JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
japavetに今すぐ質問する
japavet
japavet, 獣医師
カテゴリ:
満足したユーザー: 6510
経験:  動物病院勤務歴6年
60306695
ここに 猫 に関する質問を入力してください。
japavetがオンラインで質問受付中

こんにちは。閉塞胆管炎の疑いありと診断され、良くなる見込みないから。と点滴治療を止め退院させ自宅に連れて帰っ

質問者の質問

こんにちは。
閉塞胆管炎の疑いありと診断され、良くなる見込みないから。と
点滴治療を止め退院させ自宅に連れて帰ってきたのですが、
本当になす術がないのでしょうか?
一昨日の数値でカリウムが2.4、ビリブリンが11超えでした。
黄疸も出てます。
ご飯は食べず、お水はOS-1を少し薄めて飲ませてます。
他に何かできることはないのでしょうか??
投稿: 1 年 前.
カテゴリ: 
専門家:  japavet 返答済み 1 年 前.
こんにちわ。
ご質問ありがとうございます。入院点滴で治療をしていてもどんどん悪化してきたということですか?また具体的に使った薬の名前などは分かりますか?
質問者: 返答済み 1 年 前.
こちらでわかりますでしょうか??
専門家:  japavet 返答済み 1 年 前.
返信ありがとうございます。
そうですね、大体はわかります。
糖化アルブミンを測っているようですが、糖尿でないのでしょうか?
専門家:  japavet 返答済み 1 年 前.
また、膵臓の機能検査もしていますが膵炎はなかったかわかりますか?
質問者: 返答済み 1 年 前.
糖化アルブミンは35.1でした。
膵特異的リパーゼは3.0とあります。
専門家:  japavet 返答済み 1 年 前.
糖化アルブミン高いですが、血糖値やケトンの数値はわかりますか?
もしできれば写真でさっきのように全ての検査数値を見せてもらえるとありがたいです。
質問者: 返答済み 1 年 前.
退院前の検査結果の書類はもらってなく手元にないんです…
13日の検査結果はこちらです。
専門家:  japavet 返答済み 1 年 前.
返信ありがとうございます。
この結果からは糖尿病で肝臓を悪くしているように思えますが、糖尿病の話は出ていませんか?
またここ1.2カ月のあいだ多飲多尿出会ったということはないですか?
質問者: 返答済み 1 年 前.
一番初めは糖尿の話でしたが、ビリブリンの数値が急に高くなってきてから、
胆管炎の疑いになりました。
多頭飼いしているので、細かく管理できてないのですが、水の減りは早いと感じた時ありました。
点滴治療は妥当でしたか?
専門家:  japavet 返答済み 1 年 前.
返信ありがとうございます。今から回答するので30分ほどお待ちください。
専門家:  japavet 返答済み 1 年 前.
まず、通常、猫ちゃんの糖化アルブミンは20以下が正常です。
一時的なストレスや膵炎などでも血糖値は上がりますが、糖化アルブミンは2週間程度高血糖が続かないと上がりませんので、基本的にそれが上がっていれば糖尿病と考えてもいいでしょう。
今回は30を超えていますし、おそらくもともと糖尿病はあるものともいます。
糖尿があると、脂肪肝を越しやすく、ねこちゃんでは急性の脂肪肝である肝リピドーシスと言われるものが多いので、おそらくそれにより一気にビリルビンが上がったものと思われます。
肝リピドーシスで調べてもらうといろいろ出てくると思います。
基本的に糖尿病でも点滴はしますが、糖尿から来る肝不全で有る場合、糖尿の治療も同時にしていかないと治りません。
確かに胆管肝炎などもあるのかもしれませんが、今のその時点で糖尿の治療を平行せずに打つ手がないという事はありません。
状況的にはかなり厳しい状況だとは思いますが、うまく治療をすれば完全に回復できる可能性も十分あります。
まずは今日にでも大きめの病院でセカンドオピニオンを受けて下さい。
その際に結果もわかるものはすべて持って行ってもらったほうがいいと思います。
おうちで出来ることは確かに経口補水液を飲ませる事ですが、それでは治療にはなりませんので、可能性にかけるなら今日にでもセカンドオピニオンを受けに行かれないと回復の可能性はどんどん下がってしまいます。
早急なセカンドオピニオンを強くお勧めします。
専門家:  japavet 返答済み 1 年 前.
まず、通常、猫ちゃんの糖化アルブミンは20以下が正常です。
一時的なストレスや膵炎などでも血糖値は上がりますが、糖化アルブミンは2週間程度高血糖が続かないと上がりませんので、基本的にそれが上がっていれば糖尿病と考えてもいいでしょう。
今回は30を超えていますし、おそらくもともと糖尿病はあるものともいます。
糖尿があると、脂肪肝を越しやすく、ねこちゃんでは急性の脂肪肝である肝リピドーシスと言われるものが多いので、おそらくそれにより一気にビリルビンが上がったものと思われます。
肝リピドーシスで調べてもらうといろいろ出てくると思います。
基本的に糖尿病でも点滴はしますが、糖尿から来る肝不全で有る場合、糖尿の治療も同時にしていかないと治りません。
確かに胆管肝炎などもあるのかもしれませんが、今のその時点で糖尿の治療を平行せずに打つ手がないという事はありません。
状況的にはかなり厳しい状況だとは思いますが、うまく治療をすれば完全に回復できる可能性も十分あります。
まずは今日にでも大きめの病院でセカンドオピニオンを受けて下さい。
その際に結果もわかるものはすべて持って行ってもらったほうがいいと思います。
おうちで出来ることは確かに経口補水液を飲ませる事ですが、それでは治療にはなりませんので、可能性にかけるなら今日にでもセカンドオピニオンを受けに行かれないと回復の可能性はどんどん下がってしまいます。
早急なセカンドオピニオンを強くお勧めします。
質問者: 返答済み 1 年 前.
アドバイスありがとうございます。
ちなみに、この点滴治療はカリウムと何の点滴になるのでしょうか??
専門家:  japavet 返答済み 1 年 前.
点滴は水分やカリウム、それ以外の電解質や多少ミネラルなど体の中の体液の補正に使います。
肝臓にしても糖尿にしても必須です。
専門家:  japavet 返答済み 1 年 前.
他に聞きたいことはないですか?質問を終了される際には必ず下記の注意事項を守っていただくようご協力お願いします。

猫 についての関連する質問