JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
japavetに今すぐ質問する
japavet
japavet, 獣医師
カテゴリ:
満足したユーザー: 6510
経験:  動物病院勤務歴6年
60306695
ここに 猫 に関する質問を入力してください。
japavetがオンラインで質問受付中

猫 12歳 オス ソマリ 通常体重6kg→現在4.3kg 昨年末に便の表面と便の上に出血が少しあり、便も柔らか

解決済みの質問:

猫 12歳 オス ソマリ 通常体重6kg→現在4.3kg
昨年末に便の表面と便の上に出血が少しあり、便も柔らかめでした。
病院に連れていき、出血と下痢を止めるお薬を処方され、1週間位でなんとなくおさまりました。
今年の2月位よりまた同じ症状がおき、さらに、便自体がピンク色っぽくふわっとした感じのことがあったり、その時によって便の表面にも血がついていたりしています。
今月中旬に入ってから、急に体重が落ちたのが気になり、26日に病院に連れて行ったら6キロ近くあったのが4.3キロになっていました。
そのせいか、家でくっついて歩いていてUターンした時に後ろ足が少しふらついているように感じることがあります。
食欲は前より増し、あげてもあげてももっとほしいというし、食べるのもすごく早くなっています。
水も前よりカブのみしていて、1日に500mlのペットボトル一本近く飲んでいます。
水を飲んだ後に、水の器に顔を近づけてしばらくフリーズしているのが気になります。
元気が落ちている様子は特にないです。
26日に病院に行った際に検査を進めらました。検便はその際に持参していたのでお願いし、問題ありませんでした。
先生の所見で糖尿、甲状線、腫瘍、色々お話されていましたが、甲状腺は脈拍が早くないので疑いはちょっと消えるかなぁとのことでした。
あとは検査しないとわからないとのことで、血液検査、エコー等進められました。
処置は少し脱水症状があるので、皮下点滴とビタミンなどの注射と、あまり意味はないかもしれないけど、すぐ検査にこれないならと少しでも腸の調子がよくなればと整腸剤をいただきました。
うちの子の場合、どのような検査が必要なのでしょうか。
かかりつけの先生がどこまで検査項目に入れるかなど聞いてくれるのですが、知識がないのでわかりません。
すべてお願いすると5万円ほどかかると言われました。
思い当たる病気やこれはしたほうがいいという検査項目などがあれば教えていただけると助かります。
いきなりの長文で読みづらく申し訳ございませんがよろしくお願い致します。
投稿: 1 年 前.
カテゴリ: 
専門家:  japavet 返答済み 1 年 前.
こんにちわ。
専門家:  japavet 返答済み 1 年 前.
ご質問ありがとうございます
質問者: 返答済み 1 年 前.
お世話になります。
よろしくお願い致します。
まずはメールにてお願いいたしと思います。
専門家:  japavet 返答済み 1 年 前.
はい。まず必要な検査は一般的な血液検査です。
これはすべてやってもおそらく5.6千円くらいで治ります。
これで肝臓や腎臓、糖尿などの鑑別がつきます。
それから、検便も必要です。
顕微鏡で見るような簡単な検査なら1000円もかからないと思います。
遺伝子検査に検査センターに出すと1万円くらいかかります。
検便では寄生虫の有無を見ますが、これは遺伝子検査をしてみないとわかりません。
この2つからかなりわかることは多いのでまずは血液検査と簡単な検便、それで何もなければ詳しい検便をしてもらうことになります。また、それらで異常がない場合やはりレントゲンとエコー検査が必要になります。
それらの検査でおそらく1万5千円くらいかかると思います。
今まで上げた検査で大体35000円から4万円くらいになります。それらをしてもわからない場合は内視鏡という形になります。最初から全ての検査をするというよりは、まずは経済的、肉体的に負担が少なく、必要性の高い検査から順番に行っていきます。
質問者: 返答済み 1 年 前.
検便は受診の際に持参していたのでその場でお願いしで、その場で結果を教えていただき、問題ありませんでした。
(寄生虫なし、パレットみたいなもので色をみて判定するもの(名前は今は覚えていなくてすみません)異常なし)
検便料金は4000円くらいだったかと思います。
質問者: 返答済み 1 年 前.
あと、便には消化不良ぎみの食事が混じっていると言われました。
質問者: 返答済み 1 年 前.
先生のお話からですと優先順位としては、
まずは血液検査(これで肝臓や腎臓、糖尿などの鑑別がつくということですね?)
そして、レントゲン・エコー検査をする。
肉体的に負担が少なく、必要性の高い検査というのは、ここまでの3項目のことでしょうか。
専門家:  japavet 返答済み 1 年 前.
はいほとんど鑑別はつきます。
まずは血液検査と検便で異常がなければ、レントゲンエコーが普通です。
すいません、少し返信遅くなります。
質問者: 返答済み 1 年 前.
こちらも返信がゆっくりになります。申し訳ございません。
先程の回答で1つわからないところがあるのですが、「遺伝子検査に検査センターに出すと1万円くらいかかります。
検便では寄生虫の有無を見ますが、これは遺伝子検査をしてみないとわかりません。」この「遺伝子検査」というのはどういったものなのでしょうか。
場合によっては、かかりつけの先生にお願いしたほうがいい項目かもしれないので、
もう少し詳しく教えていただけますでしょうか。
質問者: 返答済み 1 年 前.
ちなみに、血液検査は小さな病院でもその場で検査をするものなのでしょうか。
実は、大きな病院に行った方がいいのか悩んでいます。
何か病気が見つかり、手術が必要になるということになれば設備が整ったところがいいかと思うのですが、とりあえず検査までは近所に数回通ったことのあるところでと思っているのですが。木曜日に検査の予約も入れてきているので、まずはそこで血液検査とレントゲン・エコーという方向でお願いしてみようかと思っているのですが、どうでしょうか。
専門家:  japavet 返答済み 1 年 前.
返信遅くなりました。まず検便は顕微鏡で異常を見つける検査が一般的ですが、ねこちゃんの寄生虫などは見つかりにくいものが多いです。
パレットみたいなものでやった検査はおそらくジアルジアと言われる寄生虫の検査キットです。
ジアルジアはねこちゃんの下痢や血便に多いものですが、それ以外にもトリトリコモナスはクロストリジウムなどのねこちゃんに悪さをする寄生虫や細菌など10種類くらいのものをまとめて検査できるのが遺伝子検査です。
これをしないと本当に寄生虫などの感染症が大丈夫かどうかはわかりません。また、その検便をしなければ他の検査ができないというわけではないのでもちろんエコーやレントゲン検査を血液検査と同時にしてもらうことは悪いことではありません。
ただし、もし寄生虫などがいればなんの検査をしても異常が出てこないので私はねこちゃんの慢性下痢では必ずしっかりした検便をお勧めします。
質問者: 返答済み 1 年 前.
お忙しいところ、返信ありがとうございました。
おっしゃるとおり、検便で調べたものはジアルジアというものだったと思います。
それとは別に検便で遺伝子検査をするとその他寄生虫・細菌等色々わかるということ、大変参考になりました。
先日の検便で大丈夫だったので安心しきってましたが、検査項目として再度遺伝子検査も考慮してみます。
ただ、うちの子が高齢なのと今でている症状から他の病気ももちろん疑うべきかとも思うので、
今回は負担のかからないように体調も見ながらレントゲン等は決めようと思います。
最後に、先程も少し記載したのですが血液検査までは小さな病院でもその場でキットか何かで調べるものなのでしょうか。
専門家:  japavet 返答済み 1 年 前.
すいません、それを見逃していました。血液検査はほとんどの動物病院はその場で行います。
ただし、古い病院ですとないところもあるかもしれません。
それから甲状腺ホルモンなどの検査は検査センターに送らないとできないことがほとんどです。
質問者: 返答済み 1 年 前.
お忙しいところ、細かい質問にも回答していただきほんとうに助かりました。
いま行っている病院に不満がある等ではないのですが、
少しでも私も勉強して、うちの子のためになればと思い、色々ご相談させていただきました。
犬は30年以上実家で一緒にいたので色々みてきたのですが、ありがたいことに大病もなく最後はみんな老衰で…
今回は主人の連れ猫で、私自身、猫ははじめてなので色々どうしていいものかと。
さらに、地方からの引っ越しのため、いままで行っていた病院に行くこともできず、不安だらけでした。
そんな中こちらのサイトを見つけ、お力をお借りできればと思いました。
あとは重篤な病気になっていないことを祈るばかりです。
この度はほんとうにありがとうございました。
専門家:  japavet 返答済み 1 年 前.
そうですね。
やはりやるべきことは全身をチェックして大きな異常がないかどうかを見ないことには始まりません。
その上で今後の検査や治療を考えてもらいましょう。
悩んでいても進みませんので、負担の少ない検査はしっかりやってもらうべきだと思います。お大事にしてください。
また何かあればご質問くださいね。
最後に必ず下記の注意事項は守っていただくようご協力お願い致します。
japavetをはじめその他名の猫カテゴリの専門家が質問受付中

猫 についての関連する質問