JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
japavetに今すぐ質問する
japavet
japavet, 獣医師
カテゴリ:
満足したユーザー: 6510
経験:  動物病院勤務歴6年
60306695
ここに 猫 に関する質問を入力してください。
japavetがオンラインで質問受付中

我が家の雄猫について。 質問は現在5歳の雄猫。雑種。猫エイズ陰性。 完全室内飼育。

質問者の質問

我が家の雄猫について。
質問は現在5歳の雄猫。雑種。猫エイズ陰性。
完全室内飼育。
4月後半くらいからなんとなく元気がない様子だったのですが、ご飯はしっかり食べるし
もともとおとなしい子だったので様子を見ていました。
しかし5月後半くらいにあまり食事を食べなくなり、病院にいったところ白血球が通常の倍くらいだと言われ抗生物質を出していただきました。
しかし抗生物質を4日ほど飲んでも回復せず、まったく食事をしなくなり元気もなくなりました。
また病院に行ったところステロイドを打ってもらい抗生物質も続けました。
ステロイドを打ってもらってからはご飯もよく食べ、元気でしたが5日ほどしてまた元気がなくなり
ました。
病院でステロイドの注射を打ってもらい抗生物質の投薬はやめて、ステロイドの飲み薬をもらいました。
そこからまた回復したのですが4日ほどしてから荒い呼吸をするようになりました。
病院に行き、ステロイド。
そこから回復し、また4日ほどしてから今度は痙攣。トイレもいかず垂れ流し状態。
顔を上げることもできず歩くこともできなくなりました。(抱えて立たせてもそのまま横に倒れる)
しかし、ステロイドを打ってもらうと数日ですがピタッと治るのです。
獣医さんも、原因がわからないといっておりました。
今は症状が出るたび、ステロイドを打ってもらい自宅でもステロイドの経口薬朝晩1錠ずつ使っています。
が、打ってもらうステロイドの量も経口薬もどんどん増えており、出てくる症状もどんどん悪化しているように思います。
数日前に、獣医さんと話してこれでステロイドの注射は最後にしようと言うことになりました。
今は元気にしていますがまた、痙攣をおこし動けず衰弱していくのかと思うと…しかもただそれを見ていなければならないかと思うと…
あまりにもがき苦しむような様子に獣医さんとは、最悪の場合安楽死も…と話しをしていますが、苦しそうな状態から、驚くほど元気になるので、「もしかして頑張れば元気になるのでは…」と、決断も出来ずにおります。
気になる症状
痙攣(チック、眼球震盪、手足をピンと伸ばす、両足をばたつかせ暴れる)よだれ、舌を出して口を閉じれない、歩けない、首を触ると痛がるような顔をする(口をいーッというような形にします。頸椎を痛めた?というような可能性も言われましたが、この症状もステロイド注射後なくなる)
上記症状はステロイドを打ってしばらくするとどれも治ります。
ステロイドは最初は注射一本ですぐに元気になっていましたが最近は2日続けて注射してようやく3日目の朝に徐々に歩けるようになり3日目の夜には通常通りになっているといった感じで効きがかなり悪くなっているように感じます。
ちなみに他に2匹の猫がおり、仲良くしていますがこの2匹は変わった様子はなく元気です。
一体、彼の体に何が起きているのか…解決策とは言えないまでも治療の可能性や症状の緩和策などあれば教えていただきたいです。
わかりにくい質問で申し訳ありませんがどうか、回答お願いします。
以下、体調が悪い時の詳細をメモしたものを貼っておきます。
6月13日 朝から病院 免疫系統の異常の可能性
ステロイドの注射をしてもらう
今後、2-3日おきに体調が悪くなる前にステロイドの経口投薬で様子をみることになった。
6月16日 朝に元気がなく食事もとらないのでステロイドと抗性物質を飲ませる
夜にはぐったりして動かなくなる。
前足を伸ばし首を上に反らす。
眼球振蕩が見られる。
6月17日 そのまま朝まで動かず、朝になると口を開けて呼吸するようになる。
病院に行く途中に失禁。
ステロイドを打ってもらい帰宅。
帰宅後、手足をばたつかせて呻きながらもがく。
しばらくして、昨夜と同様の姿勢で固まる。
13時頃、失禁
14時頃から目をつぶるようになる
15時ごろには触ってもほとんど反応しなくなる。
17時半ごろ 急に頭をあげる。もしやと思い缶詰を出すと音に反応したので少しだけやるとしゃがんだまま食べた。
食べ終わると、しゃがみこみ急にニャッと言いながら頭をあげる。そしてまた下げてまた急にニャッと言いながらあげるを繰り返す。
周りを見渡し鳴くなどする。このとき眼球振蕩。
抱えてトイレに行かせたが立つことが出来ず、数歩で横に倒れる。力が入ってないように見える。
18時半ごろ 自力で寝床から出ようとするが失敗。体を支えてやるとトイレへ。おしっこをする。
その後、廊下で横になる。体を支えていないと歩くことが出来ない。フラツキは特に後ろ足が酷い様子。手を放すとバタンと倒れる。
21時半   しきりに後ろ足を舐め続ける。撫でると立ち上がり、ふらつきながらも自力で近くに設置したトイレへ。
おしっこをする。食べない飲まない割りに前回も今回もちょっと量が多い気がする。
6月18日 朝になるとよろけながらも歩くようになる。
カリカリを食べる。少し回復したように見える。
11時半に病院へ。ステロイドの注射を打ってもらう。
飲み薬をもらう。一日二回。朝夜半錠ずつ。
6月19日  ふらつきもなくなる。食事もよく食べ元気な様子。
6月20日 3時ごろ おしっこ
8時半ごろ おしっこ
朝ご飯を食べた後、肩をたたくなど催促してきたので追加であげた。
そのあとお水を飲んでリビングで寝る
6月23日 19時ごろ  晩御飯。よく食べた。
20時ごろ 晩御飯のあとのお薬を飲ませようとするがかなり嫌がる。
無理やり飲ませたがえずいて出される。それでも無理に飲ませたところ呼吸が荒くなり元気がなくなる。
しばらくして呼吸は落ち着くが元気がない。あまり動かなかったが30分ほど目を離したらうんちをしており、トイレの横に
ジッとしていた。目をあまり開けない。
6月24日 朝から病院へ。ステロイドの注射を打ってもらうが状態は変わらず。
この日の朝から自力でトイレへ行くこともできず垂れ流し状態。
6月25日 しゃっくりのように体がピクピクする。チックらしく痙攣の一種だといわれた。
またステロイドを打ってもらう。病院の帰り呻くように鳴く。
6月26日 朝になるとよろけながらも食事をとるようになる。
昼には通常の様子にもどる
現在   変わった様子なし
投稿: 1 年 前.
カテゴリ: 
専門家:  japavet 返答済み 1 年 前.

こんにちわ。

ご質問ありがとうございます。

それは心配ですね。

血液検査の結果をもう少し詳しく教えていただけますか?

可能であれば検査結果を写真で添付してください。

それから白血球の中には好中球やリンパ球などがありますが、どの成分が増えていたのかわかりますか?

また、発熱はないですか?

診断名は不明なのでしょうか?

詳しく書いていただいていますが、もう少し検査結果の情報をお願いします。

質問者: 返答済み 1 年 前.
26908;査結果の写真を二枚に分けて添付しました。
見にくいと思いますがよろしくお願いします。病院に行くたびに検温はしてもらっていますが毎回熱はないといわれます。
診断は、免疫疾患かなぁ…という程度ではっきりとは分からないとの事でした。
専門家:  japavet 返答済み 1 年 前.

返信ありがとうございます。

ここには白血球の分画(リンパ球や好中球など)が載っていませんが、それはわからないのでしょうか?

質問者: 返答済み 1 年 前.
38914;いた検査結果には添付した写真のことしか記されておりませんでしたので、白血球の分画などについてはちょっと分からないです。
専門家:  japavet 返答済み 1 年 前.

そうですか。

返信ありがとうございます。

白血球はどの成分が高いかが重要ですので、そう白血球数が高いというだけで何か言えることは実はないのですが、その症状から風邪ではないことは確かです。

ステロイドに非常に反応がいい神経症状となると一番疑わしいのは、脳炎や脳腫瘍です。

これらではステロイドを使うことにより炎症が収まったり、腫瘍の圧迫が少しましになると症状が改善するということを繰り返します。

他にもいくつが病気は考えられるのですが、そこまでステロイドに反応していることを考えると、やはりその2つが非常に怪しいと思われます。

根本的な治療はできないかもしれませんが、今後の治療方針を決めるために一番いい方法はMRIをとることです。

ただし、これは全身麻酔が必要であり、費用も高いので、しっかりとそれまでにある程度他の病気の可能性がほとんどない状態にしておく必要があります。

ですので、私は他の病院でセカンドオピニオンを受けてもらった方がいいと思います。

そこでもやはり内臓に異常がなく、脳が疑われるとなった場合は、MRIを撮るかもしくはステロイドでそのまま様子を見るかどちらかになります。

今のままよくわからないけれどステロイドを使っておこうという状態だと、どんどん効かなくなって手遅れになってしまう可能性もあります。

もしかするとステロイドしか方法がないのかもしれませんが、白血球の分画を見ることで、白血病やリンパ腫の骨髄転移など、MRIを撮らなくても診断できる病気が発見されるかもしれません、

質問者: 返答済み 1 年 前.
22238;答ありがとうございます。
脳炎や脳腫瘍についてはかかりつけ医からも可能性があると言われたのですが、費用面と病院嫌いな子ということもあり
踏み切れずにいます。セカンドオピニオンについても検討してみようと思います。
ありがとうございました。

猫 についての関連する質問