JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
japavetに今すぐ質問する
japavet
japavet, 獣医師
カテゴリ:
満足したユーザー: 6510
経験:  動物病院勤務歴6年
60306695
ここに 猫 に関する質問を入力してください。
japavetがオンラインで質問受付中

昨日他の先生にアドバイスいただいたのですが、違う先生のご意見、又、猫の行動学など伺いたいのですが・・・ 昨日、ブラッシング中にコロコロの粘着テープがしっぽについてひどくパニックに

解決済みの質問:

昨日他の先生にアドバイスいただいたのですが、違う先生のご意見、又、猫の行動学など伺いたいのですが・・・
昨日、ブラッシング中にコロコロの粘着テープがしっぽについてひどくパニックになりました。
いつもはそれが取れれば落ち着くのですが、昨日はひどく興奮し聞いたことのないような低いうなり声で腕や太腿をかなり強く噛まれました。
投稿: 1 年 前.
カテゴリ: 
専門家:  japavet 返答済み 1 年 前.
おはようございます。
ご質問ありがとうございます。
もし今おびえているだけで怒っていないようであれば、できるだけおびえないようにゆっくり高めの声をかけながら頭の方から触ってあげるといいでしょう。
おそらく昨日のトラウマが残っているようですが、とにかく大丈夫だよということをわかってもらうために、少しずつ触ってあげてください。
ただし、尻尾やお尻の部分を触ったりするのはしばらくはやめておくこと、それから昨日の状況を思い出させるようなコロコロの感覚に近いものを使ったりするのもやめておいた方がいいでしょう。
猫ちゃんは急な動きや低い声があまり好きではないので、手の匂いを嗅がせながら高い声でゆっくり声をかけて少しずつ頭の方から触ってあげてください。
抱っこなどは自分で膝に入ってきたりしなければしない方がいいですし、入ってきても尻尾やお尻は数日は触らないようにしてあげてください。
もちろん好きな餌などを与えるのもいいですし、無理のないコミュニケーションから始めてあげてください。
質問者: 返答済み 1 年 前.
今は自分のベッドに入って横になっています。トイレのの掃除をするのも躊躇してしまうのですが、掃除中に飛んできてガブ!ってことはないでしょうか?あまりにひどかったので私自身がトラウマになっています。
専門家:  japavet 返答済み 1 年 前.
可能性はゼロではないですが、刺激をできるだけしないようにしてもらえれば大丈夫だと思います。
ご飯などで気をそらしておいてやってもらってもいいと思います。
とにかく先ほど書いたような注意事項は守ってください。
質問者: 返答済み 1 年 前.
わかりました。ありがとうございます。
去勢済みなのですが、発情もある可能性はありますか?今鳴きながら近寄ってきたのですが、鳴き声が普段より低く力強い感じなのですが・・・
(普段ほぼ鳴かず、ごはんの時だけ高い声で鳴きます)
専門家:  japavet 返答済み 1 年 前.
多少はあるかもしれません。
去勢していればホルモンは出ませんが、本能的な部分で野良猫ちゃんなどに刺激されて発情に近い状態になることはあります。
japavetをはじめその他名の猫カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 1 年 前.
わかりました まだ触ってはいませんが今のところ落ち着ているようなので、引き続き注意してみます。
ありがとうございました。
質問者: 返答済み 1 年 前.
心配した友人が様子を見に来たんですが、友人には驚くほど普段通りで喜んで寄って行きました。撫でてもらいながら横でのびのびとしていてびっくりしたのですが、友人に大丈夫だよと言われても触ることができずすっかり自信をなくしております。私=怖い思いをさせる人という図式で攻撃性がでるのでしょうか・・・無視しすぎるのも逆効果でしょうか
専門家:  japavet 返答済み 1 年 前.
おそらく飼い主様の恐怖心が猫ちゃんに伝わることも多いですのでそういった可能性が高いです。
難しいですができる限り平常心で少しずつでいいので触ってください。
いきなりがっつり触ると猫ちゃんも怖がるかもしれませんので、最初に述べた通り少しずつでお願いします。
質問者: 返答済み 1 年 前.
そのとおりだと思います。きっと知らず知らずのうちに伝わってしまうものだと実感しております。
さっき近寄ってきたのでおやつを手からあげて撫でることができました。先生のおっしゃるとおり少しずつですね。
少し気持ちも晴れました。度々すみませんありがとうございました。
専門家:  japavet 返答済み 1 年 前.
はい、ゆっくりまた慣れさせてあげてください。
また何かあればご質問くださいね。
質問者: 返答済み 1 年 前.
ごめんなさいもう一つお聞かせ下さい。
今後、噛みつくという行為に対してどのように接していけばよいのでしょうか。
今までは、遊びの延長でじゃれたつもりが強く噛んだ・・・という場合は遊び方に気をつけて随分と軽減されてきていました。
叱った時に飛んできた場合はできるかぎり圧縮スプレーを使用し、わりと効果もありました(うちの臆病なのには不向きだったんでしょうか・・・)
あとはできるかぎり叱らないような形で生活しています。(幸いカーテンに上ったり、ごみをあさったり、あちこちで爪を研いだりはしない猫なので助かっていますし、電気コードや口に入ってしまう小さい物を置かないとか、テーブルなど高い所には万が一落ちても差し支えのないものしか置かないなどの努力はしているつもりです)
問題は今回のように、突発的に起こったことに対しての恐怖心からくるものはどうすればよいのでしょうか?
ネットでベテラン飼い主さんなどは、完全防備して取っ組み合いをして怖い存在だと認識させるとありますが、獣医師さんのお話しではどなたもそれをよしとしていないように見受けられます。
私は、特にうちのは小心者なので、もしそれで噛まなくなったとしても恐怖を植え付けることはかえって逆効果ではないかと思うので、今のようにそっと静観しつつあらたに信頼関係を築いていくしかないと思うのですが・・・
今日来た友人は前者を支持しており、一度力ずくでわからせないとずっと事あるごとに噛まれてケガをするぞと言います。
男性だからだろうと思うのですが、今日の友人の堂々とした接し方をみると一理あるのかとも思わされます。(もっとも彼はうちの猫に噛まれたこともひっかかれたこともなく、自身が飼った事のあるのは温和な性格の雌猫です)
甘やかしすぎてなめられてる・・・と言われましたが・・・
猫は犬のような主従関係で生活しているわけではないと思うのですが・・・今まで雄猫で厄介だったのを飼ったことがないので困っています。
専門家:  japavet 返答済み 1 年 前.
犬と猫は違います。
猫は怒っても恐怖心もしくは敵対心が生まれるだけで怒られたから悪いことをしたと反省することはまずありません。
私は恐怖心を与えることは絶対にお勧めしません。
質問者: 返答済み 1 年 前.
長々とすみませんでした。
良かったありがとうございます。根気よく接して行きたいと思います。

猫 についての関連する質問