JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
japavetに今すぐ質問する
japavet
japavet, 獣医師
カテゴリ:
満足したユーザー: 6510
経験:  動物病院勤務歴6年
60306695
ここに 猫 に関する質問を入力してください。
japavetがオンラインで質問受付中

今年六月十日、後ろ足一本欠損した野良母猫が子猫を連れ近づいてきました。子猫は大きな声で泣いていましたが、逆に足取りは弱弱

質問者の質問

今年六月十日、後ろ足一本欠損した野良母猫が子猫を連れ近づいてきました。子猫は大きな声で泣いていましたが、逆に足取りは弱弱しく、足元で痙攣を起こし倒れ込みました。診察してくれた獣医さんからは、脳の機能障害かも知れないが検査をしないと分からない、その場合、随分と費用が掛ると言われました。
生死に関わるかと病院には連れて来たが、母子家庭で経済的に余裕がなく、一時保護し里親を探すつもりだと説明したところ、最小限の治療で点滴を進められ、病院で高栄養食を買い家に連れ帰りました。
3日目夜、また痙攣を起こし元気がなくなったので、夜間診療の病院に連れて行きました。ウィルス検査(ウィルスなし)栄養不良、低血糖で痙攣を起こしている可能性もある、一晩付きりで体の保温、猫専用ミルクを2~3時間で与え、痙攣時ブドウ糖を与えました。
結局手放せず一緒に生活していますが、やはりダッシュで突然走り出し、ぐるぐる勢いよく回ります。口から泡を吹き倒れ込み痙攣を起こします。一分~三分と時間はまちまちですが人間が抑えると軽く短く済むような気がします。癲癇でしょうか。また通院が続くとなると月額大よそいくら位掛るものなのでしょうか。
投稿: 1 年 前.
カテゴリ: 
専門家:  japavet 返答済み 1 年 前.

こんにちは。

ご質問ありがとうございます。

それは心配ですね。

正直なところ病気によっても違いますし、同じ病気でも重症度によって変わってきますので、いくらかかりますということは難しいのが実際のところです。

まず、可能性のある病気としては

1.てんかん

2.脳炎もしくは脳の低形成などの先天性脳疾患

3.先天性肝不全(門脈シャント)

などになります。

ただし、てんかんの典型的な症状ではなく、2あるいは3の可能性が高いと思います。

3は血液検査で比較的わかりやすいので、血液検査はしてもらった方がいいでしょう。

必要な血液検査で5000円前後あれば行えることが多いですし、低血糖やそのほかの異常もわかります。

脳疾患であればやれることはステロイドや抗けいれん薬などとなり、薬代だけでいえばそれほど高くありません。ただし、状態が悪ければ毎日の通院や入院が必要になったり点滴や注射が必要になります。

もし入院になれば基本的に一日1万円以上はかかりますし、通院でも1日数千円はかかります。

薬でうまくコントロールできれば月1,2万円でも行けることもあります。

3の肝疾患の場合は根本的な治療は手術が必要なケースが多いです。

手術となるとその費用だけで、20~30万くらいかかることも多いです。

内科的治療を行うこともありますが、その場合は薬や食事療法などが必要で、脳の疾患よりは少し高くなることが多いです。

うまく薬でコントロールできれば月に一回の通院などで、薬代と合計して安くてもやはり2万円前後は月にかかってくるのではないかと思います。

てんかんであれば、落ち着いてしまえば3カ月や6カ月に一度の通院出隅薬代もかなり安いので、月1万円以内ということも可能な場合があります。

とにかく何をしてよいかわからず、夜間にもいかないといけないのであれば余計に費用は掛かってしまいます。

脳の検査はかなり費用が掛かってしまいますし現実的ではないですが、必要最低限の血液検査はしておいた方が今後のためにもいいのではないかと思います。

質問者: 返答済み 1 年 前.
26089;々に回答いただき有難うございました。生後1.5か月野良だったからなのか、余り懐かず捕まえたり抱っこができません。
防御しないと此方も怪我をしてしまうので、まず籠を購入し何とか追い込み、今週末には病院に連れて行きたいと思います。料金の目安も教えていただけたので、少し安心して連れて行けそうです。有難うございました。
専門家:  japavet 返答済み 1 年 前.

そうですね。

それができるといいと思います。

それから、費用に関してはあくまで概算であり、病院によって異なります。

診察室で費用の話をするのをためらわれる飼い主さんはいらっしゃいますが、その話をしても全く問題はありませんし、それで気分を害する獣医師は基本的にはいません。

受付で聞いても診察してみないとわからないと言われるだけですが、診察室でこの検査をしたらいくらかかるということをお話しすることはできますので、やはり診察してもらう病院で聞くのが一番確実ではあります。

何とかいい方法が見つかるといいですね。

お大事にどうぞ。

専門家:  japavet 返答済み 1 年 前.

他にご質問があれば返信ください。

もしご質問を終了される際には必ず下記の注意事項を遵守してください。

終了の仕方がわからない場合は、絶対に放置せずこちらまで返信いただくようお願いいたします。

専門家:  japavet 返答済み 1 年 前.

猫 についての関連する質問