JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
atlus302に今すぐ質問する
atlus302
atlus302, 獣医師
カテゴリ:
満足したユーザー: 1353
経験:  臨床家
84238367
ここに 猫 に関する質問を入力してください。
atlus302がオンラインで質問受付中

2歳の雑種猫(雄)です。 二ヶ月ほど前から肛門に2ミリほどのイボがあり、肥満細胞腫と診断されました。

解決済みの質問:

2歳の雑種猫(雄)です。
二ヶ月ほど前から肛門に2ミリほどのイボがあり、肥満細胞腫と診断されました。
場所が場所だけに全部取り切れないかもしれない、とのこと。
・切除 ・抗ガン治療 ・両方試す
このどれかを選ぶよう言われたのですが、
動揺と不安が大きく、一週間たった今でも決め切れずにいます。
今は普通に元気で食欲も排便も快調ですが、
手術や治療を施すことで長期の不具合が起きるのでは、と…
長生きは望みませんが、
いちばん快適でらくちんに生きていくためには、
どうするのがいちばんいいのでしょうか。
投稿: 1 年 前.
カテゴリ: 
専門家:  atlus302 返答済み 1 年 前.

ご質問ありがとうございます。

犬の場合は、肥満細胞腫は非常に悪性度が高く再発も多いため、相当広範囲にわたっての切除が必要となり予後も厳しいケースが多いです。

しかしながら猫の場合には、比較的局所の切除でも再発しない例が報告されています。

切除せず様子をみると、そのうちに腫瘍が拡大することで便が出なくなるなどの致命的な症状へとつながってしまう可能性や、大きくなってより切除が困難となることが予想されますので、基本的には早期に切除されることをお勧めします。

抗癌剤に関しては、一時的には腫瘍が小さく確認できなくなる事も期待できますが、完治まで持っていけるかは疑問で、再発の恐れもあるため、抗癌剤を単独で行うよりは切除のみという選択の方がより有効だと思われます。

atlus302をはじめその他名の猫カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 1 年 前.
12354;ぁ…明確なお答え、ありがとうございます(>_<)「切除」による痛みや今後の不具合、何より万が一の失敗(括約筋の損傷等)を恐れすぎて決断できずにいました。上記のお言葉を踏まえ、週末に再度病院に御相談してみようと思います。本当にありがとうございました。

猫 についての関連する質問