JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
atlus302に今すぐ質問する
atlus302
atlus302, 獣医師
カテゴリ:
満足したユーザー: 1340
経験:  臨床家
84238367
ここに 猫 に関する質問を入力してください。
atlus302がオンラインで質問受付中

飼い猫、7才雌避妊済、5才までは家と外を行き来していましたが、その後は完全室内飼いです。 下唇というか毛の生えていない部

解決済みの質問:

飼い猫、7才雌避妊済、5才までは家と外を行き来していましたが、その後は完全室内飼いです。
下唇というか毛の生えていない部分が、上顎の牙と触れる辺りで、時々剥離しています。
牙は部分的に茶色く変色しています。
時々クチャクチャと牙を動かすので、違和感があるようにもみえます。
食事も噛んでいないようにも思うので痛いのかもしれません。
剥離と牙の様子について教えて下さい。
投稿: 1 年 前.
カテゴリ: 
専門家:  atlus302 返答済み 1 年 前.
ご質問ありがとうございます。 口や歯の件で動物病院は受診されましたか?
質問者: 返答済み 1 年 前.
暴れて受診できないので、獣医師には見せることができません。
以前カリシウイルスで受診しましたが、問診のみ診察はできませんでした。
専門家:  atlus302 返答済み 1 年 前.
大まかな体重がわかれば、口内炎や歯周病に対して、抗生剤や痛み止めの処方をされることが多く、その多くは一時的ではありますがかなりの改善の可能性があります。 一度猫さんを連れて行かずに、口の症状や食事が食べにくそうである症状をご説明していただいて、内服の処方をしていただいてはいかがでしょう? 多くの病院さんは、なかなか受診するのが難しい猫の事をわかっていますので、臨機応変に対応してくれることと思います。
質問者: 返答済み 1 年 前.
病院に行く前にある程度の知識や対処法をと思い質問を投稿しました。
この症状について可能性としては、口内炎、歯周病ということですか?
唇が剥離するのは、摩擦でしょうが、よくあることなのですか?
歯が不自由なので噛みにくく、唇を噛んでしまうということでしょうか?
また長期の対策も教えていただければありがたいです。
専門家:  atlus302 返答済み 1 年 前.
最も多い可能性としては、口内炎、歯周病でその他としては可能性はやや低くなりますが腎臓機能が低下している可能性などもあります。 唇が剥離する理由としては、恐らくですが、歯のグラつきから本来とは異なる角度に歯がずれてしまっていることで、唇へ当たってしまっていることが問題ではないかと考えられます。このような例は非常に多いですし、牙は部分的に茶色く変色しているとのことより、重度の歯周病の可能性が高いです。 長期の対策としては、最も根本的な対策としては洗濯ネットなどで捕まえて動物病院で麻酔をかけて問題がある部分の歯を抜歯してしまうというのが最も改善の可能性が高いです。それが難しい場合には、症状が強く出ているときは抗生剤や痛み止めの薬を用いて、できるだけ飲む頻度を下げれるように長期的に内科治療を行っていき、自然に歯が抜けてくれるのを待つという方法もあります。
質問者: 返答済み 1 年 前.
抗生剤、痛み止めを飲む頻度を下げるための内科治療とはどういうものですか?
専門家:  atlus302 返答済み 1 年 前.
段々と毎日の投薬から2日に1回、3日に1回と頻度を下げて投薬を行っていくという意味です。 内科治療の投薬内容としては、抗生剤や痛み止めの薬で、痛み止めの薬に関しては、症状が強く出ているときはステロイド系の比較的効果の強いものが使用されることが多いですし、比較的落ち着いてくれた場合には非ステロイド性の抗炎症剤などへと移行していく事もあります。
質問者: 返答済み 1 年 前.
わかりました。
いずれ牙はなくならざるを得ないようですが、7才での抜歯は一般より早い方でしょうか?
専門家:  atlus302 返答済み 1 年 前.
特別に早い訳ではないです。 早い子の場合には、5歳前や3歳程度でも口内炎などが重症であるため、抜歯を行うケースはあります。
質問者: 返答済み 1 年 前.
わかりました。
ありがとうございました。
専門家:  atlus302 返答済み 1 年 前.
一度直接通院される前に、動物病院で内科での処方をご相談されてみてください。 質問を終了される場合は、お手数ですが必ず下記の注意事項を守っていただくようお願いします。
atlus302をはじめその他名の猫カテゴリの専門家が質問受付中

猫 についての関連する質問