JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
japavetに今すぐ質問する
japavet
japavet, 獣医師
カテゴリ:
満足したユーザー: 6510
経験:  動物病院勤務歴6年
60306695
ここに 猫 に関する質問を入力してください。
japavetがオンラインで質問受付中

15歳のオス猫(去勢済み、室内飼い)

解決済みの質問:

15歳のオス猫(去勢済み、室内飼い)
既往歴なし、年1の予防摂取以外に通く、丸々して元気ですが、2月中頃から左顎に小さいかさぶたがあるのに気付きました。そこまで気にとめていなかったら 毛づくろい時にひっかいて傷つけてしまうらしく流血→かさぶた形成を繰り返し、傷が大きくなってしまいようやく病院へ。
口内が原因ではなさそうなので、傷付近の毛を少し刈り、処方されたクリーム(ビクタスS MTクリーム)を1日1回塗布するも改善せず、傷も少し大きくなったような…
再度病院へ行き、違う医師が診てくれて、傷にプレパラートを押し付けて細胞を確認したところ、悪性ではないと。外用薬が効かないので、体内からやってみようと、ステロイド系副腎ホルモン剤だったか…(白、ピンクの小さな錠剤二種類。ピンクの方はいきなりやめるのではなく、徐々に減らして与える必要があるとのことで、2週目からは1日おきで与えるよう言われました)…飲み薬に切り替えるも(投薬中はエリザベスは食事以外は基本常時装着していました)、傷は盛り上がっている状態=肉芽形成で再生しかけている、組織球腫(口頭で聞いたのみ)だろうから放っておいても治るだろうという見立ても、2週間続けて改善なし。後半は、薬を嫌がり口に放り込むとそれまで食べたエサを嘔吐する始末。
その後来院した時には、手術して取らないと治らないと言われました。
高齢だし全身麻酔を伴うので、判断はおまかせしますと、今はまだ悩んでいます。クリーム塗布は続けていますが、気休め程度です。
そこへ、反対側の口の付け根と顎の真ん中あたりに、最初にできたような新たなかさぶたを数日前に発見。飛び火しているし、腫瘍の一種かなと心配です。週末にまた病院へ行こうと思いますが、行きつけの所からは取るには手術しかないと言われているし、別の猫専門病院にも診てもらったほうがいいのでしょうか。
投稿: 1 年 前.
カテゴリ: 
専門家:  japavet 返答済み 1 年 前.

こんばんわ。

ご質問ありがとうございます。

あごにそのようなかさぶたができる場合には、歯の根元が膿んでいる場合が多いですが、歯が悪いことはないですか?

また、組織球腫はあまり猫ちゃんには発生しませんし、高齢だとなおさら少ないです。特に細胞の検査は検査センターには出してもらっていませんか?

質問者: 返答済み 1 年 前.
26368;初の診断では、歯に異常があるとは言われませんでしたし、見た感じも膿んでいる様子はありません。しかし、1度も歯石取りをしたことが無いので、悪くなっているかもしれません。
細胞センターでちゃんと検査したわけではなく、小さい病院ですが院内の設備で五分くらいで調べていたものです。
専門家:  japavet 返答済み 1 年 前.

返信ありがとうございます。

やはり写真からは歯からくるものが一番怪しいのではないかと思います。

ステロイド剤は消炎作用はありますが、免疫を抑えてしまうことがあるので、歯槽膿漏などは余計にひどくなるケースもあります。

場合によってはステロイドによって、他の部位の可能がひどくなり、他の部位も同じようにかさぶたができた可能性もあります。

腫瘍は転移をするものもありますが、リンパ節や肺に転移をすることは多くても、皮膚に播種するような形で転移することは稀です。

猫専門の病院がいいというわけではありませんが、他の大きめの病院でセカンドオピニオンを受けられた方がいいでしょう。

「組織球腫(口頭で聞いたのみ)だろうから放っておいても治るだろうという見立て」というのは高齢の猫ちゃんであればかなり疑問のある見立てだと思います。

japavetをはじめその他名の猫カテゴリの専門家が質問受付中

猫 についての関連する質問