JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
japavetに今すぐ質問する
japavet
japavet, 獣医師
カテゴリ:
満足したユーザー: 6510
経験:  動物病院勤務歴6年
60306695
ここに 猫 に関する質問を入力してください。
japavetがオンラインで質問受付中

6、7歳の雌で避妊済みのスコティッシュです。気になっていることが2つあります。①この5月に入り食欲が激減していること

解決済みの質問:

6、7歳の雌で避妊済みのスコティッシュです。気になっていることが2つあります。①この5月に入り食欲が激減していること、②ソファやテーブルなど高いところに登る際に足を踏み外すことが多くなったことです。
もともとかなり臆病で私と主人にしか気を許さない小心者で、友人が来てもフーッと怒り病院に行けば獣医さんも私も手が出せないほど興奮してしまう子です。今年1月に私達夫婦に子どもが生まれたことや4月に引っ越しをして環境がガラッと変わってしまったこともストレスになっていると感じています。
①食事については普段はドライのロイヤルカナンを食べていましたがこの2、3日は一口くらいしか食べようとしません。ウェットタイプを水に溶かして少し食べるのと、猫用のカニカマは数口食べられます。このまま様子をみてよいのでしょうか。②高いところに登ろうとして落ちることは2、3日に1度くらい見られるようになりました。後ろ足が元々すこし内股です。身体や足を触っても嫌がったり痛そうにしたり、怒ったりはしません。考えられることとどのくらい様子を見て良いか、それと通院もかなりの体力消耗とストレスになるので何か良い工夫などがあれば教えていただきたいです。
投稿: 1 年 前.
カテゴリ: 
専門家:  japavet 返答済み 1 年 前.
こんばんわ。ご質問ありがとうございます。水をたくさん飲むようになったり尿が増えたということはないですか?首の皮膚をつまんで戻りが1秒以上かかるということはありますか?
質問者: 返答済み 1 年 前.
お水の飲み方も減り、尿の回数も減っています。首の皮膚の戻りもいつもとかわりないようです。
専門家:  japavet 返答済み 1 年 前.
返信ありがとうございます。中年以降の猫ちゃんでは糖尿や腎不全が多くそれらでは多飲多尿が出ますのでお伺いしましたがそれはないようですね。(糖尿では後ろ足が弱くなることがあります)また、首の皮膚の戻りが遅い場合は脱水が疑われますが、それもなさそうですね。 後はあるとすれば肝不全や心不全、それから見えない部分(胸やおなかの中)の腫瘍、関節炎なども疑われます。普通の子であれば病院へ行くことをお勧めしますが事情が事情だけに病院へ行くことで余計に調子を崩すということも考えられます。取りあえず、脱水のチェックはしっかりしてもらって脱水が出てくる場合にはすぐに病院へ行った方がいいでしょう。それから、食欲がほぼ0%になった場合、50%以下が4,5日続く場合、嘔吐が出てくる場合、呼吸が荒くなる場合などは病院へ行く指標になるかと思います。 お家でできるのはやはり食事の工夫(温めてにおいをよくする、またたびをかけるなど)、環境の工夫(できるだけ以前の環境に近付けるなど)になるかと思います。
質問者: 返答済み 1 年 前.
丁寧なお返事とご説明をありがとうございます。
まだ、オウチで様子を見ても良さそうなので少し安心しました。引き続き、食事や水分がとれるような工夫と、前の家と同じような配置や猫が安心できるよう臭いが残るものをおくなど環境への配慮もしていきたいと思います。
脱水症状の確認は首後ろの皮膚の戻り具合の他に何か目安になることはありますか?
専門家:  japavet 返答済み 1 年 前.
そうですね。臭いなどは重要ですのでいいと思います。 それから脱水具合は他には目の落ち窪みも出てくることがあります。注意してみているとわかることがあります。鼻の湿り具合は一貫性はないですが、多少の参考にはなります。
japavetをはじめその他名の猫カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 1 年 前.
ありがとうございます。
首の後ろをさわってみたり、よくよくお顔や表情を見て変化に気づいてあげられたらと思います。
ここ数日とても心配で、でも病院にもつれていけずに悩んでいたので、気持ちが少し楽になりました。ご丁寧な対応をありがとうございました。
専門家:  japavet 返答済み 1 年 前.
はい、ただのストレスで徐々に改善してくれるといいですね。お大事にどうぞ。 また何かあればご質問ください。

猫 についての関連する質問