JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
japavetに今すぐ質問する
japavet
japavet, 獣医師
カテゴリ:
満足したユーザー: 6510
経験:  動物病院勤務歴6年
60306695
ここに 猫 に関する質問を入力してください。
japavetがオンラインで質問受付中

13歳の♀の猫について 歯石と歯周病が原因だと思われる口内炎から抜歯手術を受けましたが、複数の心配事があり相談いたします

解決済みの質問:

13歳の♀の猫について
歯石と歯周病が原因だと思われる口内炎から抜歯手術を受けましたが、複数の心配事があり相談いたします。猫は、普段の体重3.1~3.0kg、完全室内飼育、FIV・白血病ともに陰性、
既往症は4歳=免疫介在性の結膜炎(眼軟膏と2種類の目薬で治る)、7歳=アレルギーによるフチに赤みのある丸い脱毛(ステロイド内服5日間で治る)
食欲旺盛で活発なコです。これまでの出来事を時系列で書きます。
1、食欲はあるもの
の食べ始めると口の中が痛む様子で、一旦食べる事をやめてしまう。
症状を見るようになってから1週間ほどで体重が3.0kg→2.8になる。
2.食欲は変わらずあるが、毎度食べ始めると途中で数粒吐き出し食べることを止めるので、ドライフードを水でふやかしてペーストに練ったものとa/d缶を混ぜて与え始める→しっかりとよく食べる。
動物病院にて診察を受け、奥歯の歯を覆うように歯石が付いているものがあり、赤くなった口内炎も複数箇所に見られる。
歯石除去と抜歯のため麻酔をかけての手術を薦められ、後日血液検査と手術を予定し、2週間効いているという抗生剤を(コンベニア)注射しました。
他には、ステロイド内服薬を1日おきに与えるように指示があり、濃い目の肌色の錠剤を1/4に割ったものが7コ出されました。(薬品名聞けず)3、コンベニア注射をうってから6日目に、大きく元気がなくなり暗い場所へ身を潜めたがるようになり、1度に食べきる食餌量が減ったため動物病院へ連絡をしましたが連休中のため連絡がつきません。4、コンベニア注射をうってから7日目に、別の動物病院を訪ねて診察と血液検査を受け、結果が良かったので体力のある今のうちに抜歯手術をしましょうということになり、最初の病院でコンベニアを注射してもらっていることと内服薬の件を何度も伝えてからこの日こちらの病院にて手術を受けました。
最初の動物病院の先生からこの日折り返しの電話を頂きましたが、県外に宿泊を伴う外出をされていて数日間戻れないとのことでしたので、待てないと思ったからです。5、無事に手術が済み、術後の説明や今後についてお話を伺うと、『歯茎を眼科で使う細い糸(溶けない糸とのこと)で縫ってあるが抜糸の必要はない』『毎日抗生剤の注射と口の中の消毒が必要なので最低でも3日できれば5日は通院』と指示がありました。●『歯茎を眼科で使う細い糸(溶けない糸とのこと)で縫ってあるが抜糸の必要はない』
これについて、溶けないならどうなるのかを尋ねると、『切れるなら肉のほうが切れるし大丈夫だから』としか言ってもらえません。
糸が少しずつ歯茎から排除されて猫が吐き出したり便と一緒に出るのでしょうか?
もしもそうならなかったら、残った糸にまた歯石が付いたり炎症をおこしませんか?▲『毎日抗生剤の注射と口の中の消毒が必要なので最低でも3日できれば5日は通院』
これについて、コンベニアは2週間効いているのに何度も別の抗生剤を注射して大丈夫なのかを尋ねると『大丈夫ですよ』とそれ以上教えてもらえませんでした。
本当に大丈夫なんでしょうか?この、●と▲について、ご意見をお聞かせください。
よろしくお願いいたします。
投稿: 1 年 前.
カテゴリ: 
専門家:  japavet 返答済み 1 年 前.
こんばんわ。ご質問ありがとうございます。 まず、糸はそれほど長い間結ばった状態で維持ができないと言われています。おそらくその話だとナイロン糸を使っていると思いますが、かなりツルツルした糸ですので、長くても数カ月で取れてしまうでしょう。もともと生体反応がないように作られていますので感染などは起こしませんし、そこに歯石が付く心配はほとんどないでしょう。 コンベニアと抗生剤の件に関しては特に心配はないでしょう。感染が強いときなどは抗生剤の併用はよくいたします。コンベニアは腎臓に多少負担がありますので、他の抗生剤との併用に関しては場合によっては腎臓に影響する可能性はあるので、心配であれば念のためにもう一度腎臓の血液検査をしておいてもらってもいいでしょう。
質問者: 返答済み 1 年 前.
お返事をありがとうございます。
抗生剤の併用がよくあることとと、糸について、生体反応がないように作られているとのことで非常に安心いたしました。
いきさつ上初めてかかった病院だった事もあり、私側からの信頼がまだ薄くてとても心配でした。まだ気になっているのですが、糸は長くても数ヶ月で取れてしまうだろうとのことについてなのですが、実は、私自身が4年前に親知らずを抜き縫合して頂いたのですが未だに1本分は糸が付いたままなんです。
最近になって結び目らしき部分が表面に出てきてかなり苦になり始めたため、この猫も同じような事になるのではないかと心配です。
人はすぐにでも何とでもできますが猫は口の中が痛むととても短期間に弱るような感じがして、この猫にいつか同様の事が起きたときには老猫だし重大なことになるのではないかと、やや過剰気味だと思うのですが心配してです。
糸が潜って歯茎が治り外れないようになることは、猫の歯茎の場合は心配しなくても良いのですか?
その場合の糸を取る為にまた麻酔をかけることは避けたいです。最初の病院で出して頂いたステロイドは、本日からも1日おきに飲ませても良いのでしょうか?
手術を行った病院からは内服薬は出ていません。(ステロイドの注射もしていません)
専門家:  japavet 返答済み 1 年 前.
返信ありがとうございます。 まず、糸の件に関してですが、正直私はほとんど吸収糸を使うので、非吸収糸の場合にどうかは経験では何とも言えません。どれを使うかは個人の好みだと思いますが、眼科用の糸であれば、おそらく、ずっと結び目が残って問題になるという可能性は低いと思います。細ければ細いほど結び目は弱くなりますので。実際に問題になるということも聞いたことはないです。万が一そうなってしまった場合は確かに麻酔が必要ではあります。。。 それから、ステロイドに関しては、診察していない以上、投薬指示を与えることはできません。ただし、抜歯後に腫れを抑えるために使うことも多く、また容量も高くはないので飲ませても問題ないとは思います。これはあくまで一般的な話なのでできれば今の病院に聞いて飲ませるほうがいいと思います。痛みや腫れがなければ必ずしも必要ではないです。
質問者: 返答済み 1 年 前.
重ねましてお返事をありがとうございます。糸の件に関して、なるほど、とてもわかりやすくて想像しやすいお話をありがとうございました。
ステロイドについても抜歯後の腫れを抑えるために使うこともあるとのことで、理解が深まりました。
自分自身の抜歯+縫合の時には抗生剤と鎮痛剤しか出なかったので、書かれておられるように一般的なお話であったとしても、こうして教えていただけると大変参考になります。
ステロイドについては、本日夕方の診察時に今の病院で尋ねることにします。ありがとうございました。視界がとてもクリアになりました。
またいつかご相談させていただく事もあると思うのですが、今後ともどうぞよろしくお願いいたします。
専門家:  japavet 返答済み 1 年 前.
そういっていただけると幸いです。また何かあればご相談ください。お大事にどうぞ。
japavetをはじめその他名の猫カテゴリの専門家が質問受付中

猫 についての関連する質問