JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
japavetに今すぐ質問する
japavet
japavet, 獣医師
カテゴリ:
満足したユーザー: 6510
経験:  動物病院勤務歴6年
60306695
ここに 猫 に関する質問を入力してください。
japavetがオンラインで質問受付中

アドバイスを宜しくお願いします。 メインクーン12歳♂

解決済みの質問:

アドバイスを宜しくお願いします。
メインクーン12歳♂
4月の中頃に後ろ足の微妙なふらつきに気がつき、かかりつけの獣医さんに診て頂いた時は血液検査異常無し老化から?との診断でしたが、日を追うごとにふらつき感が目立ち始めたのでレントゲンも撮って頂いきましたが骨折等はなく、神経系だとMRIを撮らないと判断出来ないと言うことで5/3に大阪ネオベッツVRセンターでレントゲン・MRI・CTを撮って頂いて腰椎部の骨髄腫(骨への浸潤あり)と診断され猫は特に症例が少ないとお聞きしました。
治療では無く抗癌剤を選ぶために手術で骨髄を採取する方法とステロイド投薬の二者択一でしたが、我が家は多頭(5匹)飼いで隔離やトイレを別にする事が不可能なのと治療ではない大きな手術で負担をかけたくなかったのでステロイド投薬に決めました。
予後1ヶ月から半年との宣告を受けましたが、5/3の夜から1日一回プレドニン5mgを1.5錠の投薬が始まり下肢の麻痺が改善され普通に生活が送れています。
ステロイドの副作用の経過を診るために6/3に血液検査をしましたが、Glu・GPT共異常無し、BUNが42と少し高めでした。
骨髄腫と宣告されて1ヶ月思いもよらぬ経過の中、少しでも長くと期待して、悩む選択ですがステロイドの副作用を減らすために、6/3よりプレドニンを1錠と1/4錠に減らしました。
ただ免疫力が落ちているのか、5月半ばから下痢になり抗生物質(エンロクリア)とビオフェルミンを服用後すぐに普通便になるのですが止めると下痢になり、数日様子を見て再服用の繰り返しですが、もう少し様子を見て継続服用にするか判断する事になっています。
長くなりましたが、予後を出来るだけ快適に長く過ごさせてあげたく免疫力向上や腫瘍の進行を遅らせられるサプリメント等を探しているのですが、色々あって悩んでいます。
良きアドバイス宜しくお願いします。
投稿: 1 年 前.
カテゴリ: 
専門家:  japavet 返答済み 1 年 前.

こんにちわ。

ご質問ありがとうございます。

そうですか。それは心配ですね。

正直本当にサプリメントなどが効くのは不明です。

ある程度エビデンスのあるものとしては

アガリーペットなどのアガリクス

Dフラクションなどのマイタケエキスです。

これらは免疫力向上作用や消炎作用がありますので、ガンの進行を抑えるだけでなく、元気な状態を維持しながら生活できるというメリットもあります。

質問者: 返答済み 1 年 前.
12420;はり、私の気休めにしか過ぎないのでしょうかね?
丁度一年前にこの子の父親を14歳8ヶ月で見送りました。下痢から始まり急性膵炎になった夜中に
3年前は母親が多発性皮膚型リンパ腫で僅か1ヶ月でした。
いつも模索するばかりで
アガリスクは一般的ですよね
イムファンやβグルカンとかはどうなんでしょうか?
質問者: 返答済み 1 年 前.
12524;ンチコップやコルディMなどもどうなんでしょうか?
あくまでサプリメントでしょうが、臨床例や効果の報告とか如何ですか?
専門家:  japavet 返答済み 1 年 前.

返信遅くなり申し訳ありません。

イムファンやβグルカンの成分はほとんどDフラクションと同じです。

それであればDフラクションはかなり昔からつかわれており、メジャーなものですので、品質の面からはDフラクションをお勧めします。

それからレンチコップやコルディMなどは少し違うもののようですね。

正直これらのサプリメントに関しては臨床例や降下報告はどれもあります。

ただし、臨床試験と言って、使った動物と使っていない動物での比較がされておりませんので、実際にサプリに効果があったのか、たまたま効果のあるように見えたのかは不明です。

コルディMは比較的エビデンスのしっかりした論文が出ているようですので、試してみる価値はあるようです。

気休めというよりは、リスクがなく、効く可能性があるものというくらいに考えておいた方がいいでしょう。

薬のようにそれを飲めば確実に効果があってそれに頼れるというものではないと思ってもらっていいでしょう。

質問者: 返答済み 1 年 前.
12469;プリメントについては、先生のおっしゃられるように思っております。
しかし健康維持のために使用するのではなく、藁にもすがる思いで使用する場合は勿論個体差も有るでしょうが出来る限り良い効果の出る物をと思ってしまいます。ネット上には色々な経験談が載っていますが、本当ところ悩むばかりです。そう言ったことから、獣医師の経験やお薦めとするサプリメントを教えて頂きたくご相談させて頂きました。
うちの子が先生の患者だったら、何を薦めて頂けますか?
専門家:  japavet 返答済み 1 年 前.

私はDフラクションをお勧めします。

最初に書いてある通り、ある程度抗がん作用がある可能性はあります(ただし、それをあてにするほど効果の強いものではないので、効いてくれたらいいなという程度の期待にしておいた方がいいという意味です)。

それから、わたしはコルディMを使ったことがないですが、他に使うならコルディMかと思います。

違う成分なので併用しても効果はあるでしょう。

japavetをはじめその他名の猫カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 1 年 前.
36933;くまでありがとう御座いました。
検討してみます。
専門家:  japavet 返答済み 1 年 前.

はい、そうしてください。

少しでも元気で長生きしてくれるといいですね。

お大事にしてください。

猫 についての関連する質問