JustAnswer のしくみ:

  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。

japavetに今すぐ質問する

japavet
japavet, 獣医師
カテゴリ:
満足したユーザー: 6510
経験:  動物病院勤務歴6年
60306695
ここに 猫 に関する質問を入力してください。
japavetがオンラインで質問受付中

猫11歳♂(虚勢済)、B型リンパ腫(前縦隔、ステージ5、FeLV陰性)と診断され、7日ごと5回のプロトコールで抗がん

解決済みの質問:

猫11歳♂(虚勢済)、B型リンパ腫(前縦隔、ステージ5、FeLV陰性)と診断され、7日ごと5回のプロトコールで抗がん剤治療をしました。プレドニゾロンを毎日服用しながら、初回Lアスパラキナーゼ、2回目ビンクリスチンを接種しましたが、2回目の接種が脱水のため点滴後になって1日遅れ、担当獣医師の診察曜日が限られているため、3回目サイクロホスファミド接種を1日前倒して副作用のリスクをとるか、1週延ばして癌進行のリスクをとるか問われ、ステージ5なので癌進行が恐くて前者を選択しました。しかし当日血液検査で貧血が進んだ(HCT24.1→19.6)と言われ、原因が癌か副作用かわからないので1週延期して様子を見ると言われました。副作用のリスクを選択したはずなのにと納得できない気持ちでしたが十分な説明はなく、私もその時は疑問をうまく整理して伝えることができず、先生がそう言うのだから延期してもそれほどリスクはないのだろうと自分を無理矢理納得させるしかありませんでした。7日後貧血がさらに進み(→HCT16.6)、接種するには輸血せざるを得なくなりました。延期したことで白血球は増えましたが(5000→6600)輸血で減り(→5700)、それ以外はほぼ悪化し、癌も復活した状態での接種になりました。後で聞いたり調べたりしたところ、HCT19.6を含めて検査値は延期するほど悪いものではなさそうでしたし、体調も悪くありませんでした。ステージ5の猫にとって7日経って良くなる期待よりも悪化しないかの不安ははるかに大きいものでした。4回目ビンクリスチンも輸血後の接種になり、白血球が減って5回目ドキソルビシンに進めず癌が復活して亡くなりました。そのとき毎週予定どおりに接種できる場合と延期になる場合では格段に効果が違うとこの獣医師から言われ、じゃあなぜあの時延期したのかと思いました。他にも、初めは接種にはHCT20は欲しいとか、20という値しか聞いていなかったのに後には18、19でも可能と言ったり、貧血の原因が分からないから延期したはずなのに後に「原因は癌のことが多い」と言ったり、その時々で話が変わることにも不満を覚えます。こうした状況の中、あの時延期するのとしないのとではどちらがリスクが大きかったのか、もし延期しなかったら、、、という思いを消せません。飼い主の疑問や不安に応えようという姿勢が感じられないことにも不信感が募ります。お忙しいところお手数ですがご意見を頂けますか。
投稿: 8 ヶ月 前.
カテゴリ: 
専門家:  japavet 返答済み 8 ヶ月 前.
こんばんわ。ご質問ありがとうございます。それはおつらい思いをされましたね。まずはご冥福をお祈りいたします。 まず確かにそれくらいの貧血の数値であれば、数値自体は延期するほどではないです。ただ、それが徐々に減ってきたものなのか、一気に減り始めているものなのかによって判断は大きく異なり、後者であれば、抗がん剤後に一気に調子を崩してそのままなくなってしまう可能性もあります。どちらかというのは経過を見ないとわからないので、週に1度しか診察日がなかったのであれば、やってすぐに調子を崩して亡くなってしまうリスクではなく、悪化するリスクを取っても延期したのだと思います。これは結果論になってしまいますので、正直成果とか間違いということはできません。おそらく、すぐにやっていた方が結果が良かった可能性は高いですが、それは今だから言えることです。また、サイクロホスファマイドを早めに使っていた場合に副作用で余計に早く亡くなってしまった可能性というのもあります。 それから、話が不十分だったということに関しては、あまりよくなかったことであると思います。結果が良ければ、飼い主さんとの会話が少なくても問題ないことが多いですが、やはり調子が悪くなるようなリスクがいろいろある場合は、しっかり話をしたうえで、飼い主さんの同意を取るインフォームドコンセントは今は動物病院でも常識です。大きい病院だから仕方ないとか、専門医だから話を聞かないということは全くありません。ただし、それが落ち度と言えるかと言えば難しいというのが実情ではあります。 週に一回しか見れないような専門家に診てもらう場合には、やはりスケジュールが困難なことがあります。今更にはなってしまいますが、抗がん剤をうまく使える一般病院は少なくなく、そういった病院で診てもらえば診察が頻繁にしてもらえ、長生きできた可能性はあるかと思います。 重ねてご冥福お祈りいたします。
質問者: 返答済み 8 ヶ月 前.
迅速にご回答くださりありがとうございました。あの延期の時に、混乱した頭を整理するため、次回疑問があったときに根拠を示して質問するために
作成したexcelファイルを添付します。3つの病院での血液検査のデータをまとめたものに診察の大まかな流れを記載したものです。
このデータから先ほどの質問についてもう一度ご検討頂けないでしょうか。
延期と言われたとき私の手元には3/26、3/31、4/21の3データしかなく、ソースが違うので単純には比較できないと思いますが、
ヘマトクリットを見ると、3/26-31の抗癌剤なしの5日間の低下が5.7、2度の抗癌剤接種を含む21日間の低下が3とだけ認識していました。
このことから副作用でなく癌が原因である可能性が高いのではないかと言えればよかったのですが、3/26-31の低下が大きいとだけ訴えたものの、
とにかく来週とのことで取り合ってもらえなかい感じでした。不安な中、前回のような脱水だけでも避けようと近くの病院で点滴を受けました。
4/27に推移のデータを頂き、3/31-4/7抗癌剤なしの期間は逆に上昇していたことがわかり、4/14-21の低下が大きいと判断されたのではないかということが後から想像できましたが、延期の時にこの推移のデータで説明してくださったらもう少し納得できたかもしれないとも思いました。でも、
4/14-21の低下がそこまで大きいとも思えず、こちらは前回の診察で選択させられて副作用のリスクを覚悟していたので、ほとんど一方的な延期は肩すかしを食らった感じでした。診察の後タクシーで帰りかけましたが、やはりもう一度話を聞かないと後悔しそうと病院に戻り、
たまたま受付に先生がいらっしゃって、でも[何ですか]と言われてうまく説明できなかった自分が悔しいです。今更こうして質問しても
猫が戻るわけではありませんが、この問題に自分なりに納得できないと自分の気持ちに整理がつかないかもしれません。うがった見方ですが、
あの延期は、病気で亡くなるならともかく、抗癌剤の副作用で異常が起きる事態だけは先生が避けたかったのではないかとさえ考えてしまいます。
責任とりたくない、面倒な質問されたくないというお気持が言葉や態度の端々に感じられるというのが私、長男、長女の先生の共通の印象です。
結局前述のように、さらに悪化した状態で輸血後の3回目接種となり、4回目接種の際にはその病院で対応できるドナー猫がいないため、
また貧血だった時に備えてドナー猫を探しておいてくださいと言われました。Webで調べてもドナー猫は少なく、無理難題だと思いましたが、
比較的近くに輸血に対応してくださる動物病院が見つかり、接種前日にそこで検査して貧血なら輸血してもらうことでしぶしぶ了解を得ました
(この時HCTの限界値を確認すればよかったのですが)。検査の結果はHCT18.3でその病院の先生なら輸血なしで打つとおっしゃって前の先生に確認したいようでしたが、休みで連絡がつかず、私は「少なくとも20」と何度か聞いていたので、輸血して頂くことにしました
(後で先生から「19, 18でも可能」という言葉を聞き、それなら輸血しないで良かったの?との疑問を抱くことになります)。
相性かもしれませんが、(獣)医師との間に信頼関係がないと、こんなにももやもやするものだとわかりました。ご回答にあるように、
「サイクロホスファマイドを早めに使っていた場合に副作用で余計に早く亡くなってしまった」場合、もっとすっきりしたのか、
そうしたリスクを覚悟したとは言えもっとつらかったのかはわかりませんが、、、
でも一番つらかったのは猫だから、痛い苦しい思いをしながらたくさんたくさん頑張った猫にありがとう、そしてお疲れ様と言いました。
お忙しいところ申し訳ございませんがよろしくお願い致します。
質問者: 返答済み 8 ヶ月 前.
うがった見方ですが、~共通の印象です。」の内容は不適切でした。申し訳ございません。削除したいです。
専門家:  japavet 返答済み 8 ヶ月 前.
詳しい結果を診せていただきました。 確かに延期をしなくてもよかった可能性はあります。ただし、通常、抗がん剤が効いて見た目の腫瘍も小さくなってきた場合、貧血も徐々に回復あるいは、回復しなくても下げ止まることが多いです。ですので、それが下がってきたとなると抗がん剤の副作用を疑うということは自然なことではあります。どのくらいなら大丈夫という数字の基準はなく(もちろん10%以下であればまずしませんが)、状況によっては15%くらいでもやることもありますし、20%を超えていても様子を見たりすることはあります。特に、ビンクリスチンでかなり小さくなったのであれば、そのまま効果が持続してくれることを期待して念のため延期することもあります(その場合は私は毎日診察できるのであれば3日後くらいに再検査で状況で判断することは多いですが)。可能な限りプロトコール通りにというのはセオリーではありますが、その子や飼い主さんに合わせて極力副作用の出にくいように抗がん剤を使うことも多いです(飼い主の考えや猫ちゃんに合わせるのはインフォームドコンセントの基本的な考え方です) 私はコミュニケーションがうまく取れていなかったことは問題だとは思いますが、経過を考えた場合に、結果論でなくて、何か治療内容自体に問題があるとか、もしほかの方法を取っていたら1か月以上長く元気でいきれたということはないのではないかと思います。
質問者: 返答済み 8 ヶ月 前.
ありがとうございます。あの時前倒し接種するという選択肢はなかったのかがずっと疑問でしたので、おかげで大分整理できました。
このもやもやは、おっしゃるとおりコミュニケーション不足、不十分な「インフォームドコンセント」への疑問であろうと気付きました。
何より大きいのは、3回目接種の延期に納得できていなかったことです。副作用のリスクと癌進行のリスクの選択を迫られて前者を選んだはず
なのに、一方的に後者のリスクを負わされたことへの疑問です。だから、接種していたらという思いが強くなったのだと思います。
1日前倒しと1週間延期の両方のリスクとメリットをもっと詳しく説明して頂き、こちらの気持ちも聞いて頂きたかったと思います。
あの状況で1週間は長いです。おっしゃるように「3日後くらいに再検査で状況で判断」して頂くことができる環境なら本当によかったです。
今回のご回答について1つ伺います。「もしほかの方法を取っていたら1か月以上長く元気でいきれたということはないのではないかと思います」
とありますが、このお言葉は、あの時の自分を悔やんでいる私の気持ちを救うために人としての思いやりから出たものでしょうか。
それとも前回添付した詳細データ等に基づいて、どうがんばってもこの程度であろうという獣医師としての専門的なご判断でしょうか。
あるいは別の意味でしょうか。お忙しいところたびたび申し訳ございませんが、よろしくお願い致します。
専門家:  japavet 返答済み 8 ヶ月 前.
返信ありがとうございます。 「もしほかの方法を取っていたら1か月以上長く元気でいきれたということはないのではないかと思います」というのはそういったデータがあるわけではないですが、あくまで私の経験と、様々なデータを考えるとということです。 猫ちゃんのリンパ腫はどのような治療をしたら何か月というデータが出ていますが、それはあくまで8-9割の子がそこに入りますというものです。どのような治療をしても進行が速すぎて追いつかないという場合や、完治してしまったのでは?と考えるほど、再発しない子もいます(その子はリンパ腫と細胞診で診断されて抗がん剤治療で完全寛解したのち、無治療で現在3年以上再発なしで生きています)。ですので、いい方にも悪い方にも例外が出てきてしまいます。経過を見ているとビンクリスチン以降の抗がん剤がほとんど効かなくなったような感じを受けます。それは単に1週間延期したことで抗がん剤が効きにくくなったというよりは、抗がん剤に非常に耐性の強い、もしくはそれにもまして増殖力が強いリンパ腫であることが想像されます。ですので、その時に抗がん剤をしてさらにリンパ腫が縮んでいたとしても、それが数週間以上持続するのは考えにくいのではないかと感じるのです。 抗がん剤をプロトコール通りにやれるのとやれないので効果に差が出てくることはありますが、1週間伸びてしまったことで、その後1か月持たずに亡くなってしまう子が、うまくやったら数か月頑張れるということはまれだと考えます。 もちろんこれはあくまで私の意見ですし、実際どうなったのかはわからないことではありますが。
japavet, 獣医師
カテゴリ:
満足したユーザー: 6510
経験: 動物病院勤務歴6年
japavetをはじめその他名の猫カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 8 ヶ月 前.
迅速なご回答ありがとうございます。よくわかりました。お忙しい中乱文・長文をお読みくださり、詳細データもご検討くださり、何度もご回答くださり、本当に感謝いたします。今回はお礼のみですのでお返事は不要です。余談ですが、子供の頃獣医になりたいと思っていた時期があります。なぜか真逆のコンピュータ関係になりましたが、、、。先生のますますのご活躍とご健康をお祈りいたします。ありがとうございました。

ユーザーの声:

 
 
 
  • 命が危ないから、すぐ病院に生きなさい、とご指導頂き、直ちに夜間診療に走り、尿道結石、並びに膀胱炎で、重篤な病状が見つかり、一命を取り止めました。本当に嬉しかったです。本日退院予定です。有難うございました。先生が、すぐ病院へ、とご指導して下さらなかったら、一日延ばしていたと思います。背中を押して下さった先生に大感謝です。 岐阜県大垣市 清水
< 前へ | 次へ >
  • 命が危ないから、すぐ病院に生きなさい、とご指導頂き、直ちに夜間診療に走り、尿道結石、並びに膀胱炎で、重篤な病状が見つかり、一命を取り止めました。本当に嬉しかったです。本日退院予定です。有難うございました。先生が、すぐ病院へ、とご指導して下さらなかったら、一日延ばしていたと思います。背中を押して下さった先生に大感謝です。 岐阜県大垣市 清水
  • 貴重なセカンドオピニオンをいただいた。 かかりつけ医師の診断結果を鵜呑みにしていたらペットは衰弱して死んでいた。このサイトでアドバイスを受けて、遠くでも良い医師の診断を受ける選択肢があることを知った。 今回のケースではギリギリ手遅れにならずに手術を受けることになった。地元に医師を軽んずる訳ではないが、別の専門医の意見を聞くことは重要と痛感した。 このサイトに出会えて良かった。かかりつけ医師の診断方法、投与薬、診断結果から技術不足を見抜いた。結局レントゲンをすれば原因はすぐわかることだったが、思い込みから実施しなかったと思われる。 いずれにせよ、このサイトの先生のアドバイスは納得のいく説明であった。 大阪府 別所
  • 緊急性があるな!!って思ったら仕事休んでも、夜の救急病院にでも行くと思いますが、あれ…!!何か様子がちょっと変か も…の状態が続き、仕事も忙しく、とにかく病院に 連れて行くのが大変!!!どうしようか迷いながら心配で仕事していても落ち着かない、もう一匹が病院に かかり2日間で五万、六万とお金がかかったばか り。そんな時ネットで調べていて、こ ちらにお世話になりました。救急では無く今の状態が飼い主の私自身が納得したかった。明け方でも夜中でも親切に対応して頂きそしていろんな症状も想定され納得しました。安心して仕事に出掛けれました。ありがとうございました。何かの時はまた利用させて頂きます。 東京都 藤田
  • まずは親身になって回答をして頂ける専門家であったこと。説明が簡潔でわかりやすく、質問者が気持ちの整理をしやすい配慮が伺えた。 岐阜県 石川
  • 短時間で的確なアドバイスを受けることができ、かつ、回答に対する質問に対しても直ちに真摯な回答が得られました。 大阪府高槻市 川嶋
  • 専門知識のある経験豊富な方に出会う機会のない人でも、このサイトで実現出来ることは素晴らしいことだと思いました。 専門家が辛抱強く回答をしてくださる姿勢にも感謝いたしました。 茨城県日立市 池田
 
 
 

専門家の紹介:

 
 
 
  • yasuyuki

    yasuyuki

    獣医師

    満足した利用者:

    207
    北里大院卒獣医学修士臨床経験20年以上
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/YA/yasuyuki/2011-8-27_24733_SN3A0090.64x64.JPG yasuyuki さんのアバター

    yasuyuki

    獣医師

    満足した利用者:

    207
    北里大院卒獣医学修士臨床経験20年以上
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/SH/shiratamaah/2011-8-29_12220_DSC0870.64x64.jpg shiratama_ah さんのアバター

    shiratama_ah

    獣医師

    満足した利用者:

    18
    勤務医として副院長を務めた後、都内で往診専門の動物病院を開院いたしました。
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/SP/spacevet1/2011-11-6_141713_2011kt.64x64.png 高橋 賢 さんのアバター

    高橋 賢

    獣医師、医学博士

    満足した利用者:

    11
    医学研究歴11年
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/LO/loverai0210/2011-9-6_22472_shirtF1.64x64.JPG loverai0210 さんのアバター

    loverai0210

    獣医師

    満足した利用者:

    676
    動物病院に勤務しています。主に犬猫の質問を受け付けております。
  • /img/opt/shirt.png japavet さんのアバター

    japavet

    獣医師

    満足した利用者:

    1497
    動物病院勤務歴6年
  • /img/opt/shirt.png issafd3s さんのアバター

    issafd3s

    獣医師

    満足した利用者:

    777
    北海道大学獣医学部卒業
  • /img/opt/shirt.png arinko さんのアバター

    arinko

    獣医師

    満足した利用者:

    68
    コンパニオンアニマルの臨床医療を16年しています。
 
 
 

猫 についての関連する質問