JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
japavetに今すぐ質問する
japavet
japavet, 獣医師
カテゴリ:
満足したユーザー: 6510
経験:  動物病院勤務歴6年
60306695
ここに 猫 に関する質問を入力してください。
japavetがオンラインで質問受付中

高齢の慢性腎不全の猫について。 自宅で皮下輸液を始めて2年ほどたちます。 10年前に交通事故で大きな手術をして以来、動物病院に入ると発狂したようになるので、かかりつけの病院

解決済みの質問:

高齢の慢性腎不全の猫について。
自宅で皮下輸液を始めて2年ほどたちます。
10年前に交通事故で大きな手術をして以来、動物病院に入ると発狂したようになるので、かかりつけの病院では、状況を説明するだけで猫は連れて行きません。注射を打つだけでも発狂したように暴れるので、口頭説明で薬を貰う毎日です。
2月上旬、食事をしなくなりました。2月中旬から強制給餌をしています。
餌は2年前から腎臓療法食です。FKWやフォルツァ10 CATなど。(自分でネットで選びました)
2月下旬に軟便、3月1日に便に血の混じった粘膜液がついていました。病院で説明すると2日分の炎症を止める薬を頂きました。
体重も減少していたので3月4日に動物病院へ相談すると、輸液の中にビタミン、カリウムや利尿剤、抗生剤を入れたと説明を受けた輸液を新しく処方されました。
心臓の薬を毎日1回、エポジンを3日に1回0.5ml。強制給餌の中にはネフガードを混ぜるようにしました。
すると足がふらつくようになり、動けなくなりました。心配で病院にも診せたのですが高齢だから仕方ないと言われました。
3月9日には寝たままで首も起こせない、虫の息になりました。黒目が明るくても小さくならず手足をつっぱったまま横たわり、浅くで早い呼吸をしていました。
19歳だからそう言われるのも解りますが、毎日見ている自分にとっては1週間で激変したのにどうにも納得いかずにネットで調べて、低カリウム血症を疑いました。
もう数時間で死にそうだったので、思い切って楽天でフィトケアを注文し、0.5mlを時間をあけて2回経口投与したところ、1日ほどで1週間前くらいの元気に戻りました。
黒目も多少小さくなります。
現在もらっている輸液では、利尿作用が強すぎるので?はと思いかかりつけの獣医さんに相談して食塩水を処方してもらうように頼んだのですが、フィトケアを飲ませておけば大丈夫、と断られて前と同じいろいろ入った皮下輸液を出されました。
ただフィトケアの投与量のアドバイスは有りませんでしたので、自分で様子をみて投与するしかありません。急激な上昇は危ないとの情報もネットで見ましたので、少な目に投与しています。
今朝、輸液を再開したところ、また酷く震えだし、立ち上がれなくなりました。慌ててフィトケアを0.5ml口に入れました。
利尿作用で体外に排出されるものは、カリウムだけでしょうか?フィトケアさえ必要量、定期的に経口投与すれば、大丈夫なのでしょうか?他にカルシウムなど必要なものが出すぎるなどの不安材料は無いのでしょうか?
4日前から便意でトイレに入るのですが、力んでも出ていません。(まだ少しフラフラしています)
このままの輸液の内容で良いのでしょうか?もっと薄めるなり、シリンジ60mlくらいは食塩水にするなどの方が腎臓にも負担が無いのでは?と思っています。
トイレは死にそうになった時でもおもらしして、尿は出ています。匂いもきつくはないですが出ます。
黒目が大きいような気がするので、高血圧なのでは無いかとも疑っています。その場合は追加で薬を入れた方が良いのではないでしょうか?かかりつけの先生に質問したらむしろ低血圧かもねえ、と言われました。
心配でネットで調べてしまうと、先生には不服らしく、面倒な素人が来たと思われているのだと思います。
もちろん19歳なので、今死んでもおかしくない事は理解しています。今更怖がる手術をさせるつもりはありません。延命が目的では有りません。
眠るように死ぬ事を目標に、生きているうちは苦しくないようなQOLを大事にした処置をしたいと願っています。
今後の皮下輸液や投薬について、アドバイスをお願いいたします。
投稿: 1 年 前.
カテゴリ: 
専門家:  japavet 返答済み 1 年 前.
こんにちわ。ご質問ありがとうございます。 そうですか。正直なところやはり検査などをせずに色々薬を投与するというのは難しいのが実際です。まずカリウムについては経過を考えてもおそらく低カリウム血症だったものと思います。利尿剤を使うと、確かにカリウムは落ちますが、普通慢性腎不全で利尿剤を使うのはあまりありません。尿量が増えても腎臓の数値がさがるわけではなく、むしろ脱水が怖いです。本当に利尿剤でしょうか?
質問者: 返答済み 1 年 前.
先生のおっしゃる通り、話だけを頼りに診察して頂くというのは、怖い事だと認識しております。
ですので低カリウムが起きても仕方ないとは思っていました。
2014年8月にガスで全身麻酔をかけて血液検査した時の数値がBUN37.3 CRE2.1
2013年の1月の時と、あまり数値は変わっていませんでした。
麻酔をかけて血液検査をするかどうか、迷います。動物病院の先生は、間違いなく利尿剤と言いました。 「利尿剤」という言葉は何度も聞いています。
脱水症状は酷く、首をつかむとへにゃっとなったまま、戻らない勢いです。
1週間前から利尿剤の入った輸液になりました(薄いピンク色です)
その前までは食塩水半分、もう少し色の薄い利尿剤などの入った輸液あわせて120mlになるくらいを、3日に1回点滴しておりました。
質問者: 返答済み 1 年 前.
追伸:一緒に説明を聞いた家族によると、利尿剤と言ったかどうかは解らないが、利尿効果があると言ったそうです。
今日の診察で私が聞いたのは、食塩水に変えた方が良いのではないですか?の問いに「そんなにたくさん利尿剤入ってないし、輸液にはカリウムも入ってる。」という返事でした。
質問者: 返答済み 1 年 前.
思い出しました。度々申し訳ありません。
心臓の薬でポンプ機能を高め体の隅々まで血流をまわし、利尿剤で外に出すというようなイメージの説明を貰いました。
専門家:  japavet 返答済み 1 年 前.
返信ありがとうございます。そうですか。まず、先ほども書きましたが、利尿剤は尿量を増やしますが、老廃物を出す量を増やすわけではありません。薄いおしっこを出しますので、水分過剰の場合、それから乏尿性の腎不全(急性腎不全など)やカリウムを下げたい時は使いますが、それ以外ではあまり使いません。ですので、イメージとして尿量が増えるから利尿剤とわかりやすく言ったのか本当に利尿剤なのかわかりませんが、本当の利尿剤(水分を強制的に出すもの)であれば、メリットよりもデメリットのほうが多いのでやめたほうがいいでしょう。心臓のポンプ機能を高めて循環が良くなり、腎血流量が増えてそれにより結果的に尿量が増えるものであれば問題ありませんので継続されたほうがいいでしょう。 それから、カリウムは点滴に混ぜる場合は高容量に要注意ですが、飲ませる場合は、尿がしっかり出ていさえすればよほど大量にならなければ心配ありません。ですので、ある程度量は増やしてもいいでしょう。規定量を飲ませていても低カリウムになるようなら来て医療の2-3倍くらいまでは増やしても大丈夫なことは多いです。ただし、尿量が減ってこないかどうかは要注意です。カリウムは尿に出ますので、尿が減る場合は高カリウムの危険があります。また、あまり多すぎると下痢をすることもあります。本来であればカリウム濃度を血液検査で調べながら適量を見るほうがいいのは間違いありませんが。 それから高血圧に関しては確かにあるかもしれませんが、おっしゃるとおり腎不全の子では脱水しますので、あまり強い欠陥拡張薬などの降圧剤は使えません。ですので、私は検査ができない子への降圧剤は怖くて使えません。低血圧よりは高血圧のほうが心配ですので、それに関しては目を瞑ったほうがいいかもしれません。 それから、腎不全の子に基本的に生理食塩水は使いません。ナトリウムの多い生理食塩水は高血圧を助長しますので、基本的には楽とリンゲルなどのナトリウムが低めのものを選択します。そこにカリウムを混ぜることも多いですが、先ほど書いたとおり点滴へのカリウム添加は定期的なカリウム濃度のモニターができない場合は少し危険ですので、フィトケアの経口投与がいいでしょう。 もし、今の点滴に変えてから脱水がひどくなった感じがあるなら本当に利尿剤が入っている可能性が高いのでやめて他の病院へ相談されることをお勧めします。ピンク色はビタミンだと思いますので色だけでは判断できません。病院によっては、スタッフがうまく持てば暴れる子でも麻酔なしで採血できます。セカンドオピニオンも考えられたほうがいいでしょう。その場合は、まずは電話か飼い主さんだけで病院へ行き相談した上で連れて行くかどうか決めてもらったほうがいいでしょう。1つ言えることは通常の慢性腎不全で利尿剤を使うことは特殊な事情がなければはありません。
質問者: 返答済み 1 年 前.
なるほど、良く解りました。一度セカンドオピニオンをしようと決めました。アドバイス通り電話や、自分だけで行って話を聞いてくれるかどうか様子見ながら決めようと思います。
こちらの動物病院さんになったのは2014年夏からで、それ以前は別の動物病院でした。
最初の病院では、暴れない理由から車内で点滴してくれる、猫想いの先生でしたのでとても良かったのですが。
輸液後に1本、抗生剤?と思われる注射を毎回打たれました。
それについて質問したら、注射の内容は濁されて説明して頂けませんでした。
もちろん腎臓に負担のかかる薬だったら怖いと思って聞いたので、先生の治療には必要だから説明するとうるさいと思われたのかも知れません。
最初の先生は急に入院されて一時閉院し、今の病院を紹介されました。
現在は再開していますが、質問すると嫌がられたり、隠されたりするのではという心配も有ります。
更に別の病院を探した方が良いのか、それとも、素人考えで質問する方が悪いので、今後は控えて前の病院に戻る方がいいのでしょうか?また追加で質問ですが、2月の上旬に餌を食べなくなった時の状況は、食べようとすると口の中が気になるのか首をふり、歯ぎしりのようにギリギリ音をさせ、辞めてしまいます。水を飲むのも口をつけただけで首を振り辞めるような感じでした。
歯の病気かと思い動物病院に相談したところ、歯石がたまっていて歯が腐ったのだろう。病院では全身麻酔が必要だが、家では大人しいならペンチで抜けるのでは無いか?手で触ってグラグラするようなら抜いてみては?と言われて、2月15日に家で2本を2回の計4本取りました。
多少良くなったのではないかと思うのですが、しかし食べようとしても、やはり口をつけようとしただけで辞めてしまいます。
こちらも、腎臓病だから仕方ないと考えて良いでしょうか?
専門家:  japavet 返答済み 1 年 前.
返信ありがとうございます。 まず、最近の人や動物を含めた医療の基本はインフォームドコンセントやであり、飼い主さんの治療への参加も基本です。ですので分からなければ質問をするのは当然ですし、それ自体嫌な顔をするのは間違いです。もちろん喧嘩腰でこられたり、30分以上も永遠にとなると他の方を待たせたりということもあるので、、、とはなりますが普通に10分15分ならしっかり説明するべきだと思います。他に探されるのもいいと思いますよ。注射の内容も説明義務はありますので、濁すのはよくないです。 それから口に関しては腎不全では口内炎が起きやすく、ある程度仕方ないのは仕方ないです。痛み止めに関しては腎臓が悪いと使えないものもありますが、それほど高容量でないステロイドなら副作用もほとんどなく効果は比較的期待できるのでその辺りも相談してみたほうがいいと思います。
japavetをはじめその他名の猫カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 1 年 前.
ありがとうございました!!!
もちろん喧嘩腰など、とんでもありません、愛猫の人生がかかっているし、治療して頂く感謝が大前提でお話させて頂いております。
自分が一番観察しているので、話しが長いかも知れないですが、できるだけ昼間のすいている時間でお邪魔しております。
今必要なのは、自分に合う病院探しが一番大事だと言う事ですね。
先生のアドバイスも印刷させて頂き、口内炎と輸液や心臓の薬の相談が出来る病院を頑張って探してみたいと思います。
アドバイスありがとうございました!

猫 についての関連する質問