JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
wantaroに今すぐ質問する
wantaro
wantaro, 獣医師
カテゴリ:
満足したユーザー: 5375
経験:  小動物臨床10年
61996574
ここに 猫 に関する質問を入力してください。
wantaroがオンラインで質問受付中

急性腎不全の雑種猫(避妊雌8歳齢)、体重2.8kg、推定脱水率8%、尿量不明 生化学検査BUN122mg/dL、Cre6

解決済みの質問:

急性腎不全の雑種猫(避妊雌8歳齢)、体重2.8kg、推定脱水率8%、尿量不明 生化学検査BUN122mg/dL、Cre6.6mg、Na155mEq/L、K5.8mEq/L 血液pH7.2、HCO310.2mmol/L
 に対して輸液療法を行う場合、初期投与すべき輸液量(6時間かけてと投与)および使用すべき輸液剤
輸液量:0.208kg
・脱水量=体重×脱水率=2.8kg×0.08=0.208kg
アシドーシスの改善を行うため「等張電解質輸液剤」、重炭酸ナトリウムとグルコース
又は重炭酸リンゲル液、又は乳酸リンゲル液
でよいでしょうか?
投稿: 1 年 前.
カテゴリ: 
専門家:  wantaro 返答済み 1 年 前.
カリウムが高めであること、脱水があることからまずは生理食塩水が良いでしょうリンゲルなどにはカリウムがふくまれているので、初期は生理食塩水での静脈点滴をお勧めします。6時間で脱水の半分くらいを程度の改善をさせたいので120mlを6時間で入る速度で良いでしょう。重炭酸イオンなどはよほどのことがなければ、入れなくても大丈夫です。
質問者: 返答済み 1 年 前.
丁寧なお返事ありがとうございます
よほどの時に重炭酸イオンを使うというのは具体的に何故でしょうか?
専門家:  wantaro 返答済み 1 年 前.
イオンバランスが血液ガスで崩れているので、補正するために使います。それで体が不調をきたしているなら、脱水が改善された時点で補充が必要になりますが実際にはそれほど使用することはありません。
専門家:  wantaro 返答済み 1 年 前.
頭でっかちに考えずに、まずは脱水の補正、尿が産生されている、猫チャンの体温や体重、脈拍、体の状態をモニターしての治療が必要です。
専門家:  wantaro 返答済み 1 年 前.
他に質問はありますか?
質問者: 返答済み 1 年 前.
勉強不足ですみません、輸液中に乏無尿になったら、体液過剰を防ぐためにインアウト法にきりかえる、という時
もありますか?
専門家:  wantaro 返答済み 1 年 前.
他に質問はありますか?
質問者: 返答済み 1 年 前.
獣医大学の生徒です
専門家:  wantaro 返答済み 1 年 前.
急性腎不全でこの程度で、無尿になるということは可能性は0.0000何%だと思います。またエコー検査で腎臓の血流や膀胱チェックして尿が産生されているか、確認すれば大丈夫です。
専門家:  wantaro 返答済み 1 年 前.
腹膜透析をあとはするかですね
専門家:  wantaro 返答済み 1 年 前.
前病歴がなくて、普通のボディコンディションスコア、腎臓によほど障害が無いなら普通は問題が起きるとは思えませんが
専門家:  wantaro 返答済み 1 年 前.
急性腎不全でこの程度で、無尿になるということは可能性は0.0000何%だと思います。またエコー検査で腎臓の血流や膀胱チェックして尿が産生されているか、確認すれば大丈夫です。
専門家:  wantaro 返答済み 1 年 前.
急性腎不全の原因に関して、鑑別リストを出すことクロールの測定、カルシウム、リンの測定腹部超音波検査、点滴前に膀胱穿刺身体検査でTPRや脱水をみることです
質問者: 返答済み 1 年 前.
非経口栄養剤は脱水・アシドーシス・イオンバランスが回復したあとに使うのでしょうか?これも病態が軽い猫には使わなくてよいのでしょうか?
専門家:  wantaro 返答済み 1 年 前.
猫はそういったものを与えるとよく嘔吐したりしますし、イオンバランスは大抵は点滴で調節できます。また猫は食餌を食べないと、肝臓障害が出ますから普通は使いません。
wantaroをはじめその他名の猫カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 1 年 前.
よくわかりました。ありがとうございました。