 前.
36820;事が遅くなりすいません。昨日は返事ができませんでした。整理しますと
1;7月の初めに組織検査のための腫瘤を少し切除した際に術後の痛み止めとして非ステロイド系の水薬の抗炎症剤の処方と
  また感染の兆候もあり抗生剤の注射をしてもらい、一時腫瘤が傷とともに小さくなり周囲の粘膜の発赤もきれいになったことがありました。2;腫瘤が良性のものではなさそうなので(このときリンパ腫が疑われるが病理診断としてはまだはっきりとはしていない)
  ステロイドの抗炎症剤を先行して2週間ほど服用開始した。3;組織の結果がはっきり出る前に熱を出し、また傷口周囲の歯肉が発赤強くなってきており受診して
  抗生剤の注射と非ステロイド系の抗炎症剤を処方してもらいまでました。(ステロイドは一時休薬)
  熱が下がり一時粘膜の発赤がほとんどなくなり脹れも目立たなくなった。
  この時は主治医の先生に会えず代診の先生でした組織の結果は出ておりリンパ腫ではなさそうとの結果を代診の先生から聞きました4;その後(1週間ほど経過後と思います)確定診断のための追加の組織検査の染色検査の結果を聞きに行ったところ
  骨髄腫が最も疑われるためメタフォルミンを開始しました。
  病理の検査も病理医の先生方が数人でずいぶん検討してくださったように様に聞きました。5;7月末から計3週間メタフォルミンとステロイドの服用をしましたが、はじめは変化なかったが(良くも悪くもならない)3週目に入り
  急に脹れがひどくなり腫瘤の大きさが2倍くらいになった。6;主治医の先生がメタフォルミンの効果が感じられないので、他の抗がん剤に変更してみましょうとおっしゃったので、
 7月初めからの一連の経過の中で一番脹れが引いて粘膜の発赤が薄くなったのは抗生剤の注射と非ステロイドの抗炎症剤を飲んだ後のよう に思うと感想述べたところ、全身状態が良好なので抗がん剤を試す前に非ステロイドの炎症を試してみる価値はあるとおっしゃり
 今飲んでいるのは非ステロイド系の抗炎症剤です。抗生剤の注射もしてもらっています。
7;2回飲みました。腫瘤の変化はほとんどありません。昨日くしゃみを何度かしていて夜膿性の鼻水が出ていました。
 食欲はそれほど変わりありませんが、ステロイドをやめたせいか一回に食べる量が若干少なくなったかもしれません。抗炎症剤は原因治療ではないので本当に様子を見ていいか心配になってきました。
メタフォルミンを飲んでいても3週目の1週間で急に大きくなってきたので本当に心配です。
専門家:  japavet 返答済み 11 ヶ月 前.

すいません、念のための確認ですが、メタフォルミンではなくメルファランでよろしいですか?

質問者: 返答済み 11 ヶ月 前.
12399;いすいません。メルファランだと思います。
ただ薬は分包されており名前は解りません。
薬袋には抗がん剤としか書いてありません。手袋着用で触るように言われました。
専門家:  japavet 返答済み 11 ヶ月 前.

返信ありがとうございます。

まず、メルファランが効かない場合は、

1.骨髄腫でない

2.骨髄腫ではあるがメルファランが効かない

の2種類が考えられます。

最初に書いた通り、単発性の骨髄腫というのは非常に珍しいです。

全身に出て来る多発性骨髄腫の中の一つの症状として口に腫瘍ができるということであればわかりますが、骨髄に異常がなくて骨髄腫が口にできるというのはかなり稀です。

ですので、メルファランが効かないという可能性があります。

また、骨髄腫だから100%メルファランが効くというものでもないので、ただメルファランが効きにくい骨髄腫である可能性もあります。

それから、非ステロイド性抗炎症薬は抗がん剤ではありませんが、最近はある程度の抗がん作用があることが分かってきています。

がん細胞は自分のところに栄養を呼び込むために血管を作る因子を出していますが、非ステロイド性抗炎症薬がその因子をブロックして血管を抑えてしまうため、癌が成長できなくなるという作用によるものです。

ですので、もしかすると非ステロイド性抗炎症薬の方があっている可能性がありますので、そのまま続けるのは絶対に悪いということではありません。

それから、最初に書いてあったようにLアスパラギナーゼを使うのも一つの方法です。

これは副作用がほとんどなく、効き目が強く、リンパ腫かどうかの鑑別に使ってみるという試験的治療にも用いることのできる薬です。

もしこれを打って小さくなるようであればリンパ腫の可能性が高いので、リンパ腫の治療へ進んでいくのもいいかと思います。

骨髄腫は比較的珍しい部類に入る腫瘍であり、他のがんとの鑑別がまだ100%できないこともあります。

ですので、私は今のまま様子を見るのも悪くはないと思いますし、Lアスパラギナーゼによる試験的治療をしてみるtのもいいと思います。

質問者: 返答済み 11 ヶ月 前.
japavet先生ありがとうございます。
非ステロイドの抗炎症剤の抗がん作用の効能につきお聞き出来てとてもすっきりしました(涙が出そうなくらいうれしかったです)。
まだ腫瘍がごく小さい大豆大くらいだったのですが確かにこの薬で縮小した時期があったので理由がわからず混乱していました。今は1㎝超くらいで増大傾向にあるのでもしかしたら前回みたいに目に見える改善はできないかもしれないですが、
非ステロイドにそのようん作用がありこの仔に効く可能性もありそうなのでもう少し様子を見ようという気持ちになりました。
先生のお話を聞かなかったら今日にでも連れていこうかと思っていましたが短い期間で治療をあれこれ変えるのも負担になるのでは?
でも治療が遅れたら余計に薬の効きが悪くなるのでは?もしかしたら癌じゃないのかもなどとかいろいろ考え本当に混乱していました。主治医の先生もLアスパラギナーゼそれほど恐れなくていいとおしゃっていましたが、やはり抗がん剤なので年も年だし副作用が心配でした。
2週間分の非ステロイド抗炎症剤をもらっていますが、1週間効果を見て前回のような改善が内容だったら薬を変更してもらおうと
決心がつきました。また、Lアスパラギナーゼの効果も期待できそうでいろいろと試せる余地があると希望も持てました。
ありがとうございます。また経過を報告してご相談します。
専門家:  japavet 返答済み 11 ヶ月 前.

そうですね。

それでいいと思いますよ。

治療方針を完全に決めることは難しいと思いますので、状況によって主治医の先生と相談して決めていってください。

うまく合う治療法があるといいですね。

お大事にしてください。

japavetをはじめその他名の猫カテゴリの専門家が質問受付中

猫 についての関連する質問