JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
japavetに今すぐ質問する
japavet
japavet, 獣医師
カテゴリ:
満足したユーザー: 6510
経験:  動物病院勤務歴6年
60306695
ここに 猫 に関する質問を入力してください。
japavetがオンラインで質問受付中

相談お願いします。6月初旬子猫拾いました。生後1か月位だと思います。400グラム位でした。餌も食べ排泄もトイレで自力で出

解決済みの質問:

相談お願いします。6月初旬子猫拾いました。生後1か月位だと思います。400グラム位でした。餌も食べ排泄もトイレで自力で出来ました。ところが2日目に両目が目ヤニで
くっついてしまいました。鼻もぐじゅぐじゅしくしゃみもしていたので数日後病院に行ったところ親ねこから感染したのでしょうといわれ3日連続で注射インターキャット1本と皮下注射2本合計3本しました。点眼薬はオフロキサシンという目薬が出ました。ところがあまり良くなりませんでした。注射をした日から餌を食べなくなり体重が380グラムになり先生が言うには流動食やミルクをあげ体力をつけ自己免疫力を上げることが1番の治療法ということでしたのでシリンジで餌をあげつづけてます。主訴は結膜炎により癒着してしまったことです。右目は完全にふさがってしまいました。左目は膜が覆った状態ですが目じりに少しの穴が空いてるのでそこから涙も出て目薬も入るようです。爪楊枝位の穴です。右目は1度パンパンに腫れ上がりどうしようもなくなり病院につれていこうしたら猫本人が手でこすり爪が刺さったらしく大量の濁った涙が出てきました。直ぐ先生にみてもらいましたが何もしてくれずまたオフロキサシン目薬がでたたけでした。外科的治療はできませんか?と質問しましたが虚勢手術と同時に切開する場合がありますが全身麻酔をかけられる大きさにならないとできませんと言われました。生後6か月で3キロにならないとダメみたいです。現在風邪のような症状はほぼ治ったような状態で体重650グラムになりましたが右目が2度目の腫れがかなり大きくなっている状態です。今後どのような治療方法があるか教えてください。宜しくお願いします。
投稿: 1 年 前.
カテゴリ: 
専門家:  japavet 返答済み 1 年 前.

おはようございます。

ご質問ありがとうございます。

それは心配ですね。

今は飲み薬はもらっていませんか?

質問者: 返答済み 1 年 前.
39154;み薬は1度もでていません。
専門家:  japavet 返答済み 1 年 前.

返信ありがとうございます。

そうでしたか。

それであれば、まずは飲み薬をもらうのが一番だと思います。

確かにその大きさでの全身麻酔はかなり厳しいです。

3㎏とは言わなくてもやはり1.5~2.0㎏くらいにならないと、麻酔と人工呼吸のための管を喉に入れることすらできませんので、麻酔のリスクがかなり高くなります。

それから目が腫れているとなると結膜炎だけでなく、眼球そのものが感染している可能性が高いです。

目薬だけでは不十分であり、飲み薬が必要です。

小さいから抗生剤が飲めないということはなく、今の状態であれば飲み薬がないと感染が全身に回って危険なことになる可能性も十分に考えらえれます。

今の病院で相談してもらうか、私は一度戦艦度オピニオンを受けに他の病院へ行かれることをお勧めします。

今の病院よりもいい治療ができる可能性が高いのではないかと思います。

専門家:  japavet 返答済み 1 年 前.

マイナス評価をいただいたようですが、具体的に追加で聞きたいことがあれば返信ください

なにが不足しているのか書いていただけませんと、答えようがありませんので。

質問者: 返答済み 12 ヶ月 前.
PCの調子が悪くなり返信遅くなり申訳御座いませんでした。1番聞きたいのは結膜炎のよる癒着の切開手術のことで、動物病院では一般的に行われているのでしょうか?難易度は?方法は?料金は?詳しく知りたいです。かかりつけの先生は手術してもまた戻る可能性があるとのことでした。
また眼球が感染でダメになった場合のことも詳しく教えてください。宜しくお願いします。
質問者: 返答済み 12 ヶ月 前.
29255;目が完全に癒着して腫れてますが、この場合の治療方法詳しく教えてください。宜しくお願いします。
専門家:  japavet 返答済み 12 ヶ月 前.

そうでしたか。

切開手術は普通にやります。

ただし、眼球の感染のコントロールをしないと、切開の意味はありません。

また、切開のみであれば、無麻酔あるいは軽い沈静でも可能であり、時間がたつと切開の意味がありませんし、切開をしても視力の回復は望めません。

治療は

1.眼球の感染をコントロールしつつくっつくたびに切開する

2.眼球の感染がどうしようもない場合は眼球摘出

3.眼球の感染はうまくいったが、眼が委縮してしまった場合はそのまま(いわゆる目がつぶれた状態になります。眼球が縮みそのまま瞼が癒着することが多いです。)

の以上になります。

とにかく感染のコントロールができなければ切開しても眼球自体の感染はどうしようもありません。

もちろん両目ともうまく生き残ってくれるに越したことはありませんが、眼の感染から全身へ菌が回ってしまえば命自体亡くなってしまいます。

しっかり感染をコントロールすることが目だけでなく全身状態の改善にも必須です。

質問者: 返答済み 12 ヶ月 前.
12362;おまかな料金教えてください。宜しくお願いします。
専門家:  japavet 返答済み 12 ヶ月 前.

軽い鎮静で行うのであれば1万円かからないことも多いです。

ただし、眼球摘出になれば麻酔費や点滴、入院などが必要になることがあるので、5万円くらいかかることが多いです。

質問者: 返答済み 12 ヶ月 前.
26178;間がたつと切開の意味がないとはどういうことですか?どのくらいの期間でしょうか?宜しくお願いします。
専門家:  japavet 返答済み 12 ヶ月 前.

すでに眼球と結膜が癒着してしまえばどうすることもできません。

無理にはガスト角膜に傷がついてしまい再生しません。

どのくらいの期間かはその状態によりますが、早ければ1週間、おそくとも1か月結膜がくっついていると難しくなると思います。

専門家:  japavet 返答済み 12 ヶ月 前.

結膜がくっついていない方の眼も膜が張っているというのが、目やになどの膜なのか、角膜が変性して白くなっているのかわかりませんが、もし角膜が編成して白くなっている場合、視力自体の回復が難しい可能性もあります。

もし心配であれば一度眼科の専門の病院でみてもらったほうがいいかもしれませんよ

2016/

japavetをはじめその他名の猫カテゴリの専門家が質問受付中

猫 についての関連する質問