JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
japavetに今すぐ質問する
japavet
japavet, 獣医師
カテゴリ:
満足したユーザー: 6510
経験:  動物病院勤務歴6年
60306695
ここに 猫 に関する質問を入力してください。
japavetがオンラインで質問受付中

10歳の雄猫です。 今朝から、左足をかばうようにびっこをしいています。 食欲は普通です。 肉球から、肩までくまなく触り、チェックしましたが キズなどの異常もありませんでした

解決済みの質問:

10歳の雄猫です。
今朝から、左足をかばうようにびっこをしいています。
食欲は普通です。
肉球から、肩までくまなく触り、チェックしましたが
キズなどの異常もありませんでした。
腫れているところもなく、
触っている間、猫は痛がる様子もなく、ゴロゴロいってました。
室内のみで3匹飼っています。
他の子と追いかけっこする時も、びっこをひいていました。
考えられる病気、命に別状の有無を教えてください。
投稿: 1 年 前.
カテゴリ: 
専門家:  japavet 返答済み 1 年 前.
こんばんわ。ご質問ありがとうございます。それは心配ですね。左足というのは前足でよろしいですか?また、左と右と比べて足先の暖かさは同じですか?
質問者: 返答済み 1 年 前.
ありがとうございます。
早速ですが、左足は前足です。
足先の暖かさは同じでした。
専門家:  japavet 返答済み 1 年 前.
返信ありがとうございます。そうですか。 ねこちゃんのびっこで一番怖いのは血栓症です。ネコちゃんは潜在的に心臓が悪い子が少なくなく、その場合、血流が悪化して血栓ができ、それが足の血管に詰まると、びっこになることがあります。ただし、その場合、足先の血流が悪化して足先が冷たくなるので、そうでないとなると血栓症の可能性はかなり低いです。それ以外に命にかかわるようなものはまず考えづらいです。 ほかのびっこの原因としては様々ありますが、痛みがわからないのであれば可能性が高いのはねん挫や打撲などであまり痛みの出ないタイプのものかと思います。とりあえず今晩はそのまま様子を見てもいいでしょう。明日良くなってこなければしっかりした触診やレントゲン検査などが必要になりますので、病院で診てもらったほうがいいでしょう。軽い捻挫であれば通常1日でかなり改善しますので。
質問者: 返答済み 1 年 前.
迅速で解りやすいお返事、ありがとうございました。
今晩はこのまま様子を見ます。
専門家:  japavet 返答済み 1 年 前.
はい、それで大丈夫だと思います。何事もないといいですね。お大事にどうぞ。
japavetをはじめその他名の猫カテゴリの専門家が質問受付中

猫 についての関連する質問