JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
wantaroに今すぐ質問する
wantaro
wantaro, 獣医師
カテゴリ:
満足したユーザー: 5268
経験:  小動物臨床10年
61996574
ここに 猫 に関する質問を入力してください。
wantaroがオンラインで質問受付中

エコーの撮り方の違いにつきましてお願い致します。かかりつけ医が撮ったエコー画像では、腎臓が若干歪んでいました。(写真

解決済みの質問:

エコーの撮り方の違いにつきましてお願い致します。かかりつけ医が撮ったエコー画像では、腎臓が若干歪んでいました。(写真を添付致しました)しかしセカンドオピニオンで撮ったエコー画像には歪みは見受けられません。レントゲンも撮ったのですが、表面に凹凸はありませんでした。
セカンドオピニオンの先生は、エコーの撮り方の問題ではないかと仰っています。かかりつけ医は猫の腹部を剃毛し、仰向けにして撮りました。セカンドオピニオンの先生は脇腹の毛をかきわけて撮ります。このとき猫は立つか伏せの姿勢です。セカンドオピニオンの先生が使っていらっしゃる機器では、超音波が直線的に走るそうです。深部まで届かないのが欠点だと仰っていました。かかりつけ医の使う超音波検査機器はわかりません。総合すると脇腹から撮った方が正確を期するような気がするのですが、実際、どちらのエコー検査を信じれば良いかわかりません。先生はどう思われますでしょうか?
投稿: 1 年 前.
カテゴリ: 
質問者: 返答済み 1 年 前.
申し訳ありません。先ほどの写真はこちらです。
専門家:  wantaro 返答済み 1 年 前.
かかりつけの先生の撮影方法が一般的な方法です。セカンドオピニオンの先生の方法では正確な超音波診断は難しいでしょう。
質問者: 返答済み 1 年 前.
ありがとうございました。
専門家:  wantaro 返答済み 1 年 前.
お大事にどうぞ
質問者: 返答済み 1 年 前.
はい
専門家:  wantaro 返答済み 1 年 前.
参考になりましたか?
wantaroをはじめその他名の猫カテゴリの専門家が質問受付中

猫 についての関連する質問