JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
japavetに今すぐ質問する
japavet
japavet, 獣医師
カテゴリ:
満足したユーザー: 6510
経験:  動物病院勤務歴6年
60306695
ここに 猫 に関する質問を入力してください。
japavetがオンラインで質問受付中

すみませんもう一つ聞いておきたいことが・・・ もしHCTが20を切った場合、プレドニゾロン5mgを朝晩1錠ずつあげるより

解決済みの質問:

すみませんもう一つ聞いておきたいことが・・・
もしHCTが20を切った場合、プレドニゾロン5mgを朝晩1錠ずつあげるより、1日1回2錠同時に投与した方が効果があるのでしょうか?ステロイドも濃度依存性の薬ですか?
このまま減量したままでうまくいってくれると良いのですが、何となく食欲も減って口腔内がもっと白くなっているような気がしてます。もしかすると1週間待たずに病院に連れて行かなければならないかもしれません。それでもバイトリルだけ(ドキシサイクリンは中止して)はもう少し続けた方がいいのでしょうか(トータル30日ぐらいまで?)
投稿: 1 年 前.
カテゴリ: 
専門家:  japavet 返答済み 1 年 前.
ステロイドに関しては今の所、どちらがいいというのははっきりしていません。特に1日2回と一回で差があるかどうかはわかりません。ただし、長期的に副作用に関しては一回量を増やして回数を減らすほうがいいとは言われています。(毎日5mgよりも2日に一回10mgのほうが長期的な副作用は少ないと言われています。) 調子が良くなれば減量する際に2日に一回に減らすほうがいいですが、今の状態で状態が悪くなった時に1日二回か一回かははっきりどちらがいいとはわかりません。 それからやはり調子が落ちてそうであれば早めに病院で検査してもらったほうがいいでしょう。それで下がってくるなら、ステロイドの再増量や他の免疫抑制剤の併用、麻酔をかけての骨髄生検などもかんがえないといけないかもしれません。
質問者: 返答済み 1 年 前.
そうですか。では、今の投薬量も2.5mgを毎日より、5mgを一日おきの方が長期的な副作用を考えれば微妙によいかもしれないのでしょうか?それとも、それが当てはまるのは高容量の場合だけですか(10mg/日)?
もし調子が落ちてくるようなら、マイコプラズマによる影響はあまりなかったと考えて、投薬3週間後に抗生剤は両方とも止めてしまって構わないでしょうか?(そうならないことを願ってはおりますが)それとも念のためステロイド・免疫抑制剤に併せてどちらも30日まで続けた方がいいでしょうか?
いまのところ、確定診断ができても治療法がないのであれば骨髄の検査はしない方が負担がなくていいのかなと思っております・・・
専門家:  japavet 返答済み 1 年 前.
いえ、ある程度の低容量でも隔日投与の方が副作用は少ないです。ただし、効果は不安定になることもあるので、調子が落ち着いていて減量する際に隔日投与にしていくというのが基本です。 それから調子が落ちてきてしまう時はそうですね、やはりマイコプラズマよりも免疫介在性のほうが強いです。ただし、ステロイドの長期投与をする時は感染症の悪化のリスクを減らすために抗生剤を1剤くらい使うことが多いですね。 骨髄生検にかんしては確かにそうですね。やってもあまり良い治療方法が見つからないことが多いかもしれません。
japavetをはじめその他名の猫カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 1 年 前.
了解しました。度々どうもありがとうございました。

猫 についての関連する質問