JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
japavetに今すぐ質問する
japavet
japavet, 獣医師
カテゴリ:
満足したユーザー: 6510
経験:  動物病院勤務歴6年
60306695
ここに 猫 に関する質問を入力してください。
japavetがオンラインで質問受付中

よろしくお願いします。先週5日金曜の夕方までは元気にしていた(食欲、排便、排尿など健康そのもの)16歳の雌猫です。外

解決済みの質問:

よろしくお願いします。先週5日金曜の夕方までは元気にしていた(食欲、排便、排尿など健康そのもの)16歳の雌猫です。外で生まれた子で、2000年生まれ。生後2年目に口の中にできもの(悪性のものではありません)ができ、病院で切除手術をしてもらったのをきっかけにウチの子にしました。そのあとは健康そのものですが、年相応に体重は減ってきて、3.3kgです。上記の手術の折の血液検査でエイズであることがわかりました。白血病、腹膜炎はありません。状態金曜の夜9時ころから頻繁にトイレに行くようになりました。が、尿は1、2滴しかでません。膀胱を触ってもそれほど大きくなっていません。血尿は出ていませんでしたが膀胱炎を疑い、手持ちのビクタス10mgを1錠与え、翌5日土曜午前に信頼している先生のいる病院へ連れて行きました。
尿検査で血液反応+2、血液結果で白血球数が正常範囲を超えていることから膀胱炎との診断。超音波で心臓、消化器系、泌尿器系全般を見てもらいましたが異物を呑み込んだ痕跡やそのほかの異常は見当たりませんでした。検査結果/処方(初回)抗菌剤はビクタス10mg1日1回を継続することに。
血液検査の結果、ミネラルバランスが多少乱れていることがわかりましたが異常というほどのこともなく、ほかの項目も腎臓、肝臓も含めすべて正常値範囲でした。ただ、金曜夜からまったく食べず、水も飲まずの状態で、土曜朝にかけて液状の下痢便(500円玉2個程度の少量)をしたあとに、水様透明な少量の胃液を吐く(20〜30ccくらい)というパターンを約5時間おきに2回繰り返していたことを報告。「消化管運動改善薬 2回/1日」が出ました。経過その日から日曜昼すぎまで様子を見ました。トイレに頻繁に行く状態は、病院から帰って来てからはなくなり、その夜10時ころには少しですが普通におしっこでき、トイレについてはその後も普通の状態に戻り、ひと安心しました。しかし、少量の下痢便(色は黒に近い)をしたあとに少量の水様の胃液を吐く、というパターンは、土曜昼過ぎに病院から戻ったあともおさまらず、土曜午後から夜にかけて1回、土曜夜から日曜朝にかけて1回あり、病院から帰ったあとも好きなドライフーズ、缶詰を一切食べず、水もなめる程度でほとんど飲まない状態が、6日、日曜の午後まで続きました。そこで日曜の夕方まで様子を見て改善しないので、経緯を病院の先生に報告し、対処をお願いしました。新たな薬のセットを出していただくことになり、すぐにいただいてきて、その夜7時から新たな薬による治療を始めました。処方は以下のとおりです。1) 制吐剤+消化管運動改善薬(初日に出してもらったものを継続)
夜7:00 朝8:00
----------------------------------------
30分くらい置いてから給餌(口からいつも食べているドライフードを少量=10粒ほど、入れてあげます。嫌がらず呑み込んでくれます)
--------------------------------
2)胃酸分泌抑制剤(1回/1日)
夜7:00
--------------------------------
3)消化器系に効果の高い抗菌剤(ビクタスから切り替えました)
夜9:30 朝10:00
--------------------------------
4)下痢止め(2回/1日)
夜10:30 朝11:00この投薬+少量の給餌の流れで本日8日火曜の02時まで看護してきました。心配/悩み水だけは自分で飲んでくれるのですが(量はふだんの半分にもいきませんので、少し脱水気味になってきています)、好きなドライ、大好物の缶詰ともに自らは食べず、液状の少量の下痢便をしたあとに、口から入れてあげたドライフーズももどしてしまう(胃液でふやけたつぶつぶ棒状になって出てくる状態)、というパターンが続いています(24時間に3、4回)。つまり、金曜夜10時から今に至るまで固形物はまったく消化されず摂れていない状態です。水を飲む量もふだんより少なく、少量ですが嘔吐も続いているので、足りていません。以上のような状態なのですが、少量の下痢と嘔吐を繰り返す現状、明解な理由がわからず、高齢であること、エイズもあること、脱水のこと、などを考えると不安と心配が高まります。レントゲンをまだ撮っていません。CTスキャンもしなければいけない状況かもしれません… 見落としている何かがありそうな不安が高まってきてご相談をさしあげました。このような症状の子に有効な処方、あるいは考えられる原因、これからやってみるべきことなど、アドバイスをよろしくお願いします。
投稿: 1 年 前.
カテゴリ: 
質問者: 返答済み 1 年 前.
追伸間違いがありましたので訂正いたします。すみません;;2)胃酸分泌抑制剤(1回/1日)は、ゴハンのあとに飲ませますので、
夜7:00 は間違いで → 正しくは、夜7:30 でした。下痢便について、補足です。
日曜夕方に新しい薬セットをいただきに病院に行った折、便を持参し、検査してもらいました。
結果は、「直接検査:異常なし/長桿菌が多数認められます」「浮遊検査:異常なし」「コメント:特に異常所見は認められません」とのことでした。
ただこのとき検査してもらった便の色は「濃い茶色」でしたが、日曜夜から月曜朝にかけて出た下痢便の色はほとんど黒に近く、そのあとも黒です。
専門家:  japavet 返答済み 1 年 前.
おはようございます。ご質問ありがとうございます。 それは心配ですね。高齢の子ですので、いろいろ考えらえますが、私が一番気になるのは、お薬を与え始めてから嘔吐や下痢、食欲不振のお症状が出てきている事です。 そうなるとお薬(ビクタス)により、胃腸を荒らしていたり、菌交代症(抗生剤のせいで腸内細菌層が変化してしまう状態)になっている可能性が高いのではないかと思います。ですので、まずは抗生剤をやめて整腸剤(ビオフェルミンなどのサプリメント)を与えてみるのが一番かと思います。 レントゲンなどもとっておいたほうがいいですが、レントゲンで異常が出てくる可能性は低いです。 他には膵炎なども怖いです。この膵炎はさまざまな薬で引き起こされることもあるので、fPLIという膵炎の血液検査をしてもらう事もいいと思います。 便が黒いのは胃や十二指腸からの出血ですが、それが薬による伊のあれからきているのか、膵炎からきているのか、その他腫瘍などがあるのかは定かではなく、本来は内視鏡をするのが一番よくわかりますが。内視鏡検査は全身麻酔が必要ですので、リスクも負担もあり、まずは私は抗生剤をやめることと、膵炎の検査をする事が一番かと思います。また、脱水なども心配ですので、再度血液検査で腎臓肝臓の数値と、前回おかしかった電解質のバランスは見ておいて貰ったほうがいいと思います。
質問者: 返答済み 1 年 前.
ご診察ありがとうございます。
本日火曜は病院の休診日で、お知らせいただいた可能性について先生に問い合わせ、今後の方針を検討することができません。fPLIという膵炎の血液検査については、相談します。貴重なご指摘ありがとうございます。抗菌剤を止める、ということについて少々補足的にうかがいたいことがあります。よろしくお願いします。膀胱炎の治療で用いたビクタスは頻繁にトイレに行くようになった金曜の夜10時と、翌土曜の診察で膀胱炎と診断が出たあとの夜10時の2回で止めています。この投与で腸壁が荒れたという可能性は、一般的にかなり高いのでしょうか?また、日曜の夜からは下痢症状に効果のある別の抗菌剤に切り替えましたが、この経緯については、概ね以下のように理解しています。土曜の夜になって頻繁にトイレに行くことがなくなり、ふつうに尿も出るようになったので尿路系に効果の高いビクタスの役割は完了と判断。その上で、頻度は低いものの食中毒症状の下痢と嘔吐がおさまらないのは、腸内細菌環境が原因と診て腸内細菌環境の改善に効果の見込める抗菌剤に切り替えると同時に、経口給餌した食べたものをできるだけもどさないように、吐き気止め、胃酸抑制剤を処方。また、仮に胃が正常でも、猫の場合、便秘のときと同じように、下痢による排便感でもトイレのときにりきんでしまうことがあり(下痢になったときには、もう出ないか、とりきむことは自分でもよくあります)、これが食べたものを吐きもどす誘因になるので、下痢止めも与えて様子を診てみる。だいたい上記のように考えていました。ビクタスや切り替えた下痢対処用の抗生剤で胃や腸が荒れてしまうということは、まったく予想しませんでした。繰り返しになりますが、日曜の夜からは下痢を止める効果(腸内細菌環境を改善する効果)が期待できる抗菌剤に切り替えていますので、この抗菌剤で腸が荒れて下痢が止まらなくなっている、という方向にはまったく頭がいきませんでした。そういう可能性は、かなり高いのでしょうか?「抗菌剤で腸が荒れて下痢が止まらなくなっている」と判断すべきひとつの材料として考えたことですが、この抗菌剤は、6日(日)夜9:30、7日(月)朝10:00、夜9:30、本日8日(火)朝10:00 と、4回与えています。しかし、今日の早朝2時すぎにも少量の下痢便が出ています。つまり、4回投与しましたが下痢が止まる気配がありません。このことから、下痢の原因は腸内菌ではなく、抗菌剤による腸内粘膜の荒れである、と考えたのですが、この推測の妥当性はどれくらいでしょうか?あるいは、下痢止め用の抗菌剤は、2日、4回の投与ではまだ効果がないとは言いきれず、あと数日は投与し経過を観るべき、と考えるべき状況なのでしょうか?なお、この子はふだんはよく食べ、よく水も飲むので、消化不良なのか、軟便(形はあるのですが、スコップですくうときにこするとトイレのメッシュにべっとりついてしまうような軟便度)っぽくなることが月に1回か2回はあり、そのときにはビオフェルミンを飲ましています。今も病院の処方薬の合間にビオフェルミン(1錠/1日1回)を与えています。
専門家:  japavet 返答済み 1 年 前.
返信ありがとうございます。まず、ビクタス及び腸内細菌を整えるような構成剤により胃腸が荒れたという可能性はかなり高いという事はありませんが、可能性は十分あります。特に経過を考えた場合には、原因として十分考えられるものです。下痢に対していいといわれている抗生剤も結局は腸内細菌も一緒に殺してしまうので、悪玉菌だけを叩いていたつもりが、その子にとっては善玉菌も叩いてしまっているということになる事もあります。そのあたりの評価というのは、事前にするのは困難であり、実際には使いながら見ていくことになります。4回目の投与という事はまだ少し少なく効果が出てきていないだけという可能性もありますが、私は嘔吐や食欲廃絶が続く場合は抗生剤は切る事が多いです。もし、嘔吐が止まっているのであればあと2,3日続けて効果を見るのも一つです。下痢に対する抗生剤の投与は判断基準があるわけでなく、おそらくそれぞれの獣医師で使い方は変わってきますが、効果がある時も逆効果になる時もあり、その場その場で臨機応変に変えていく事が多いです。
japavetをはじめその他名の猫カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 1 年 前.
迅速かつい丁寧なご回答を頂戴し、ありがとうございました。
仰せの内容、まったくそのとおりだと思いました。今朝2時過ぎから2時半までの間に確認した下痢の際には嘔吐跡はみつかりませんでしたので、本日いっぱい、明日の朝まで処方を続け、9時になりましたら、さまざま頂戴したご診断を頭に、病院の先生に経緯を報告、膵炎の血液検査も含め、今後の対応について再度検討していただくようお願いすることにします。
大変有効なご指摘、アドバイスに心より感謝申し上げます。
専門家:  japavet 返答済み 1 年 前.
そうですか。改善がありそうならもう少し続けてみてもいいと思います。そのままよくなってくれるといいですね!お大事にどうぞ。また何かあればご質問くださいね。

猫 についての関連する質問