JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
japavetに今すぐ質問する
japavet
japavet, 獣医師
カテゴリ:
満足したユーザー: 6510
経験:  動物病院勤務歴6年
60306695
ここに 猫 に関する質問を入力してください。
japavetがオンラインで質問受付中

簡潔にできず長文になってしまいます。申し訳ございません。 慢性腎不全20才メス腎性高血圧です。8年ほど前クレアチニ

質問者の質問

簡潔にできず長文になってしまいます。申し訳ございません。
慢性腎不全20才メス腎性高血圧です。8年ほど前クレアチニンが2.1になり早めの輸液がいいという事で
3週間に1度通っていました。3年ほど前に突然眼底出血を起こし左目を失明しました。右目は明るさはわかるだろうということでした。その時のクレアチニンは2.3です。出血の1カ月前は3.0でした。その後、フォルテコールとノルバスクを1日1回服用点滴は2週間に1度していました。その2年後血圧が少しまた高めになったとのことでノルバスクが四分の1から二分の1に増えました。
そして去年9月ごろ心音に雑音があるということですぐ抗体ができて効かなくなるけど造血ホルモンを打ちましょうということで2週間おきぐらいに1回エリスロポイエチンを4回打ちました。
3回目4回目は血圧が160を超えて高めと言われました。理由の説明はありませんでした。
5回目の前に(また打つかどうかは初めから何回などの説明はなかったのでわかりません)
急に元気がなくなり食べなくなったので連れて行くといつも通りの輸液と薬剤(何かはよくわかりません)
を皮下輸液しました。さらに数日後今度は右目が真っ赤になっていたので連れて行くとエリスロポイエチンを
打ちました。その時に血液検査はしても意味がないという事で8ヶ月前にしたきりだった血液検査を
してほしいとお願いしました。その後徐々に食べるようになりましたが。それまでより頭の位置が低くなり
手足も踏ん張る力が弱くなりました。今度は10日後くらいにとの事で行った時にもらった検査結果はクレアチニン3.9BUN100PCV20%カリウム2.7でした。3月の時はクレアチニン2.6BUN49PCV22%カリウム3.5でした。その日はまたエリスロポイエチンを打ちました。その後は1回だけ吐いたことを伝えるといつもの
輸液とコンベニアとなっていました。その後もいつも通りの2週間後でいいとの事で、輸液に薬剤を3回
2週間おきに繰り返しました。その2週間後血圧が低めと言われ1週間おきに輸液と言われました。
その後3回目から183、160など血圧が高めでその後148まで落ちました。これがおおよそ最近の状況
です。うまく簡潔にならなくてすみません。いろいろ調べても治療はいろいろあるようでこれでおかしなところは
ないのか疑問を感じています。エリスロポエチンは血液検査をしながらおこなわなくていいのか、カリウムは低くても吐き気止めだけでいいのか、鉄剤、葉酸など摂取しなくて良いのかなど・・・。
お訊ねしても、対処療法しかない、老猫、気休めにしかならないとのお返事なので、あまりしつこく聞くのはと
躊躇してしまいこちらでお教えいただきたく質問させて頂きました。何卒宜しくお願い致します。
投稿: 1 年 前.
カテゴリ: 
専門家:  japavet 返答済み 1 年 前.
こんばんわご質問ありがとうございます。それは心配ですね。 飼い主様の言う通り、エリスロポエチンは通常は血液検査をしながら使うタイミングやユメルタイミングを計ることがほとんどです。明らかに貧血をしている場合で費用がかけられないとか血液検査に異常にストレスがかかるのであれば別ですが、血液検査をしてやらないと使いどきややめ時がきめられませんし、貧血していないのにエリスロポエチンを使えば、意味がないばかりか、血液が濃くなりすぎて血圧が上がってしまうこともあります。 また、カリウムに関しても腎不全の子では低カリウムになることが多く、定期的にモニターしながら点滴の中のカリウム濃度を変える必要があります。頭が低いとかとぼとぼ歩く、元気や食欲がないというのは低カリウムの症状で出てくることが多く、特に頭を垂れているというのは低カリウムに典型的な症状です。 ですので、血液検査をせずに治療を決めるということはあまり薦められません。もちろん必要ない検査はしないというのはいいことですし、もしかすると費用を気にしてやっていないのかもしれませんが、一度その辺りを聞いてみて、必要ないと言われるようであればしっかり検査をしてその結果で治療方針を考えてくれる病院を探した方がいいと思います。
japavetをはじめその他名の猫カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 1 年 前.

ご回答有難うございました。

もやもやしていた気持ちがすっきりしました。

本当に有難うございました。

専門家:  japavet 返答済み 1 年 前.
はい、お大事にしてください。また何かあればいつでも相談してくださいね。

猫 についての関連する質問