JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
japavetに今すぐ質問する
japavet
japavet, 獣医師
カテゴリ:
満足したユーザー: 6510
経験:  動物病院勤務歴6年
60306695
ここに 猫 に関する質問を入力してください。
japavetがオンラインで質問受付中

一暮らし(女)ロシアンブルー♀5歳11カ月と暮らしています。先日突然執拗に私に威嚇攻撃してきました。心当たりとしては先日

解決済みの質問:

一暮らし(女)ロシアンブルー♀5歳11カ月と暮らしています。先日突然執拗に私に威嚇攻撃してきました。心当たりとしては先日カーペットで爪を研いでいた猫の爪が引っ掛かり大声を上げで泣いていたので威嚇されながらも無理やり爪を切った依頼度々威嚇するようになり今回はいくらなだめても収まらず、週末に家事をまとめてしたい私は少しイラっとして猫にティッシュボックスを投げつけたり(当りはしませんでした)クッションでまくしたてたりしてしまいました。丸二日おしっこをしてなかったのを思い出して何か病気かと思い獣医さんに連れて行き尿検査をしてもらいおしっこも出してもらいました。検査結果は異常なしでした。帰宅するといつものように甘えん坊に戻りましたが、ご飯を食べてる時に私が後ろを通ると低いうなり声を立ててきました。その日もいつもどおり一緒のベッドで寝ました。今朝は猫が先に起きていて私が洗面所に顔を洗いにいくと猫がいて突然あかりがついて私が入ってきてびっくりしたんでしょうか?また威嚇してきて私はキッチンへ避難しましたがキッチンにきてケージの中から(キッチンにケージがあってトイレがあります)低い声でうなってきました。ちょうどご飯の時間だったので「ご飯だね~」っといってご飯の入ってる扉をひらいたら
うなり声からいつもの猫なで声になって摺り寄ってきていつもの愛猫に戻りました。
私も短期が部分があってすぐイライラしてしまって愛猫と遊ぶ時間も愛猫がおもちゃに飛びつくのに時間がかかったりするとイラっとして「遊ばないのね!」っていって遊びを止めてしまい。
蔑にしてたと思います。ホントは遊びたかったのかもしれません。
帰宅して玄関でお出迎え→私の肩にのってすりすりゴロゴロ、夜は寝る時間に一緒にベッドいって朝までぐっすりと以前とあまり変わりませんが唯一私の膝の上で寝たりとかはしなくなりました。
私も猫に刺激を与えないように大きな音をたてたりビックリさせる行動は気をつけています。
遊びも猫が望む限り付き合っています。でもまたいつ豹変するかわからず困っています。
分譲マンション2LDKと狭いので顔を合わさない生活も無理です。多分私がストレスを与えてしまったことが原因だと思うのですがよい対処法を教えていただけたらありがたいです
投稿: 1 年 前.
カテゴリ: 
専門家:  japavet 返答済み 1 年 前.

こんにちわ。

ご質問ありがとうございます。

それは心配ですね。

突然凶暴性や攻撃性が出てしまう猫ちゃんは実は珍しくないです。

病院へ行った時は相談はしていますか?

質問者: 返答済み 1 年 前.
12373;っそく回答ありがとうございます。
はい相談しました。急に凶暴になった事と思い当たる節はカーペットに爪が引っ掛かった時の事を話しました。ティッシュを投げた事などは話してません。おしっこが出てないのでそのせいで攻撃してるのか別の病気なのかと獣医さんにはいいました。お腹の毛が舐めて薄くなってしまっているのも
相談しまして、この日は体調不良で八つ当たりの可能性のあるということでおしっこが出やすい薬と食物アレルギーのご飯をもらって帰りました。
専門家:  japavet 返答済み 1 年 前.

返信ありがとうございます。

多大回答を作成していますので、30分ほどお待ちください。

質問者: 返答済み 1 年 前.
12354;りがとうございます
ダメな飼い主だと反省しております
専門家:  japavet 返答済み 1 年 前.

返信遅くなりました。

まず、先ほども書いた通り、突然そういったことに寝るネコちゃんは少なくありません。

原因は不明ですが、犬にはなく、猫だけの特徴のようです。

原因はほとんどが何らかの恐怖体験(痛みや喧嘩、怖い思いなど)によるものです。

これは原因が何だったかにあまり関わらず、同じような凶暴性や攻撃性が出てきます。

ですので、なかには飼い主さんが何もしていなくても、外で喧嘩をしてきてからそうなったということもあります。

基本的には恐怖心や不安感を取ってあげることが最優先になりますので、ストレスをかけない意味でも

1.大きな音を出さない

2.触るときはゆっくりと自然に(緊張感も伝わります)

3.なんらか攻撃性が出る時の特徴がわかればそれを避ける(たとえばごはん中、後ろから触った時、寝ているときなど)

4.フェリウェイ(精神安定のフェロモン)の使用

5.精神安定剤の使用

などが上げられます。

特に4のフェリウェイは副作用もないですし、部屋にスプレーしたり、拡散させたりするだけで効果は結構ある子が多いのでお勧めです。それが効かなければ5になるでしょう。

とにかく今の状態が一時的ですむよう、できるだけ早めにできるだけのことをしてあげることをお勧めします。

japavetをはじめその他名の猫カテゴリの専門家が質問受付中

猫 についての関連する質問