JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
japavetに今すぐ質問する
japavet
japavet, 獣医師
カテゴリ:
満足したユーザー: 6510
経験:  動物病院勤務歴6年
60306695
ここに 猫 に関する質問を入力してください。
japavetがオンラインで質問受付中

飼い猫メス6才ですが、半年前に新しい子猫が来てから2~3ヶ月で体重が5キロから4キロに減ってしまいました。 ちなみに仲が悪くて、シャーシャー言ってます。 ここ三ヶ月は体重の増減

解決済みの質問:

飼い猫メス6才ですが、半年前に新しい子猫が来てから2~3ヶ月で体重が5キロから4キロに減ってしまいました。
ちなみに仲が悪くて、シャーシャー言ってます。
ここ三ヶ月は体重の増減はありません。
痩せたままです。
また、人間の食べ物を異様にほしがるようになりました。
朝早い時間に、茶色いモノを吐くことも多いです。
投稿: 1 年 前.
カテゴリ: 
専門家:  japavet 返答済み 1 年 前.
こんにちわ。ご質問ありがとうございます。今現在はしっかり食べて体重は減ってからは変化していないということでいいですか?また、具体的に聞きたいことを質問形式で書いていただけますか?
質問者: 返答済み 1 年 前.
食欲はあります。ただ好き嫌いが以前より激しくなったようで、缶詰めを与えようとすると食らいついてくる勢いです。
人間の食べ物(油こいものや魚など)にも手を出してきます。
フライパンに残った油をなめていました。体重が、二割も減ってしまったこと、そして明け方に吐くことが心配です。
専門家:  japavet 返答済み 1 年 前.
返信ありがとうございます。 そうですか。 それほど強い心配はいらないと思います。おそらくストレスで体重が減ったものと思いますし、祖から体重が維持しているのであれば今現在何か病気があるということはないと思います。 ただし、ひとつ気になるのは甲状腺機能亢進症といわれるものがあります。これは甲状腺ホルモンが出すぎるせいで、食欲が増したり、好みが変わる、エネルギーを消費して体重が増えてこないという病気です。間欠的な嘔吐の原因にもなります。 一度甲状腺ホルモンの血中濃度をチェックしてもらったほうがいいかもしれません。もしそれが問題なければ胃薬で様子を見てもいいと思います。症状からは甲状腺機能亢進症以外の病的なものというのはあまり原因として考えにくいです。
質問者: 返答済み 1 年 前.
新しい子猫が来てから、体重がいっぺんに減ってしまいましたので心配しておりました
甲状腺ホルモンの血中濃度のチェックとこれ以上体重が減らないように気をつけて見ていきます。明け方に、吐くことは何か問題をはらんでますか?
(二回ほど続けて吐きます。茶色いドロッとしたモノや水っぽいモノです)
ここ最近頻度が高くて気になっています。
専門家:  japavet 返答済み 1 年 前.
それに関しても先ほど書いたように甲状腺ホルモンがかかわっている可能性が一つです。 あとは明け方はお腹がすいて胃酸が出すぎることがあり、それによって嘔吐をしている可能性があります。胃酸過多から胃が荒れている可能性があります。それが本当にあるかどうかは麻酔をかけて内視鏡をしなければわかりませんが、それであれば胃薬でよくなるので、甲状腺が大丈夫であれば、胃薬を飲ませて様子を見てもいいかと思います。
質問者: 返答済み 1 年 前.
そういえば、以前はよく出来物が出来て、5ミリくらいの血がにじんだ脱毛が背中や後頭部に出来ていました。
しかし、体重がおちてからは、一切出来なくなりました。あんまり関係がないですか?
専門家:  japavet 返答済み 1 年 前.
正直わかりませんが、ストレスによって免疫が低下したりホルモンバランスが崩れてそうなっていた可能性はあります。ただし、今現在なにもないのであれば、それ自体を心配する必要はないと思います。
質問者: 返答済み 1 年 前.
丁寧なご回答ありがとうございました。
ご回答を冷静に読み返し、家族にも伝えたいと思います。
お忙しいところ本当にありがとうございました。
専門家:  japavet 返答済み 1 年 前.
はい。基本的にはそれほど心配ないとは思いますが、ホルモン検査と嘔吐の対策は立てておいてもらったほうがいいでしょう。お大事にしてください。
japavetをはじめその他名の猫カテゴリの専門家が質問受付中

猫 についての関連する質問