JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
wantaroに今すぐ質問する
wantaro
wantaro, 獣医師
カテゴリ:
満足したユーザー: 5270
経験:  小動物臨床10年
61996574
ここに 猫 に関する質問を入力してください。
wantaroがオンラインで質問受付中

雑種(アメショーと和猫のミックス)、11歳の女の子です。完全室内飼育です。(1)2か月前ぐらいから「くしゃみ・目ヤニ」が

解決済みの質問:

雑種(アメショーと和猫のミックス)、11歳の女の子です。完全室内飼育です。(1)2か月前ぐらいから「くしゃみ・目ヤニ」があり、病院に連れて行ったところウイルス性の猫カゼとの診断でインターフェロン注射とクラビット点眼点鼻を実施し症状が大きく改善、(2)ところが目ヤニは完治したものの1週間ぐらいするとまたくしゃみが出るので通院しクラビット点眼点鼻と吸引を行うと回復するがくしゃみは完治せず、(3)念のため頭部レントゲンで腫瘍のようなものがないか確認するが所見なし、(4)最近になって後足の裏側や爪の間を痒そうになめることが増え後足裏側の皮膚が赤くなってきている、(5)そういえばくしゃみが出だしたころから気のせいか目のまわりがうっすら赤くなっているような気がしている、といった状況です。食欲は普通通り、体重もこの2か月間3.55kgで変化なし。素人ながら、アレルギー性の皮膚炎を疑っているのですが、いかがでしょうか。いい治療法はありますでしょうか。大変臆病で、家では点眼・点鼻も難しいです。よろしくアドバイスお願いします。武蔵野市・吉沢
投稿: 1 年 前.
カテゴリ: 
専門家:  wantaro 返答済み 1 年 前.

アレルギー性皮膚炎を疑うとのことですが、食餌やおやつが変わったなどはありましたか?

質問者: 返答済み 1 年 前.
12362;せわになります。食事の変更はありません。もともと食の細い子ですが、食生活は安定しており、シニア猫用のドライ(Royal Canan)にウエット(缶詰)を少し乗せたものを朝夕2度規則正しく食べており、銘柄もずっとかえていません。たまに草を食べたがるので、庭に生えている単子葉の葉っぱを食べさせることがあったのですが、ウイルス性猫カゼを疑われてからは、それもやめています。現状は、(1)2か月前にインターフェロン注射とクラビット点眼点鼻を行ってから目やにの症状は完治、(2)くしゃみはたまに「くしゃん・くしゃん」と連続してするが、気が付くのは日に2-3回程度、なでてやってゴロゴロ言い出した時などにする、(3)食欲は普通、(4)この1週間ぐらい後足の裏側(人間的には太ももの裏側あたり)がピンク色になっており舌で毛づくろいしている、(5)気のせいか目の周りが少しピンク色に見える、というところです。もともと、過去に2-3度、目やにが出たことがあり、その時にはクラビット点眼ですぐに治っていました(とはいえ、なかなか点眼させてくれず、病院に連れて行って点眼してもらっていました)。完全室内飼育です。この子のほかに、オス(13歳)とメス(11歳・姉妹)がいますがすべて完全室内飼育です。一点気になっているのが、ノミ・ダニ対策。実は、完全室内飼育ということもあり、この7-8年はフロントラインを接種させていません。前回、病院に行ってきたときにフロントラインをもらってきたのですが、点眼点鼻をしていたこともあって、接種させていません。したほうがいいでしょうか。吉沢
専門家:  wantaro 返答済み 1 年 前.

まずは感染症の疑いを完全に消すことから始めるのが、この状況では良いでしょう

おそらくは呼吸器系によく効くビブラマイシンやニューキノロン系の抗生剤や消炎剤を飲みつつ、ネブライザーなどを行うのが妥当でしょう

それでも改善しない場合にはアレルギーも考えられるので、今まで食べているものでも免疫力低下などで症状が突然に出るのは

人間の花粉症などでもあるようにあり得ますから、まずは食餌を低アレルギー食のヒルズのz/dと水だけを2週間与えてみる

それで改善するなら食餌アレルギーが疑われるので、アレルギー検査をして、その結果をもとに食餌を選ぶ

反応がないならアトピーの疑いがあるので、ステロイドを使ってみるのが治療方針となるでしょう

専門家:  wantaro 返答済み 1 年 前.

フロントラインはつけても大丈夫だと思います

質問者: 返答済み 1 年 前.
Wantro先生、大変丁寧なご回答ありがとうございます。いただきましたアドバイスの通り原因の可能性を切り分けて、まずは感染症を想定した抗生剤・消炎剤の投与と、ネブライザを病院にて行ってもらおうと考えています。これまでも、通院のたびにネブライザを実施してもらっていたのですが、症状が軽くなっているように思えます。そのうえで改善が見られないのであれば、食餌療法も考えてみたいと思います。ただ、その治療方針の切り替えの見極めが難しいですね。たとえば「くしゃみは完全には消えないが、皮膚炎も少し痒がるけど悪化はせず落ち着いており、食欲や体重も変化がない」といったいわゆる小康状態においては、感染症の疑いを消してアレルギー治療に移行することが正しいのか、悩ましいように思えます。あまり食餌療法やステロイドといった方向にはいきたくないのですが、いかがでしょうか。そのあたりの見極め判断をどう考えるべきか、ご教示いただければ幸いです。吉沢
専門家:  wantaro 返答済み 1 年 前.

その辺りの見極めは非常に難しいので、担当医と相談してもらうしかないと思います

食餌アレルギーとアトピー両方の疑いもあったりしますので、ケースバイケースで対応していくしかないと思います

wantaroをはじめその他名の猫カテゴリの専門家が質問受付中

猫 についての関連する質問